映画「肉体の門」


宍戸錠                         野川由美子

今回は鈴木清順監督1964年製作「肉体の門」をピックアップする。
本作は5度も映画化された田村泰次郎氏の同名原作を、鈴木清順監督が映画化したものだ。
以前、五社英雄監督1988年東映制作「肉体の門」を紹介したが、本作は、調布の日活撮影所内の煙突を臨む焼跡のオープンセットを始めとする木村威夫氏の美術が秀悦であり、清順ワールドで構築された「肉体の門」になった優れた作品である。

【肉体の門】
1948年 監督:マキノ正博、出演:轟夕起子、制作:太泉スタジオ(後の東映)
1964年 監督:豊田四郎、出演:団令子、制作:東宝
1977年 監督:西村昭五郎、出演:加山麗子、制作:日活
1988年 監督:五社英雄、出演:かたせ梨乃、制作:東映
※五社英雄監督1988年製作「肉体の門


肉体の門

和田浩治、河西都子                  富永美沙子

【ストリー】
敗戦に虚脱し、疲れきった男たちの間に、毒々しい悪夢の花を咲かせる女たち。17歳のマヤ(野川由美子)が、関東小政のおせん(河西都子)のグループに仲間入りしたのも、たった一人の兄をボルネオで亡くし、米兵に肌を奪われてからだ。焼ビルの地下には、ジープのお美乃(松尾嘉代)、ふうてんお六(石井富子)、町子(富永美沙子)と、皆暗い過去を背負った女たちがたむろしていた。今日も闇市では、仲間の掟を破った夜の女が、激しいリンチをうけていた。彼女らの中には、よその女に縄張りを荒させない、ただで男と寝ないという掟が生きていた。一方関東小政の刺青をもつ、おせんは、進駐軍の兵隊を半殺しにした復員姿の新太郎(宍戸錠)を助けた。すさんだ生活をしていても、小政たちもやはり女だ。たくましい男を見て、彼女らの中に愛に、似た感情が湧いて来た。そんな時、町子が小笠原(江角英明)というなじみの客と、結婚を約束して代償なしに身体を与えていることがバレてしまった。怒り狂った小政、マヤらは、地下室に町子を宙吊りにすると、リンチを加えた。途中、新太郎にさえぎられたものの、すさまじいリンチは、マヤの身体に忘れていた女の生理をよみがえらせた。そして新太郎に強烈にひきつけられていった。一方、新太郎は、進駐軍のペニシリンをもっていた。小政の口ききで新太郎は阿部(和田浩治)と兄貴分の石井(野呂圭介)にそれを売り、莫大なお金を受けとった。祝い酒に酔った新太郎は、焼跡に絡がれた牛を地下室にひっぱって来ると久しぶりの牛肉にありつき乱痴気さわぎがつづいた。飲み食い、ひもじさから解放されたマヤは、新太郎を廃船につれこむと、愛撫を求めた。彼も激情にかられ、マヤを抱くと、「新しい生活へのスタートをきろうと約束した」しかし、かげでこれを聞いた小政は、マヤに激しいリンチを加えるのだった。けれど、希望に満ちたマヤの瞳は美しかった。一方、新太郎は小政に、ペニシリンがインチキだと密告され、石井らの一団とMP、警官に追われた。新太郎は必死に逃げたが、MPの弾丸が容赦なく新太郎の身体に食いこんでいった。何も知らないマヤは新太郎の約束の場所に急いでゆくのだった。


「肉体の門」江角英明、富永美沙子

松尾嘉代                        石井富子 

肉体の門

題名:肉体の門
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
原作:田村泰次郎
脚本:棚田吾郎
撮影:峰重義
照明:河野愛三
録音:米津次男
美術:木村威夫
編集:鈴木晄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作主任:薮内善明
色彩計測:森勝
助監督:葛生雅美
スチール:目黒祐司
出演:宍戸錠、和田浩治、河西都子、野川由美子、石井富子、松尾嘉代、富永美沙子、玉川伊佐男、野呂圭介、チコ・ローランド、若葉めぐみ、堺美紀子
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
肉体の門 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「肉体の門」野川由美子

河西都子、富永美沙子               宍戸錠、河西都子

「肉体の門」富永美沙子

映画「野獣の青春」

野獣の青春野獣の青春
宍戸錠                         渡辺美佐子

今回は鈴木清順監督1963年製作「野獣の青春」をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の「人狩り」を映画化したものだが、清順ワールドに置き換えられた作品になっている。カット割りと編集のテンポ、美術セットが良く、鈍調な流れはなく展開する。この時代にこの新鮮な感覚に感激する。

