映画「肉体の門」


宍戸錠                         野川由美子

今回は鈴木清順監督1964年製作「肉体の門」をピックアップする。
本作は5度も映画化された田村泰次郎氏の同名原作を、鈴木清順監督が映画化したものだ。
以前、五社英雄監督1988年東映制作「肉体の門」を紹介したが、本作は、調布の日活撮影所内の煙突を臨む焼跡のオープンセットを始めとする木村威夫氏の美術が秀悦であり、清順ワールドで構築された「肉体の門」になった優れた作品である。

【肉体の門】
1948年 監督:マキノ正博、出演:轟夕起子、制作:太泉スタジオ(後の東映)
1964年 監督:豊田四郎、出演:団令子、制作:東宝
1977年 監督:西村昭五郎、出演:加山麗子、制作:日活
1988年 監督:五社英雄、出演:かたせ梨乃、制作:東映
※五社英雄監督1988年製作「肉体の門


肉体の門

和田浩治、河西都子                  富永美沙子

【ストリー】
敗戦に虚脱し、疲れきった男たちの間に、毒々しい悪夢の花を咲かせる女たち。17歳のマヤ(野川由美子)が、関東小政のおせん(河西都子)のグループに仲間入りしたのも、たった一人の兄をボルネオで亡くし、米兵に肌を奪われてからだ。焼ビルの地下には、ジープのお美乃(松尾嘉代)、ふうてんお六(石井富子)、町子(富永美沙子)と、皆暗い過去を背負った女たちがたむろしていた。今日も闇市では、仲間の掟を破った夜の女が、激しいリンチをうけていた。彼女らの中には、よその女に縄張りを荒させない、ただで男と寝ないという掟が生きていた。一方関東小政の刺青をもつ、おせんは、進駐軍の兵隊を半殺しにした復員姿の新太郎(宍戸錠)を助けた。すさんだ生活をしていても、小政たちもやはり女だ。たくましい男を見て、彼女らの中に愛に、似た感情が湧いて来た。そんな時、町子が小笠原(江角英明)というなじみの客と、結婚を約束して代償なしに身体を与えていることがバレてしまった。怒り狂った小政、マヤらは、地下室に町子を宙吊りにすると、リンチを加えた。途中、新太郎にさえぎられたものの、すさまじいリンチは、マヤの身体に忘れていた女の生理をよみがえらせた。そして新太郎に強烈にひきつけられていった。一方、新太郎は、進駐軍のペニシリンをもっていた。小政の口ききで新太郎は阿部(和田浩治)と兄貴分の石井(野呂圭介)にそれを売り、莫大なお金を受けとった。祝い酒に酔った新太郎は、焼跡に絡がれた牛を地下室にひっぱって来ると久しぶりの牛肉にありつき乱痴気さわぎがつづいた。飲み食い、ひもじさから解放されたマヤは、新太郎を廃船につれこむと、愛撫を求めた。彼も激情にかられ、マヤを抱くと、「新しい生活へのスタートをきろうと約束した」しかし、かげでこれを聞いた小政は、マヤに激しいリンチを加えるのだった。けれど、希望に満ちたマヤの瞳は美しかった。一方、新太郎は小政に、ペニシリンがインチキだと密告され、石井らの一団とMP、警官に追われた。新太郎は必死に逃げたが、MPの弾丸が容赦なく新太郎の身体に食いこんでいった。何も知らないマヤは新太郎の約束の場所に急いでゆくのだった。


「肉体の門」江角英明、富永美沙子

松尾嘉代                        石井富子 

肉体の門

題名:肉体の門
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
原作:田村泰次郎
脚本:棚田吾郎
撮影:峰重義
照明:河野愛三
録音:米津次男
美術:木村威夫
編集:鈴木晄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作主任:薮内善明
色彩計測:森勝
助監督:葛生雅美
スチール:目黒祐司
出演:宍戸錠、和田浩治、河西都子、野川由美子、石井富子、松尾嘉代、富永美沙子、玉川伊佐男、野呂圭介、チコ・ローランド、若葉めぐみ、堺美紀子
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
肉体の門 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「肉体の門」野川由美子

河西都子、富永美沙子               宍戸錠、河西都子

「肉体の門」富永美沙子

映画「現代やくざ 盃返します」


菅原文太                       松方弘樹

今回は佐伯清監督1971年製作「現代やくざ 盃返します」をピックアップする。
本作は1969年「現代やくざ 与太者の掟(監督:降旗康男)」に始まった菅原文太さん主演の”現代やくざ”シリーズ第3作(全5作)である。

1969年「現代やくざ 与太者の掟(監督:降旗康男)」
1969年「現代やくざ 与太者仁義(監督:降旗康男)」
1971年「現代やくざ 盃返します(監督:佐伯清)」
1971年「現代やくざ 血桜三兄弟(監督:中島貞夫)」
1972年「現代やくざ 人斬り与太(監督:深作欣二 )」


