映画「南海の狼火」

南海の狼火南海の狼火
小林旭                            浅丘ルリ子

今回は山崎徳次郎監督1960年製作「南海の狼火」をピックアップする。
本作は、流れ者シリーズの第三作で愛媛県宇和島でロケーション撮影しているが、内容が陳腐であり、宇和島城や闘牛、真珠の養殖場など60年代の風景が映っている以外、意味はなかった。本作の優秀なスタッフをしても、既定のプログラムピクチャーの枠内では無理だったのか。それとも当時の観客は、スターが出るだけで満足したのだろうか?

南海の狼火南海の狼火
宍戸錠                            白木マリ

【ストリー】
四国の宇和島は闘牛を前にしてにぎわっていた。町の須賀真珠会社は、新興会社である宇高真珠に借財がかさみ、その借りを闘牛で挽回しようと、総てを持ち牛の荒岩に賭けていた。そんな町の中に、ギターをもった流れ者野村浩次(小林旭)がやってきた。牛の荒岩を狙う宇高真珠一味を追っぱらった浩次は、須賀真珠の当主忠夫(木下雅弘)と知りあった。そして忠夫の息子周一(中田博久)が恋人の踊り子ハルミ(白木マリ)とともにキャバレー・パラダイスの支配人辻井(岡田眞澄)に殺されたという事情を聞いた。辻井やそのボス黒田(金子信雄)は宇高真珠の一味に通じていた。が、ある日周一がまだ生きていることがわかった。周一とハルミは黒田らに脅されてしかたなしに宇高一時に使われ、悪事を働いていたのである。周一の妹清子(浅丘ルリ子)を助けて、浩次はそれとなくパラダイスに出入りして一味の情勢をうかがった。坊主くずれの殺し屋、流れ者の政(宍戸錠)が町に入りこんで、闘牛を前にした町はますますさわがしくなった。周一は宇高真珠一味に脅され、こんどは父の会社の給料50万円を盗んだ。一味はすかさず貸し金130万円をとりたてに須賀真珠におしかけた。そして結着は闘牛の日を期してつけられることになった。辻井や黒田は須賀真珠の使用人立川(弘松三郎)を買収し、牛の荒岩に毒を注射させた。闘牛の日、浩次をよび出した辻井一味は周一を使って彼を殺そうとした。それを助け、一味の手から二人を救ったのは政だった。試合中荒岩は血をふいて死んだ。宇高一味は須賀真珠にふみこんだ。そして黒田と辻井は真珠を持って逃げようとした。その黒田を政が倒した。辻井の拳銃が政を狙った。すて身の抜き射ちで浩次がそれを助けた。政は一味からとりあげた真珠を浩次にかえし、彼との対決を後日に期して姿を消した。

南海の狼火南海の狼火
内田良平                      金子信雄、岡田眞澄

題名:南海の狼火
監督:山崎徳次郎
企画:児井英生
原作:原健三郎
脚本:山崎巌
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:横尾嘉良
擬斗:高瀬将敏
振付:竹部薫
編集:鈴木晄
音楽:大森盛太郎 主題歌:小林旭「さすらい」
現像:東洋現像所
製作主任:林本博佳
助監督:武田一成
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、白木マリ、岡田眞澄、金子信雄、菅井一郎、堀恭子、楠侑子、内田良平、中田博久、木下雅弘、弘松三郎
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
南海の狼火 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

南海の狼火南海の狼火
小林旭、宍戸錠                       南海の狼火

映画「新 仁義なき戦い」


菅原文太                        池玲子

今回は深作欣二監督1974年製作「新 仁義なき戦い」をピックアップする。
広島ヤクザの抗争を描いた「仁義なき戦いシリーズ」がヒットしたのに続き、舞台は1950年(昭和25年)秋、呉の山守組組員三好万亀夫は浅田組々長を拳銃で撃ち、殺人未遂で8年間刑務所へ収監され、その後仮出所してからの山守組の内紛劇を描いている。