【追記・訃報】
「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんが2019年1月21日に死去した。86歳。大阪市生まれ。関係者によると、都内の自宅で倒れていたという。あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。日大芸術学部在学中の1954年、日活の第1期ニューフェイスに合格。翌55年に「警察日記」で本格デビューし、二枚目スターとして売り出されたが、自ら進んで豊頬手術を受け、敵役として活路を開いた。小林旭主演の「渡り鳥」「流れ者」シリーズや故赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖」シリーズに敵役として登場。時に主役を食う人気を博した。70年代になるとテレビにも進出し、「巨泉×前武のゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」「元祖どっきりカメラ」などのバラエティーにも出演。1982~83年にはフジテレビ系「くいしん坊!万才」にレポーターとして出演し、長男で俳優の宍戸開ものちにレポーターを務めた。10年4月に元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんががんのため77歳で死去。2013年2月には東京・世田谷区上祖師谷の自宅が全焼する被害に遭うなど、晩年は悲しい出来事が続いた。
最終更新:2020/1/21(火) 16:45 スポニチアネックス

野獣の青春野獣の青春
香月美奈子                       郷鍈治

【ストリー】
連れ込み宿で男と女が死んでいた。男は竹下公一(木島一郎)、現職の刑事だった。数日後、盛り場のチンピラたちをやっつけてまわるカッコいい風来坊が現われた。たちまちジョー(宍戸錠)というその男は野本組の用心棒におさまりのし歩いたから、野本組と睨み合っている三光組の小野寺(信欣三)や武智(郷鍈治)をひどく刺激した。野本組には麻薬につながるコールガールの大がかりな組織があり、それを操る謎の支配者がいるらしい。竹下の四十九日の法事の日、ジョーが未亡人のくみ子(渡辺美佐子)に挨拶しているのを刑事の広川(鈴木瑞穂)は見た。ジョーはもと刑事、ふとしたことから免官されグレてしまったのをなにくれとなくかばったのが同僚竹下だった。その夜、いつものように野本(小林昭二)らと麻薬商柴田(平田大三郎)との取引きがあった。帰途、柴田は武智に売上げの一千万円を強奪された。柴田が刑事時代のジョーを思い出し、たちまちとりおさえられたジョーはむごい拷問に苦しみうめいた。ジョーが三光組に秘密を教えてやったとドロを吐いたから、逆上した野本は武智を射殺させた。すぐに三光組が逆襲して来て凄絶な射ち合いとなった。乾分たちが次々と倒れ、野本の一弾は小野寺の胸を貫いた。血まみれの小野寺は爆弾を積んだ自動車で野本組の真中へ突っ込んだ。建物が人が一瞬のうちに吹っ飛び、硝煙がうすれると動いたのはジョーと野本だ。「竹下を殺ったのは誰だ」野本をしめあげたジョーは絶叫した。息もたえだえの野本の口からもれたのは意外にもくみ子。野本の情婦だった彼女は警察の逆スパイとなって竹下と結婚し、コールガールを牛耳っていた。それがバレそうになったので、麻薬中毒のコールガールと竹下を無理心中させたのだ。竹下の家にのりこんだジョーの眼ははげしい憎悪に燃えていた。

郷鍈治野獣の青春
江角英明                         信欣三
野獣の青春野獣の青春
川地民夫                        金子信雄

題名:野獣の青春
監督:鈴木清順
企画:久保圭之介
原作:大藪春彦「人狩り」
脚本:池田一朗、山崎忠昭
撮影:永塚一栄
照明:大西美津男
特技:金田啓治
録音:中村敏夫
美術:横尾嘉良
擬斗:高瀬将敏
編集:鈴木晄
音楽:奥村一
現像:東洋現像所
製作主任:武藤良夫
助監督:渡辺昇
色彩計測:上田利男 (撮影チーフ助手)
スチール:斎藤誠一
出演:宍戸錠、渡辺美佐子、川地民夫、香月美奈子、江角英明、平田大三郎、郷鍈治、上野山功一、小林昭二、信欣三、金子信雄、鈴木瑞穂、清水将夫、木島一郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
野獣の青春 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

野獣の青春野獣の青春
小林昭二                        宍戸錠、鈴木瑞穂
野獣の青春野獣の青春
宍戸錠、鈴木瑞穂                  野獣の青春

映画「カポネ大いに泣く」


「カポネ大いに泣く」萩原健一

萩原健一                         沢田研二

今回は鈴木清順監督1985年製作「カポネ大いに泣く」をピックアップする。
本作は、全編の8割を占めるアメリカ・サンフランシスコのシーンを全て国内撮影、主に横浜で撮影した鈴木清順監督第45作になる。主演は、惜しくも2019年3月26日に急逝した萩原健一さん。サンフランシスコの見立てには無理があるものの、美術センスは素晴らしい作品である。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