野川由美子                      小池朝雄

【ストリー】
昭和43年夏、大阪豊中の博徒堂本組組長堂本(小池朝雄)は、大阪池田の博徒三鬼組の鬼丸組長(諸角啓二郎)と組んで、大阪伊丹空港の拡張地や阪急沿線の観光利権を早くから握っていた大阪箕面の博徒萩原組組長(水島道太郎)を暗殺、その利権を得ようと計った。親分の堂本から萩原暗殺の命令を受けた関根辰次(菅原文太)は、堂本組とは兄弟分同様の萩原を殺すことに疑問を感じたが、仁義に乗っ取りその役目を果して刑務所に入った。2年後、関根は出所した。その間、萩原の一人娘冴子(工藤明子)は親の遺言通り組を解散、望月(中田博久)と共に細々とバーを始めた。やがて、関根は分家して関根組を名乗るが、冴子のことが気になり、そのバーに足を向けた。そこで、この辺一帯の縄張りを狙っている三鬼組とぶつかるが、その場は、殺された萩原の弟分にあたる柴山組組長柴山(松方弘樹)の仲裁で収まった。鬼丸は、柴山をいっきに叩こうと、柴山の賭場に殴り込むが、客の長尾組組長(中村竹弥)に傷を負わせてしまった。長尾ほどの大親分を敵にまわすことは、鬼丸と堂本にとって本意ではないので早速詫びを入れた。仁義に反する堂本の行動にいや気のさした関根は、同郷の小料理屋をしている芳子と世帯を持ってヤクザの足を洗おうと考えた。しかし、堂本は何かと自分に反抗する関根を柴山殺害の道具に使うことにした。しかしこの仕組まれた罠を知った関根は、盃を返すと、鬼丸と堂本にドスをふりかざした。


工藤明子、中田博久               野川由美子、菅原文太

題名:現代やくざ 盃返します
監督:佐伯清
企画:俊藤浩滋、矢部恒
原案:村上和彦
脚本:大和久守正
撮影:星島一郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:米沢一弘
技斗:日尾孝司
編集:田中修
記録:勝原繁子
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:福湯通夫
現像:東映化学
スチール:藤井善男
出演:菅原文太、松方弘樹、野川由美子、小池朝雄、伊吹吾郎、工藤明子、諸角啓二郎、中村竹弥、水島道太郎、中田博久、谷村昌彦、汐路章、たこ八郎
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
現代やくざ 盃返します -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


現代やくざ 盃返します

映画「座頭市果し状」

座頭市果し状座頭市果し状
勝新太郎                        野川由美子

今回は安田公義監督1968年製作「座頭市果し状」をする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第18作目になる。”果し状”が出てこない本作は、前作「座頭市血笑旅」に比べて凡庸な印象の作品だった。

座頭市シリーズ

座頭市果し状座頭市果し状
三木本賀代                       待田京介

【ストリー】
秩父街道を旅する市(勝新太郎)は、とある宿場町に着いた。たまたま浪人者、弦八郎(待田京介)や松五郎一家に斬られた百姓を医者順庵にかつぎ込んだことから順庵(志村喬)と親しくなった。順庵は何故か、娘お志律(三木本賀代)の心配をよそに酒びたりだった。間もなく、順庵の家に世話になった市のところへ、松五郎から迎えが来た。用心棒になってほしいというのだった。断った市をやくざどもは斬りつけたものの、市の居合いの妙技には息をのむばかりだった。そんな市に、弦八郎の女お秋(野川由美子)は警告した。その直後、弦八郎は松五郎(土方弘)の依頼で、庄屋の徳左衛門(南部彰三)を斬殺した。この暴挙に市は一味の逃亡を妨げようとしたが、弦八郎と対峙した時、短銃で射たれ肩先に弦八郎の刀を受けてしまった。市の手当てをしたのはもちろん、順庵父娘だが、松五郎たちはすぐさま追ってきた。しかし、市の姿は順庵の家から消えていた。順庵とお志津は松五郎の機織場に連れこまれ、拷問を受けた。一方姿を隠していた市は知らせを受けて松五郎一家に乗り込んだ。傷口から血を流し、よろめきながらだったが、市の闘いぶりはすさまじかった。順庵とお志津を安全な場所に逃がすと、仕込杖を握り斬って斬って斬りまくった。やがて阿修羅のように斬りまくるその市の前に、弦八郎が現われた。間合いを計った弦八郎は大刀を一閃、とび違った市の仕込杖がキラリと光った。倒れたのは弦八郎だった。その時、様子を見に来たお志律と順庵は、倒れた弦八郎にすがりついた。弦八郎は順庵の息子だった。やむを得ない仕儀とはいえ、またしても人を斬り、順庵父娘を悲しみに追いやった市は自分がいやにならざるを得なかった。宿場町を黙って去っていく市の肩は重い。

座頭市果し状座頭市果し状
志村喬、勝新太郎                 井上昭文、小松方正

題名:座頭市果し状
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:直居欽哉
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:加藤茂
擬斗:倉島暢
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創 主題歌:勝新太郎「座頭市子守歌」
現像:東洋現像所
製作主任:中西忠三
助監督:中西忠三
スチール:小山田輝男
出演:勝新太郎、野川由美子、三木本賀代、待田京介、志村喬、井上昭文、小松方正、北城寿太郎、千波丈太郎、土方弘、水原浩一、南部彰三
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市果し状 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市果し状座頭市果し状
野川由美子                       勝新太郎

1 2 3 4