映画「バージンブルース」


秋吉久美子                      清水里絵

今回は藤田敏八監督1974年製作「バージンブルース」をピックアップする。
撮影は1974年10月7日~11月9日に行われ11月19日に東洋現像所(現イマジカ)で初号試写、22日から「あばよダチ公」との併映で、全国日活系劇場で公開された。


秋吉久美子、長門裕之                 高岡健二

【ストリー】
お茶の水予備校女子寮生たちは灰色の浪人生活のうっ憤を晴らすため、時折徒党を組んで万引きをやっていた。が、四谷のスーパーマーケットで発覚し、畑まみ(秋吉久美子)と小林ちあき(清水理絵)だけが逃げのびた。寮に帰れず新宿界隈をうろついていた二人に声をかけたのは中年男の平田(長門裕之)だった。彼は脱サラを試みてラーメン屋を始めており、一年前スナックでちあきと知り合い関係を持ったことがあった。平田は二人をラブ・ホテルに誘ったが、バージンのまみが嫌がり、結局は諦めた。やがて二人は寮の近くの中華料理店の店員、橋本誠(高岡健二)の下宿にころがり込んだ後、二人の実家がある岡山に帰る事にした。旅費を平田から借りようとすると、まみの若い魅力に惹かれている平田も一緒に着いていくと言い出した。岡山駅前でまみとちあきは別れたが、平田は照れながらまみに着いて行った。しかしまみの実家にも警察の手が廻っており、やむなく二人は倉敷に行った。倉敷でまみはアングラ劇団をしている幼な友達の秋山正次(林ゆたか)に会った。まみと平田が宿なしだと聞いた正次は、合宿に合流させることにした。まみたちは「禁酒、禁煙、禁交」をモットーとするこの劇団の下働きをすることになった。まみを仲間に入れた正次には魂胆があった。劇場の小屋主は正次が若い女を沢山動かしているのを利用して、やがてストリップをやらせようとしているのだが、正次はそれを逆手に取って魅力あるまみを使い小屋主たちを誘惑し、小屋を乗っ取ろうと企んだのだ。これを知った平田は憤然となり、「俺にはバージンを守る義務があるんだ!」と叫び正次を殴り倒すと飛び出して行った。まみは脱兎の如く平田の後を追った。それから二人だけの旅が始った。そして、海辺のホテルで二人は激しく求めあった。翌朝、平田が目を覚ますとまみの姿が無い。寝巻がキチンとたたまれていた。まみの美しい肌が波打ちぎわで光っている。やがて、その影はまっすぐに、波に逆って沖に向っていく。「まみー」平田の叫ぶ声に、まみがニッコリと片手を上げた。平田の顔が安堵と不安にゆがんだ。波とたわむれるまみ。波打ちぎわを歩く平田……。


秋吉久美子、林ゆたか                  野坂昭如

題名:バージンブルース
監督:藤田敏八
企画:栗林茂
製作:伊藤亮爾
脚本:内田栄一
撮影:安藤庄平
照明:松下文雄
録音:紅谷愃一
美術:横尾嘉良
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:武川行秀、ミッキー吉野 主題歌:野坂昭如「バージンブルース」
現像:東洋現像所
製作担当:青木勝彦
助監督:八巻晶彦
色彩計測:田村輝行
スチール:井上俊康
出演:秋吉久美子、長門裕之、清水里絵、高岡健二、林ゆたか、赤座美代子、多々良純、加藤嘉、吉井亜樹子、田中筆子、白石奈緒美、松井康子、野坂昭如
1974年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
バージンブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田敏八監督(中央)                  秋吉久美子

映画「桜の樹の下で」


岩下志麻                       津川雅彦

今回は鷹森立一監督1989年製作「桜の樹の下で」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏原作の同名小説を映画化したもので、桜の樹の下に始まり、桜の樹の下で思いもよらぬ結末を迎える激しくも哀しい親子丼ぶりの物語。七瀬なつみさんのデビュー作であり、岩下志麻さんの妖艶さは美しかった。東映は「ひとひらの雪(1985年/監督:根岸吉太郎)」「化身(1986年)」「別れぬ理由(1987年/監督:降旗康男)」「失楽園(1997年)」などの渡辺淳一氏原作を映画化している。


七瀬なつみ

【ストリー】
京都にある老舗の料亭「たつむら」の女将・菊乃(岩下志麻)は、40半ばながらその美貌は歳を感じさせなかった。夫(寺田農)とは別居状態で娘の涼子(七瀬なつみ)と二人暮らし、時おり東京の出版社社長・遊佐恭平(津川雅彦)と大人の恋愛を楽しんでいる。「たつむら」の東京支店オープンの準備が進められ、大学を卒業した涼子は菊乃の許で見習いを始めた。春、京都の桜を見に来た遊佐を涼子か案内し、今度よその桜を見に連れていってほしいと頼んだ。東京支店の準備も大詰めとなり菊乃は遊佐と東京・三田のマンションを見に行った。暗闇の中で二人は愛し合い、菊乃は早く東京の人になりたいと思った。5月、涼子は遊佐にせがんで、二人は秋田へ飛び、角館の桜を見に行った。その晩、遊佐と涼子はホテルで結ばれた。それから涼子の様子が変わり、遊佐も菊乃を避けるようになった。東京支店の披露パーティーで菊乃は、遊佐と涼子が仲睦まじく手を握っているのを見て二人の仲を悟った。菊乃は母としてではなく女の意地から東京の店を涼子に任せ、遊佐に監視役を頼んだ。涼子は一人前の女となり、やがて遊佐の子を妊娠した。菊乃は京都で店を切り盛りしながら一人悩んでいた。そして菊乃は上京した際にマンションから飛び降り自殺を遂げた。その日、涼子は流産し、たぶん母が子供を連れていったのだと思った。涼子は桜の樹の下には屍体が埋められており、狂い咲きするのだという伝説を思い出し、遊佐と別れる決意をするのだった。


寺田農                      二谷英明、津川雅彦

十朱幸代                    野坂昭如、津川雅彦、岩下志麻

題名:桜の樹の下で
監督:鷹森立一
企画:三堀篤
製作:瀬戸恒雄
原作:渡辺淳一
脚本:那須真知子
撮影:林淳一郎
照明:山口利雄
特機:加藤勝
録音:柿沼紀彦 リーレコ:岡村昭治
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:浜中一文
装飾:平井浩一
背景:松下潔
スタイリスト:村井緑
きものデザイン:小泉清子
衣裳:増田和子
美粧:常盤ひとし、福田高広
振付:葉油脂もと枝
記録:今井文子
編集:西東清明 ネガ編集:橋場惠
音楽:小六禮次郎
現像:東映化学
進行主任:竹山昌利
製作進行:内山雅博、木次谷良助
演技事務:福岡康裕
助監督:長谷川計二
監督助手:井上隆、佐伯英二
撮影助手:井上明夫、上林秀樹、中川克也、斉藤博
照明助手:稲葉好治、三浦英治、石川末八、白井将成、三上日出志
特機助手:小野崎良雄、森田祐輔
録音助手:佐原聡、人見章久
音効助手:須田良三
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:肥沼和男、永野洋 セット付:浅田稔彦
編集助手:高橋信之
スチール:加藤光男
出演:岩下志麻、七瀬なつみ、津川雅彦、十朱幸代、寺田農、山口果林、久保菜穂子、二谷英明、早川雄三、志喜屋文、山本緑、野坂昭如
1989年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
桜の樹の下で -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                         桜の樹の下で