映画「悪名十八番」

悪名十八番悪名十八番
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1967年製作「悪名十八番」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第14作になる。
1968年1月13日封切りされた。本作は、”悪名シリーズ”で田宮二郎さん最後の出演作となる。

悪名シリーズ

悪名十八番悪名十八番
安田道代(大楠道代)                  森光子

【ストリー】
岡山の喧嘩騒ぎで過剰防衛の罪に問われた朝吉(勝新太郎)が、兄の辰吉(金田龍之介)の奔走で、執行猶予つきながら出所してきた時、辰吉は土地の悪徳ボス中沢(西村晃)のために大怪我をさせられた。辰吉は土地の浄化のために市会議員選挙に立候補したのだが、それが中沢の邪魔になったのだ。折角、兄の仕事を手伝い、堅気の生活に入ろうと決心した朝吉は、こんな状態に巻込まれては、持前の喧嘩好きの性分が頭をもたげてくるのをどうしようもなかった。兄の会社の事務員鈴子(安田道代)に慕われた朝吉は、夜、鈴子と歩いている途中、中沢組の者に襲われ、罠にかかって殺人犯に仕立て上げられてしまった。その上、朝吉の無実を証明出来る鈴子は中沢組に捕われ、大阪に連れていかれたのである。そんな時、新聞で朝吉の急を知った清次(田宮二郎)が、重傷を負って入院している身をおしきって駆けつけて来た。警察の目を逃がれて、鈴子を探すべく大阪へ来た二人は、鈴子を中沢の子分荒雲(松枝錦治)の手から救い出した。そして、鈴子と共に真犯人を知る荒雲を連れて兄の家に戻った朝吉は、辰吉が中沢に連れ去られたことを知った。中沢は辰吉が市議になっては、競輪場をつくってひと儲けしようという計画が潰れてしまうため、辰吉を自動車事故を装って殺そうと計っていたのである。自分の子分を殺しておいて、朝吉をその殺人犯に仕立てたのも、辰吉の当選に不利な事件を起こそうとしてのことだった。朝吉と清次は、そうした中沢の悪だくみを知ると、辰吉が監禁されている場所に乗り込み、派手に暴れ回った。辰吉を助け出した二人は、中沢をさんざんいためつけ警察に引渡した。一方、救い出された辰吉は、朝吉がいてはいざこざが絶えないと、やむを得ず旅に出るよう勧めるのだった。数日後、朝吉と清次は四国への連絡船の中で、辰吉当選のラジオニュースを聞き、満足そうに頬笑み交すのだった。

悪名十八番悪名十八番
西村晃                        金田龍之介
悪名十八番悪名十八番
藤田まこと                    森光子、勝新太郎、藤田まこと
悪名十八番悪名十八番
京唄子、鳳啓助                    芦屋小雁 

題名:悪名十八番
監督:森一生
企画:辻久一
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:美間博
録音:林土太郎
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、安田道代(大楠道代)、森光子、西村晃、藤田まこと、金田龍之介、芦屋小雁、京唄子、鳳啓助、松枝錦治、八泉鮎子、南都雄二、守田学、水原浩一、伊達三郎
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名十八番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名十八番悪名十八番
八泉鮎子                     田宮二郎、勝新太郎

映画「スーパーの女」


津川雅彦、宮本信子、矢野宣               伊東四朗

今回は伊丹十三監督1996年製作「スーパーの女」をピックアップする。
スーパー大好きの主婦が、幼馴染の経営するダメスーパーマーケットを立て直していくというサクセスストーリーである本作は、スーパーマーケットのバックステージを丹念に調査し、リアルに裏打ちされた内容になっている。予定調和の展開と結末に「マルサの女」に見られる様な臨場感はないが、リアリティに納得してしまう作品である。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


