映画「風と樹と空と」

「風と樹と空と」
風と樹と空と風と樹と空と
吉永小百合、浜田光夫                                             川地民夫

今回は松尾昭典監督1964年製作「風と樹と空と」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を吉永小百合さんと浜田光夫さんのゴールデン・コンビが演ずる青春映画であるが、特に小百合さんが最もキュートに捉えられている作品である。多喜子(吉永小百合)の様な前向きなキャラクターは、石坂文学のヒロインの特徴であり、小百合さんの当時の看板メージでもある。セックスという問題もさりげなくインサートされ、小百合さんの「おちんちん」という台詞に少し興奮する。劇中インサートされる絵は、当時「週刊新潮」の表紙を手掛けていた童画家の谷内六郎氏。その牧歌的な画調は、登場人物たちのローカリズムと屈折を際立たせ効果的であった。

風と樹と空と風と樹と空と
十朱幸代                        加藤治子

【ストリー】
沢田多喜子(吉永小百合)は集団就職の一員として、級友新二郎(浜田光夫)、武雄(和田浩治)、吉夫()、信子(平山こはる)、かね子(大楠道代)らと上京し、安川家のお手伝いさんとなった。その夜、多喜子を迎えた安川家の晩餐は、多喜子の無邪気な明るさで、これまでになく和気あいあいたるものになった。主人儀一郎(永井智雄)、妻弓子(加藤治子)、長男三郎(川地民夫)、長女澄子(槙杏子)、それにばあや(高橋とよ)といった安川家の人々は、この多喜子の明るさを心から喜んだ。そんなある日、一緒に上京した喜子の仲間たちは日比谷公園に集り、各々の仕事や私生活の話に花をさかせた。その日多喜子は吉夫が借りて来た車でドライヴを楽しんだが、途中、信子と武雄が将来を誓い合った仲だったことを知って驚いた。多喜子は武雄に密かな好意をよせていたのであった。一方安川家では長年働いていたばあやがやめて、多喜子は益々忙しくなったがそんな中にも多喜子は、三郎や、澄子の相談相手となって、いっしょに悩み悲しんだ。が、そんな時、多喜子のもとに、武雄と信子の結婚通知が届いた。披露宴は武雄のアパートで、仲間と共に賑やかに行われた。そんな賑いを見ている内、多喜子は、自分が一人ぼっちであることに気ずき、涙をこぼすのだった。そして同じ想いの級友新二郎との心のふれ合いを感じ、感傷にふける多喜子だった。数日後多喜子は新二郎が、帰郷するという手紙を受け、急いで上野駅にかけつけたが汽車は一足違いで出た後だった。多喜子は悲しみに沈んだ。が、翌日、町内大会の野球試合に元気に出場し、バットを振る多喜子の姿があった。晴れた空も、そよぐ風も樹も、そんな多喜子の姿を祝福するかのようにざわめいていた。

風と樹と空と風と樹と空と
和田浩治、吉永小百合、浜田光夫           荒木一郎(デビュー作)

題名:風と樹と空と
監督:松尾昭典
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:三木克巳
撮影:萩原泉
照明:大西美津男
録音:片桐登司美
美術:千葉和彦
挿入絵:谷内六郎
音楽:池田正義 主題歌:吉永小百合「風と樹と空と」
記録:津田ノリ子
編集:井上親弥
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正利
監督助手:千野皓司
色彩計測:内田周作
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、川地民夫、田代みどり、十朱幸代、山本陽子、和田浩治、大楠道代、加藤治子、高橋とよ、菅井きん、荒木一郎、槙杏子、中村是好、野呂圭介、河上信夫
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム

風と樹と空と風と樹と空と
吉永小百合、中村是好、菅井きん           吉永小百合、浜田光夫

映画「非行少女」

非行少女非行少女
和泉雅子                        浜田光夫

今回は浦山桐郎監督1963年製作「非行少女」をピックアップする。
本作は、森山啓氏の原作を映画化しヒットした作品だが、主演の和泉雅子さんが、監督のシゴキ演出に耐え切れず、「ウラ公(浦山監督)を殺して、オレも死ぬ」と、思いつめた伝説の作品でもあり和泉雅子さんが輝いている作品である。内容は石川県の内灘を舞台に、母の死と父の姦通など、絶望的な環境の中で、身も心も荒みきった15歳の少女の非行と立ち直りを描いている。ロケは石川県金沢市、加賀平野、河北潟などで行われたそうだ。

非行少女非行少女
和泉雅子、浜村純                高原駿雄、沢村貞子、和泉雅子

【ストリー】
15歳の若枝(和泉雅子)はうす汚ないバーで酔客と酒を飲み、ヤケクソのように女給のハイヒールをかっぱらってとび出した。東京で仕事に失敗して帰って来た21歳の三郎(浜田光夫)は、職安通いの空虚な毎日を送っていた。暗く陰うつな北陸の空、金沢の映画館の前で幼ななじみの二人は再会した。三郎はうらぶれた彼女に、なけなしの金からスカートを買ってやった。喜んだ若枝は、のんだくれの父親長吉(浜村純)と、いやな継母のいる家をとび出したわけを話した。若枝をこれ以上堕落させまいと決心した三郎は、翌日から少しずつおくれた勉強を教えてやった。若枝の心にやすらぎがよみがえり、三郎はうれし泣きする彼女の涙をそっとすすってやるのだった…。

