映画「玄海つれづれ節」

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
吉永小百合                        八代亜紀

今回は出目昌伸監督1985年製作「玄海つれづれ節」をピックアップする。
1986年1月に全国公開された本作は、北九州市若松区を舞台に夫に蒸発された女性が仲間に助けられながら自立していく姿を描いたものだ。内容的には、豪華俳優陣の顔ぶれなのだが、整合性が薄いプロットと展開が冗長なのが面白味をなくしている。
吉永小百合さんのトルコ嬢のシーンは、無理失理入れた感じでサマになってない。小百合様にトルコ嬢役をさせてはいけないのである。一方、八代亜紀さんは軽い濡れ場をこなしながら存在感を醸し出していた。これは大物歌手としての貫禄から出たものであろう。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
風間杜夫                      吉永小百合、樹木希林

【ストリー】
横浜、山岡家の女主人ゆき(吉永小百合)は、旅行鞄一つで邸から追い出されようとしていた。外国商品を扱う商社の三代目社長である夫・駿介(岡田裕介)が事業に失敗。数億円の負債を残して蒸発してしまったのだ。ゆきの前に、ケースワーカーが駿介が外で産ませた子・マサル(岩渕健)を連れて来た。母親が急性の心臓病で亡くなり、駿介を頼って来たという。また、借金取り立て人、緑川月代(八代亜紀)がゆきに近づいてきた。月代の言葉で駿介が九州に行ったことを知ったゆきは、マサルと共に向かった。彼女は生まれ故郷の北九州市若松区バタバタ横丁(神田のれん街)を訪れ、ハナエ(樹木希林)の家に身をよせることになった。テキヤのおもちゃ職人で同級生の竹田一平(風間杜夫)は、未だにゆきを慕い続けており、駿介探しを手伝うことになる。ある日、ゆきの前にサラ金の取り立て人が現われ、彼女をソープランドに売りとばしてしまう。だが、竹田の助けを借りて逃亡に成功。マサルの預金通帳を見つけたゆきは、それで借金の一部を返済した。ゆきの耳に、近くの銀映館という映画館の話が入ってくる。士地の顔役、松藤(三船敏郎)が、古い建物を壊し近代的なスーパーマーケットを建てるために、子会社のサラ金を使って立ち退き工作をやっているが、往年の夢をもう一度と願う銀映館の経営者、南條京太郎(伏見扇太郎)が応じないというのだ。ゆきは月代を映画プロデューサーに仕立て上げ、念願の時代劇を製作するということで南條から銀映館の権利書をだまし取る。そして、その権利書を持って松藤のもとに向かう。そのことを知った竹田は激怒。半分やけっぱちで月代と同棲を始める。そんな時、ゆきは夫の駿介と出会う。駿介は借金で蒸発したのではなく、人に頼られて働きバチのように働くことに嫌気がさして、逃げ出したのだと告白した。そして、今は福岡の大峯病院の理事長である俊江(草笛光子)の庇護を受けているという。ショックを受けたゆきが得たものは、バタバタ横丁の人々の人情と、竹田と月代の友情であった。ゆきは松藤と南條に全てを打ち明け、銀映館の権利書は無事、南條のもとへ戻った。しかし、映画づくりに夢破れた南條は、町の人々に映画の前売券を買ってもらい、一日だけの満員の映画館でかつて自分が主演した時代劇を上映する。翌日、南條は銀映館の土地を大峯に売り渡し、姿を消した。ゆきは大峯俊江に会いに行く。俊江は駿介と正式に離婚することと、マサルを引き渡すことを条件に土地の権利書を渡すという。マサルと別れることはつらかったが、ゆきは離婚届けに判を押した。土地は暫く何もしないという約束で、松藤のものとなった。だが、翌日から工事が始まる。騙されたと知ったゆきは、松藤に掛け合うが出張とかで会わせてもらえない。ゆきを心配した竹田は、松藤のしきる賭場へ乗り込むが、八百長がばれ、腕を切られるか、家の権利書を渡すかと迫られる。月代と共に駆けつけたゆきは、自分の体を張って、バタバタ横丁を守った。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
三船敏郎                        岡田裕介 

題名:玄海つれづれ節
監督:出目昌伸
企画:岡田裕介、坂上順、和田徹
原作:吉田兼好「徒然草 第38段」
脚本:笠原和夫、下飯坂菊馬、兵頭剛(岡田裕介)
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
記録:久保田民子
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:中村州志
装置:開米慶四郎
装飾:若松孝市
背景:植田義明
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:清水照夫
振付:一の宮はじめ
編集:西東清明
音楽:星勝 主題曲:マーク・ゴールデンバーグ
現像:東映化学
進行主任:高井義典
助監督:吉崎元、長谷川計二
演技事務:宮下博
製作事務:山田光男
音楽事務:新井明美
方言指導:竜まさと
九州ロケコーディネーター:前田秀一郎
製作協力:柳弥寿子 衣装協力:加藤悦子、宇野喜子
ヘアーデザイン:佐藤満
スチール:渋谷典子
出演:吉永小百合、八代亜紀、風間杜夫、樹木希林、草笛光子、三船敏郎、伏見扇太郎、今福将雄、野村昭子、山谷初男、深江章喜、山田吾一、南利明、岡本信人、仲谷昇、木内みどり、岡田裕介、岩渕健
1985年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
玄海つれづれ節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
草笛光子                        木内みどり
玄海つれづれ節
「玄海つれづれ節」風間杜夫、吉永小百合
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
八代亜紀、風間杜夫                   八代亜紀、風間杜夫
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
玄海つれづれ節                   若戸大橋