田中裕子                        加藤治子

【ストリー】
昭和初期、芸者の小染(田中裕子)は、旅回りの役者の順之助、のちの桃中軒海右衛門(萩原健一)と出会い、深い仲になる。小染は、昔、旦那の目を盗んで浮気をしたことがバレ、背中に蛸の刺青を彫られてしまった。順之助は浪花節語りの桃中軒雲右衛門(柄本明)に憧れ、一座を逃げ出したのだ。小染の旦那が監獄から出ることになり、一方、一座も順之助を連れ戻しに来たので、二人はサンフランシスコに逃げた。浪花節で日本人移民を慰問するという気宇壮大な出発だったが、口入れ屋にだまされ、有り金は底をつき、小染のアクセサリーも賭博で取られ、小染は女郎に、海右衛門は乞食になる。そんな時、二人は大西鉄五郎(沢田研二)<通称ガン鉄>と出会う。ガン鉄は横浜ハウスに巣喰う快男児で、街頭で狼花節をうなる海右衛門を見かねて、高級ナイトクラブに連れていさ、浪花節は通用しないと、新しいショーを見せた。そこで踊っていたダンサーのリリアン(ローリー・ベリス)が和服の海右衛門をサムライ!と一目惚れしてしまう。その頃のサンフランシスコは中国人、日本人など様々な人種が入り乱れる欲望の街で、シカゴのギャング、カポネ(チャック・ウィルソン)も西部進出を狙い、弟のフランク・カポネ(ランディ・レイス)を派遣して来た。フランクはサンフランシスコの密造酒を独占しようとし、一方、ガン鉄、海右衛門、小染たちも、つくり酒屋の息子だった海右衛門に“シスコ正宗”を作らせて対抗する。三人はシカゴに行ったりするが、だんだんと追いつめられていく。そんな中で、小染は自動車事故で死んでしまう。さらにガン鉄もフグを食べて中毒死。海右衛門はリリアンに介錯させ切腹するのだった。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

樹木希林、柄本明                      梅宮辰夫、萩原健一

チャック・ウィルソン                    萩原健一、田中裕子

題名:カポネ大いに泣く
監督:鈴木清順
企画:奥山和由、C.C.J
製作:櫻井五郎
原作:梶山季之「カポネ大いに泣く」
脚本:大和屋竺、木村威夫、鈴木岬一
撮影:藤沢順一、高田昭
照明:大西美津男
特機:NK特機
録音:福島信雅
音効:酒井三郎
美術:木村威夫
装飾:安田彰一
大道具:佐藤信昭
衣裳:坂下英明、佐藤貞子
結髪:中村さき
美粧:中村恭子
化粧:山口和子、竹島綾子
ヘアー・メイク:高原宏
ボディ・メイク:小林照子
擬斗:岡田勝
カースタント:高橋義浩、前川広一
特殊効果:芳賀真人
記録:内田絢子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
フィルム:富士フィルム(報映産業)
撮影機材:日本映樹
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所
音楽:井上尭之
プロデューサー:中村賢一
アシスタントプロデューサー:莟宣次
コウ・プロデューサー:内田誠、三上祥一、森田亜男
プロダクションマネージャー:今井博彦
製作主任:高橋文雄
製作進行:福島聰司、山川元
助監督:高橋正治
監督助手:渡辺孝好、中井俊夫、滝坂裕二、藤嘉行
撮影助手:栢野直樹、佐藤和人、有田勝美
照明助手:鈴木豊、落合文雄、松島五也、奥村誠、鈴木喜三郎
録音助手:斎藤道夫、小高勲、阿部茂
美術補佐:丸山裕司、池田育代
装飾補佐:松下照夫、桜井陽一、嵩村裕司、藤木光次
編集補佐:村山勇二
企画協力:角川春樹事務所
製作事務:吉田弘美
演技事務:碓井義徳
制作作宣伝:大久保信雄
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
浪曲監修:芝清之 浪曲指導:東家菊燕
三味線指導:東家栄子
河内音頭指導:目崎明美
方言指導:大原穣子、東隆明
英語通訳:松原由利子、ロイド・ハント
キャスティング・コーディネーター:アット・ワーク
ロケ協力:横浜ドリームランド、日光ウエスタン村、他
スチール:金田正
出演:萩原健一、沢田研二、田中裕子、チャック・ウィルソン、ローリー・ベリス、柄本明、平田満、加藤治子、樹木希林、梅宮辰夫、峰岸徹、牧伸二、苅谷俊介、常田富士男、ランディ・レイス、高倉美貴、たこ八郎、阿藤海、ベンガル
1985年日本・ケイエンタープライズ/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
カポネ大いに泣く -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「カポネ大いに泣く」萩原健一

峰岸徹                       カポネ大いに泣く

1 2 3 4