若山富三郎                      松尾和子

【ストリー】
昭和25年秋、呉・山守組若衆三好万亀夫(菅原文太)は、親分山守義雄(金子信雄)に敵対する土田組々長を襲撃、逮捕され11年の刑を宣告された。三好が刑務所生活を続ける内に、山守組は膨張し、やがて派閥ができた。山守組長をバックアップする坂上元派、山守を凌ぐ勢いの若頭青木尚武派、そして中立を守る難波茂春派である。分の悪い山守は、近く出所予定の三好を自分の陣営に入れるために画策した。昭和34年春、三好が仮出所した。彼を出迎えたのは、彼を慕う若者北見登(渡瀬恒彦)だけだった。数日後、名古屋の料亭で三好の放免祝いが行なわれたが、意外にも山守、青木(若山富三郎)、坂上(田中邦衛)、難波(中谷一郎)等が呉越同舟し、それぞれ三好を自分の陣営に入れるべく働きかけるのだった。数日後、広島最大の海津組に接近し山守に加勢しようとした難波を青木が殺した。そして、青木自身が海津組に接近、対山守の後楯になるよう計った。それから間もなく青木は三好を呉に誘った。これを青木の策謀と見ぬいた三好は、恋人同然の朝鮮人ホステス恵子(池玲子)を、いざという時の弾よけとして連れて呉へ向かった。青木は三好を歓待するが、その裏では子分たちに三好襲撃を命じた。恵子は三好の行動から自分が楯に使われている事を知り、三好を激しく罵ると彼のもとを去った。一方、青木は海津組々長に通じ、しかも自分の意に添う難波組若衆頭野崎満州男と縁組、さらに三好に圧力をかけ、四国・松山に後退させておいて、ついに山守を引退に追いやった。その上、難波組二代目に野崎を押し、これに反対する関勝を襲撃、重傷を負わせた。一方、権謀術策に長ける山守の巻き返しが着々と進行していた。山守は坂上を走らせ、関勝の報復を餌に、三好に青木暗殺を促した。三好は山守の魂胆を見抜くが、ここは己れが殺るか殺られるかの瀬戸際と見て取り、自らの指を詰めて海津にさし出し、青木の後楯を立ち切らせておいて、舎弟の北見及び関の残党に青木襲撃の策をさずけた。昭和34年秋、青木の主催する興行開催の日、多数の警備に囲まれて陣頭指揮する青木めがけて北見たちは突進した。壮絶な死闘が展開され、青木のとどめは、突如現われた繃帯姿の関勝が射った。数日後、山守の家で祝盃があげられ、涙を流して喜ぶ山守は、憮然とする三好に何度も頬ずりして感謝した。「有難と。有難と。わりゃあ、日本一の極道よのう」……。


菅原文太、渡瀬恒彦                若山富三郎、菅原文太

題名:新 仁義なき戦い
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:神波史男、荒井美三雄
撮影:吉田貞次
照明:中山治雄
録音:溝口正義
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
背景:西村和比古
衣装:岩道保
編集:宮本信太郎
記録:田中美佐江
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:上田正道
助監督:藤原敏之
スチール:中山健司
出演:菅原文太、松方弘樹、若山富三郎、渡瀬恒彦、池玲子、中原早苗、松尾和子、金子信雄、中谷一郎、田中邦衛、宍戸錠、内田朝雄、山城新伍、名和宏、安藤昇、室田日出男、八名信夫、志賀勝、川谷拓三
1974年日本・東映/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
新・仁義なき戦い -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新 仁義なき戦い」松方弘樹             若山富三郎

映画「赤い蕾と白い花」


吉永小百合

吉永小百合                     浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作「赤い蕾と白い花」をピックアップする。
本作は、石坂洋次郎氏の原作「寒い朝」を映画化したもので、1959年に松竹製作で「若い素顔(監督:大庭秀雄/主演:桑野みゆき)」に続いて2度目の映画化となるが、高峰三枝子さんが、同じ岩淵真知子役で演じている。本作のロケは、東京都大田区田園調布、羽田空港、世田谷区二子玉川などで行っている。


高峰三枝子                     金子信雄

【ストリー】
三輪重夫(浜田光夫)と岩淵とみ子(吉永小百合)は高校三年仲の良いクラスメイトである。重夫は小さい時に母親を亡くし、とみ子は父親を亡くして母親に育てられた。似たような境遇が、二人を一層親密にさせた。彼等には片親の子にあり勝ちな暗い影はみじんもなかった。或る日、とみ子の母親真知子(高峰三枝子)が風邪をひいて寝こんだ。とみ子は三輪医院に電話した。それから毎日、重夫の父貞一(金子信雄)が真知子の診察に来た。重夫ととみ子は、父と母がそれぞれ仲良くつきあっていけるようにいろいろと気を使った。そんな頃、とみ子の祖母おかね(北林谷栄)が上京して来た。真知子は貞一と語らっておかねを羽田空港へ連れてゆき、遊覧飛行機に乗せた。その時、真知子が捻挫したため、貞一が彼女を抱いているところを、真知子が校長をしているドレス・センターの生徒達が写真に撮った。その写真は家に送られて来た。ちょうど、重夫ととみ子が試験勉強をしている時だったので、とみ子はその写真をみた。スカートから白い足を露わに貞一に抱かれている写真なのでとみ子は、「汚らしいわ!」と言うと泣き出した。とみ子は親たちへのレジスタンスのために家出を決意した。重夫も不承不承同意した。重夫は、とみ子一人に家出させるのは危険と思ったのだ。真知子は二人の書き置きをみて仰天した。真知子は早速貞一の家にかけつけた。ちょうど、そこに旅館“柳家”のお内儀(武智豊子)から電話がかかってきた。お内儀が三輪医院の患者で、偶然重夫の顔を見知っていたのであった。貞一と真知子がかつけると、二人は一室で寝ていた。部屋の隅と隅にフトンが敷かれ、真中には机が置かれてあった。安心した貞一と真知子も“柳家”で一泊することにした。翌朝、重夫、とみ子の二人は旅館に近い堤防で自然に抱きあうのだった。


武智豊子                       北林谷栄

金子信雄                       左卜全

題名:赤い蕾と白い花
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎「寒い朝」
脚本:池田一朗
撮影:岩佐一泉
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:佐谷三平
記録:新関良子
編集:鈴木暁
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:白鳥信一
色彩計測:小栗準之助
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、高峰三枝子、金子信雄、北林谷栄、左卜全、武智豊子
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
赤い蕾と白い花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰三枝子、金子信雄              吉永小百合、浜田光夫

1 2 3 14