映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険

映画「股旅」


萩原健一、尾藤イサオ、小倉一郎             萩原健一

今回は市川崑監督1973年製作「股旅」をピックアップする。
本作は、他の時代劇映画とは違う作り方をしている。主演の三人の渡世人は、東映時代劇の様にスマートではない。
仁義を長々切る台詞や、心得を持たない刀を振り廻す殺傷シーンは、時代考証によるリアルと共に陳腐に描かれている。
この時代、夜間の屋内でのキーライトは、行灯である。それを忠実にライティングした画は、この時代の人は、何て暗い中で生活してたのだろうとリアルが突き付けられる。「水戸黄門」などのビデオで撮ったテレビ時代劇は、何て明るいのだろう!!
本作は、これらを背景に閉塞した時代と若者像が反映されたモチーフになっている。巨匠市川崑監督の初めてのATG作品でもある。

【追記・訃報】
ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが2019年3月26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。
2019年3/28(木) 22:07配信 スポニチアネックス


小倉一郎                        尾藤イサオ

【ストリー】
灰色の空、霜でぬかったあぜ道を、よれよれの道中合羽に身をつつんだ若い男が三人、空っ腹をかかえて歩いている。生まれ故郷を飛び出し、渡世人の世界に入った源太(小倉一郎)、信太(尾藤イサオ)、黙太郎(萩原健一)である。彼等の望みは金と力のある大親分の盃をもらい、ひとかどの渡世人になることだった。流れ流れて三人は、二井宿・番亀一家に草鞋をぬいだ。源太はここで偶然、何年も前に母と自分を置き去りにして家出した父・安吉(大宮敏充)と再会した。夜、源太は安吉の家に行く途中、百姓・又作(加藤嘉)の家の井戸端で、若い女房のお汲(井上れい子)が髪を洗っているのをみた。白い肌が闇の中に浮んでいる。背後からお汲に組みついた源太は、あばれるお汲を納屋につれこんだ。翌日、安吉が、番亀(二見忠男)の仇敵の赤湯一家と意を通じ、壷振り(和田文夫)と組んでイカサマをやり、番亀一家の評判をおとそうとしたのがばれた。憤怒した番亀は、渡世人の掟を破った親父の首を持ってこいと源太に命じた。親父を斬ることはない、と引止める黙太郎と信太に「義理は義理だ」と源太は飛び出したが、安吉は留守。気抜けした源太は、お汲の家に行き「俺と逃げないか」と声をかけた。源太を見つめていたお汲はコクンとうなずいた。二人はその場で抱き合った。やがて安吉の家へ引返した源太は、長脇差を抜き放ち、驚く親父に斬りかかった……。揺れ動く貧しい灯が、蒲団の上に寝かされている安吉の死顔を照らしている。源太の頬には涙が流れている。やがて、源太は僅かな草鞋銭を渡され、番亀を追い出された。黙太郎、信太、そしてお汲も一緒だった。道中をつづける四人。途中で信太が竹の切株で足を傷つけ熱を出した。四人が夜を明かした祠の前に人の気配がした。追手がかかったと一同緊張するが、お汲の亭主の息子の平右衛門(神太郎)だった。お汲をつれ戻しに来たのである。素直に帰ると見せかけたお汲は、背後から鎌で平右衛門に襲いかかり、殺害してしまった。呆然とみつめる源太と黙太郎。兇状持の上にまた殺人、事態はますます悪化した。源太はどうしても家に帰りたくないというお汲を飯盛女に売ることにした。その頃、祠の中で信太は息をひきとっていた。残った源太と黙太郎は飯岡の助五郎のもとへと道中を急いだ。途中、立寄った飯岡一家の野手の半兵衛が(美山晋八)、笹川一家へ寝返る、という話を小耳にはさんだ黙太郎は、半兵衛の首を持って飯岡へ行けば盃が貰えるといい、源太は一宿一飯の恩義があると意見が対立した。折しも半兵衛が笹川へ出かけたのを知った二人は半兵衛を追った。「出世の糸口を!」「渡世の義理を!」半兵衛を追う黙太郎に源太が斬りつけた。そして、隙を見てかけ出した黙太郎を追った源太は崖に転落してしまった……。そうとも知らない黙太郎は、半兵衛を見失ない、戻って来るが源太の姿は何処にも見えない。「源太ァ源太ァ」いつまでも黙太郎は源太の名を呼び続けるのだった。


井上れい子                     小倉一郎、萩原健一

題名:股旅
監督:市川崑
製作:葛井欣士郎、富澤幸男、大岡弘光
脚本:谷川俊太郎、市川崑
撮影:小林節雄
照明:塩野昌弘
録音:大橋鉄矢
音効:東洋音響
美術:西岡善信、加門良一
装飾:中道正信
衣裳:福富英治
衣裳考証:上野芳生
床山:明石悦男
殺陣:美山晋八
記録:土屋テル子
編集:平野三郎兵衛、長田千鶴子
音楽:久里子亭(市川崑夫妻)、浅見幸雄
現像:東洋現像所
製作主任:藤田光男
製作進行:中村賢一
助監督:安室修、永井正夫、富永昭憲
撮影助手:竹澤信行、横山吉文
照明助手:佐藤勝彦、山口武
録音助手:北村泰彦
車両:福田悠一、水上一郎、山口和義、渡辺隆之
スチール:小泉尭史
出演:小倉一郎、尾藤イサオ、萩原健一、井上れい子、常田富士男、加藤嘉、野村昭子、大宮敏充、夏木章、神太郎、二見忠男、和田文夫、坂本長利、美山晋八
1973年日本・崑プロダクション+ATG/スタンダードサイズ・カラー95分35mmフィルム
股旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


股旅

1 2 3