三宅裕司、松本明子、宮本信子        あき竹城、岡本信人、松本明子、宮本信子

【ストリー】
スーパー“正直屋”の専務・小林五郎(津川雅彦)は、ライバルの“安売り大魔王”が価格破壊の激安キャンペーンを開始したと知って早速調査に出向いたが、そこで偶然、幼なじみの井上花子(宮本信子)と再会する。五郎は、スーパーの内情にやたらと詳しい花子が次々に安売り大魔王の激安トリックを見破ったことから、正直屋を立て直すために彼女にレジ主任として働いてもらうことにした。「いいスーパーには主婦を興奮させるドラマがある」と、花子は正直屋の改善に乗り出したが、現実は厳しかった。問題は次から次へと持ち上がり、特に花子を悩ませたのは、精肉部・鮮魚部・青果部の職人たちとの意思の疎通がはかれないことだった。職人というプライドから彼らはなかなか花子に心を開いてくれない。やがて副店長に抜擢された花子は、正直屋を「日本一お客様の立場に立ったスーパー」にするために、客の意見を直接聞くキャンペーンを実施する。その結果、食品の新鮮さを何より重視すべきだと考えた花子は、惣菜にも新鮮な素材を使用することと、肉や魚のリパックをやめることを提案する。パートの主婦たちの支持も得て花子の提案は五郎にも承諾されたが、職人たちは面白くなかった。そんな折、正直屋を買収しようと動いていた安売り大魔王の社長(伊東四朗)は、店長をはじめ職人たちをゴッソリ引き抜こうと画策する。しかし、花子の懸命の説得にスーパーの働き手としての自覚、誇りに目覚めた従業員たちは前にも増して結束を固め、結局、正直屋を離れたのは店長(矢野宣)と精肉部のチーフ(六平直政)のほか数名だけであった。以前から出入りの屑肉業者(不破万作)と結託して上等の肉を盗み出し、私腹を肥やしていた精肉部のチーフは、店長とともに安売り大魔王への手土産として正直屋の冷蔵庫から肉を盗み出していた。知らせを受けて現場へ駆けつけた花子は、手違いから冷凍車の荷台に閉じ込められてしまう。五郎はデコトラの運転手(佐藤蛾次郎)の協力を得て、とある漁港で花子を救出した。ここで偶然知り合った漁師の好意で、1月1日の初荷を全部仕入れる契約を結んだ花子たちは、お正月商戦においても、閑古鳥の鳴く安売り大魔王に見事勝利を納めた。


金萬福、柳沢慎吾                     高橋長英

題名:スーパーの女
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利 (東洋音響カモメ) リーレコ:神保小四郎
美術:川口直次
装飾:佐藤結樹 (ポパイアート)
衣裳:岩崎文男
特殊メイク:江川悦子、寺田まゆみ、神田文裕、山田陽
技斗:高瀬将嗣
操演:白熊栄次
振付:宮崎
配役:斎藤謙司
記録:松澤一美
編集:鈴木晄 ネガ編集:村山勇二
音楽:本多俊之 音楽プロデューサー:立川直樹、梶原浩史
撮影機材:三和映材社
照明機材:日本照明
フィルム:富士フィルム
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一(イマジカ)
デジタル合成:島村達雄(白組)、山崎貴、渋谷紀世子(白組)、武坂耕二(イマジカ)
助監督:中嶋竹彦、山内健嗣、中村義洋
撮影助手:石山稔、岩崎登、江崎朋生
照明助手:鈴木達也、小林敦、大橋陽一郎、永田英則
録音助手:白鳥貢、松本昇和、渡邊信司
第二撮影班・撮影:浜田殻、柳島克己、高瀬比呂志
第二撮影班・撮影助手:長谷川卓也、小松高志
プロデューサー:川崎隆
製作担当:鎌田賢一
製作:玉置泰
製作主任:田尻正和
製作進行:荒木正人、渋谷恭史
製作デスク:吉川次郎
アドバイザー:荒井伸也
カースタント:タカハシレーシング
ウィッグ製作:アデランス
撮影スタジオ:日活撮影所
グラフィック・デザイン:佐村憲一
出演:宮本信子、津川雅彦、伊東四朗、金田龍之介、矢野宣、六平直政、高橋長英、三宅裕司、あき竹城、松本明子、絵沢萠子、野際陽子、原日出子、岡本信人、小堺一機、柳沢慎吾、伊集院光、不破万作、佐藤蛾次郎、金萬福
1996年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
スーパーの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


津川雅彦、六平直政                    スーパーの女

映画「あげまん」


宮本信子                         津川雅彦

今回は伊丹十三監督1990年製作「あげまん」をピックアップする。
伊丹監督は、リクルート事件のあった1989年5月から脚本を執筆し、舞台を料亭と財政界から採ったそうだ。それはまず芸者さんを描いてみたかったからだそうで、あげまんと関りを持つ「政治家や財界人といった人々は、彼らほどモラルを求められていながらモラルを持たない人たちはいない。モラルを持たないことに自分自身が気付いていない人たち」と言い切っている。
本作で登場するお座敷は、取り壊されてビルになる前の港区赤坂の料亭たん熊が使用され、政界の大物である大倉善武の屋敷は、護国寺の月光殿(重要文化財)が使われた。ほかに日枝神社(千代田区)境内、ホテル虎ノ門パストラル、飯田橋エドモントホテル、原宿パレフランセ、綱町三井倶楽部(映子の家)、森稲荷神社(中央区佃)、渋谷EX、日本橋北陸銀行、日比谷東宝本社屋上などが使われたそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