非行少女非行少女
今井和子、高原駿雄                    小沢昭一

題名:非行少女
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:森山啓 「三郎と若枝」
脚本:石堂淑朗、浦山桐郎
撮影:高村倉太郎
照明:熊谷秀夫
美術:中村公彦
録音:神保小四郎
擬斗:三杉健
記録:中川初子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
方言指導:佐々木守(脚本家)
スチール:式田高一
出演:和泉雅子、浜田光夫、香月美奈子、杉山俊夫、高原駿雄、浜村純、小池朝雄、加原武門、河上信夫、高田敏江、佐々木すみ江、佐藤オリエ、小林昭二、野呂圭介、藤岡重慶、鈴木瑞穂、北林谷栄、小林トシ子、沢村貞子、小夜福子、小沢昭一
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ114分35mmフィルム

非行少女非行少女
和泉雅子、浜田光夫

映画「肉体の門」


宍戸錠                         野川由美子

今回は鈴木清順監督1964年製作「肉体の門」をピックアップする。
本作は5度も映画化された田村泰次郎氏の同名原作を、鈴木清順監督が映画化したものだ。
以前、五社英雄監督1988年東映制作「肉体の門」を紹介したが、本作は、調布の日活撮影所内の煙突を臨む焼跡のオープンセットを始めとする木村威夫氏の美術が秀悦であり、清順ワールドで構築された「肉体の門」になった優れた作品である。

【肉体の門】
1948年 監督:マキノ正博、出演:轟夕起子、制作:太泉スタジオ(後の東映)
1964年 監督:豊田四郎、出演:団令子、制作:東宝
1977年 監督:西村昭五郎、出演:加山麗子、制作:日活
1988年 監督:五社英雄、出演:かたせ梨乃、制作:東映
※五社英雄監督1988年製作「肉体の門


肉体の門

和田浩治、河西都子                  富永美沙子

【ストリー】
敗戦に虚脱し、疲れきった男たちの間に、毒々しい悪夢の花を咲かせる女たち。17歳のマヤ(野川由美子)が、関東小政のおせん(河西都子)のグループに仲間入りしたのも、たった一人の兄をボルネオで亡くし、米兵に肌を奪われてからだ。焼ビルの地下には、ジープのお美乃(松尾嘉代)、ふうてんお六(石井富子)、町子(富永美沙子)と、皆暗い過去を背負った女たちがたむろしていた。今日も闇市では、仲間の掟を破った夜の女が、激しいリンチをうけていた。彼女らの中には、よその女に縄張りを荒させない、ただで男と寝ないという掟が生きていた。一方関東小政の刺青をもつ、おせんは、進駐軍の兵隊を半殺しにした復員姿の新太郎(宍戸錠)を助けた。すさんだ生活をしていても、小政たちもやはり女だ。たくましい男を見て、彼女らの中に愛に、似た感情が湧いて来た。そんな時、町子が小笠原(江角英明)というなじみの客と、結婚を約束して代償なしに身体を与えていることがバレてしまった。怒り狂った小政、マヤらは、地下室に町子を宙吊りにすると、リンチを加えた。途中、新太郎にさえぎられたものの、すさまじいリンチは、マヤの身体に忘れていた女の生理をよみがえらせた。そして新太郎に強烈にひきつけられていった。一方、新太郎は、進駐軍のペニシリンをもっていた。小政の口ききで新太郎は阿部(和田浩治)と兄貴分の石井(野呂圭介)にそれを売り、莫大なお金を受けとった。祝い酒に酔った新太郎は、焼跡に絡がれた牛を地下室にひっぱって来ると久しぶりの牛肉にありつき乱痴気さわぎがつづいた。飲み食い、ひもじさから解放されたマヤは、新太郎を廃船につれこむと、愛撫を求めた。彼も激情にかられ、マヤを抱くと、「新しい生活へのスタートをきろうと約束した」しかし、かげでこれを聞いた小政は、マヤに激しいリンチを加えるのだった。けれど、希望に満ちたマヤの瞳は美しかった。一方、新太郎は小政に、ペニシリンがインチキだと密告され、石井らの一団とMP、警官に追われた。新太郎は必死に逃げたが、MPの弾丸が容赦なく新太郎の身体に食いこんでいった。何も知らないマヤは新太郎の約束の場所に急いでゆくのだった。


「肉体の門」江角英明、富永美沙子

松尾嘉代                        石井富子 

肉体の門

題名:肉体の門
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
原作:田村泰次郎
脚本:棚田吾郎
撮影:峰重義
照明:河野愛三
録音:米津次男
美術:木村威夫
編集:鈴木晄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作主任:薮内善明
色彩計測:森勝
助監督:葛生雅美
スチール:目黒祐司
出演:宍戸錠、和田浩治、河西都子、野川由美子、石井富子、松尾嘉代、富永美沙子、玉川伊佐男、野呂圭介、チコ・ローランド、若葉めぐみ、堺美紀子
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
肉体の門 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「肉体の門」野川由美子

河西都子、富永美沙子               宍戸錠、河西都子

「肉体の門」富永美沙子

1 2 3 5