大滝秀治、石井苗子                          宝田明、島田正吾

【ストリー】
捨て子だったナヨコ(宮本信子)は老夫婦に育てられるが、中学を出てナヨコは芸者の道を歩むことを決心する。そして芸者の置屋に預けられたナヨコはそこで一人前の芸者に成長してゆくがそんなある日、僧呂多聞院(金田龍之介)のもとに水揚げされ、彼女の人生は一変するのだった。ナヨコと暮らすようになって多聞院の位はめきめきと高くなっていったのだ。だが、間もなく多聞院は病死してしまうのだった。何年かたち銀行のOLになったナヨコは、ふとしたことからうだつのあがらない銀行員鈴木主水(津川雅彦)と知り合い、お互い愛し合うようになる、だが同時に政界の黒幕である大倉善武(島田正吾)もナヨコの“あげまん”に目をつけていた。結局主水と結ばれるナヨコだったが、出世街道を走り始めた主水は、出世のために瑛子(石井苗子 )という女と婚約してしまいナヨコと別れてしまうのだった。主水に捨てられたナヨコは大倉のもとへいき、再び芸者となった。そんな時、総理の椅子をめぐって鶴丸幹事長(北村和夫)と争う犬飼政調会長(宝田明)もまたナヨコに目をつける。その頃主水は上役の千々岩(大滝秀治)が鶴丸に政治資金を横流ししていた不正をきせられてピンチにおちいっていた。その事を知ったナヨコは、やはり主水のことが気がかりになっていた。だがその時犬飼から鶴丸が癌で先長くない命であることを知らされたナヨコは、それをネタに主水の危機を救うのだった。そしていつしか二人は永遠の愛で結ばれるのだった。


宮本信子                         橋爪功

題名:あげまん
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
脚本:伊丹十三
撮影:山崎善弘
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斎藤昌利 (東洋音響カモメ) リーレコ:中村洋 アドバイザー:中山義弘
美術:中村州志
装置:新井義行
装飾:山崎輝、富沢幸男、長谷川圭一、栗原牧子、山浦克己
衣装:小合恵美子、岩崎文男、宮越久美子 衣装考証:山田玲子
美粧:小沼みどり SFXメイク:江川悦子
床山:西松忠 (銀座岡米かつら)
配役:笹岡幸三郎
殺陣:中瀬博文
記録:堀北晶子
編集:鈴木晄 ネガ編集:西原昇
音楽:本多俊之
フィルム:富士フィルム (報映産業)
撮影機材:三和映材社
現像:イマジカ
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作担当:川崎隆
製作進行:岩下真司、森太郎
助監督:久保田延廣
演技事務:前島良行
デスク:吉川次郎
監督助手:当摩寿史、永田智春、尾山宏伸
撮影助手:高橋聡、村石直人、福田泉、真塩隆英
特機助手:度会誠司
照明助手:沖田秀則、須賀一夫、鈴木達也、小原法行、泉田聖
美術助手:山崎秀満、近藤成之、樋田浩子
録音助手:桜井敬悟、田中靖志、石井ますみ
編集助手:普嶋信一
スタイリスト助手:石原啓子
フードスタイリスト:石森いずみ
料理コーディネイト:松本庄平
メイク助手:横瀬由美
SFXメイク助手:橋本和典
製作協力:細越省吾事務所
振付:猿若清三郎
指導:猿若清方、赤坂・育子
舞踏監修:猿若清三郎
清元三味線指導:述千八寿
プロデューサー:細越省吾
音楽プロデューサー:立川直樹
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:藤沢俊夫
出演:宮本信子、津川雅彦、大滝秀治、石井苗子、島田正吾、宝田明、北村和夫、金田龍之介、一の宮あつ子、菅井きん、橋爪功、洞口依子、杉山とく子、黒田福美、横山道代
1990年日本・伊丹プロダクション+東宝/ビスタサイズ・カラー118分35mmフィルム
あげまん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮本信子、津川雅彦

1 2