映画「野獣の青春」

野獣の青春野獣の青春
宍戸錠                         渡辺美佐子

今回は鈴木清順監督1963年製作「野獣の青春」をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の「人狩り」を映画化したものだが、清順ワールドに置き換えられた作品になっている。カット割りと編集のテンポ、美術セットが良く、鈍調な流れはなく展開する。この時代にこの新鮮な感覚に感激する。

【追記・訃報】
「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんが2019年1月21日に死去した。86歳。大阪市生まれ。関係者によると、都内の自宅で倒れていたという。あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。日大芸術学部在学中の1954年、日活の第1期ニューフェイスに合格。翌55年に「警察日記」で本格デビューし、二枚目スターとして売り出されたが、自ら進んで豊頬手術を受け、敵役として活路を開いた。小林旭主演の「渡り鳥」「流れ者」シリーズや故赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖」シリーズに敵役として登場。時に主役を食う人気を博した。70年代になるとテレビにも進出し、「巨泉×前武のゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」「元祖どっきりカメラ」などのバラエティーにも出演。1982~83年にはフジテレビ系「くいしん坊!万才」にレポーターとして出演し、長男で俳優の宍戸開ものちにレポーターを務めた。10年4月に元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんががんのため77歳で死去。2013年2月には東京・世田谷区上祖師谷の自宅が全焼する被害に遭うなど、晩年は悲しい出来事が続いた。
最終更新:2020/1/21(火) 16:45 スポニチアネックス

野獣の青春野獣の青春
香月美奈子                       郷鍈治

【ストリー】
連れ込み宿で男と女が死んでいた。男は竹下公一(木島一郎)、現職の刑事だった。数日後、盛り場のチンピラたちをやっつけてまわるカッコいい風来坊が現われた。たちまちジョー(宍戸錠)というその男は野本組の用心棒におさまりのし歩いたから、野本組と睨み合っている三光組の小野寺(信欣三)や武智(郷鍈治)をひどく刺激した。野本組には麻薬につながるコールガールの大がかりな組織があり、それを操る謎の支配者がいるらしい。竹下の四十九日の法事の日、ジョーが未亡人のくみ子(渡辺美佐子)に挨拶しているのを刑事の広川(鈴木瑞穂)は見た。ジョーはもと刑事、ふとしたことから免官されグレてしまったのをなにくれとなくかばったのが同僚竹下だった。その夜、いつものように野本(小林昭二)らと麻薬商柴田(平田大三郎)との取引きがあった。帰途、柴田は武智に売上げの一千万円を強奪された。柴田が刑事時代のジョーを思い出し、たちまちとりおさえられたジョーはむごい拷問に苦しみうめいた。ジョーが三光組に秘密を教えてやったとドロを吐いたから、逆上した野本は武智を射殺させた。すぐに三光組が逆襲して来て凄絶な射ち合いとなった。乾分たちが次々と倒れ、野本の一弾は小野寺の胸を貫いた。血まみれの小野寺は爆弾を積んだ自動車で野本組の真中へ突っ込んだ。建物が人が一瞬のうちに吹っ飛び、硝煙がうすれると動いたのはジョーと野本だ。「竹下を殺ったのは誰だ」野本をしめあげたジョーは絶叫した。息もたえだえの野本の口からもれたのは意外にもくみ子。野本の情婦だった彼女は警察の逆スパイとなって竹下と結婚し、コールガールを牛耳っていた。それがバレそうになったので、麻薬中毒のコールガールと竹下を無理心中させたのだ。竹下の家にのりこんだジョーの眼ははげしい憎悪に燃えていた。

郷鍈治野獣の青春
江角英明                         信欣三
野獣の青春野獣の青春
川地民夫                        金子信雄

題名:野獣の青春
監督:鈴木清順
企画:久保圭之介
原作:大藪春彦「人狩り」
脚本:池田一朗、山崎忠昭
撮影:永塚一栄
照明:大西美津男
特技:金田啓治
録音:中村敏夫
美術:横尾嘉良
擬斗:高瀬将敏
編集:鈴木晄
音楽:奥村一
現像:東洋現像所
製作主任:武藤良夫
助監督:渡辺昇
色彩計測:上田利男 (撮影チーフ助手)
スチール:斎藤誠一
出演:宍戸錠、渡辺美佐子、川地民夫、香月美奈子、江角英明、平田大三郎、郷鍈治、上野山功一、小林昭二、信欣三、金子信雄、鈴木瑞穂、清水将夫、木島一郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
野獣の青春 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

野獣の青春野獣の青春
小林昭二                        宍戸錠、鈴木瑞穂
野獣の青春野獣の青春
宍戸錠、鈴木瑞穂                  野獣の青春

映画「座頭市 牢破り」


勝新太郎                       三國連太郎

今回は山本薩夫監督1967年製作「座頭市 牢破り」をピックアップする。
本作は、勝プロダクション第一回作品で、“座頭市”シリーズ第16作目になる。俳優陣はベテランが勢揃いして山本薩夫監督が演出された事もあり、勧善懲悪の座頭市にならずに、刀による闘いでの人の生死を、観客に問いかける作りが良かった。

座頭市シリーズ


西村晃                        浜田ゆう子

【ストリー】
一宿一飯の恩義から富蔵親分(遠藤辰雄)の使いに立った座頭市(勝新太郎)は、相手の朝五郎親分(三國連太郎)の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松(酒井修)や仁三郎(細川俊之)らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂(鈴木瑞穂)を知った。大原は剣の道は虚しいと、暗に市をさとした。しかし翌日、再び市を狙う富蔵たちに、市は手向わずにはおれなかった。富蔵を斬った市は再び旅に出た。アンマ仲間に入って安らかな日々を得たいと願った市だったが、成金にへつらう盲人の世界もいやらしいものだった。そんなある日、市の前に仁三郎が現われ、関八州出役の須賀(西村晃)から十手を預った朝五郎が百姓を痛めつけ、仁三郎の恋人志乃(浜田ゆう子)を須賀の妾にされたと語った。朝五郎の人柄を知る市は耳をかさなかった。ところが数カ月後、市は女郎屋で会った志乃から彼の言葉が正しかったことを知った。百姓をたぶらかし一揆を企てたとの理由で大原が縛についているとも知った市は、急ぎ村に戻った。村は荒れはて、須賀や新興商人の山源(松下達夫)と結託した朝五郎一家に、百姓たちは惨めな生活をしていた。朝五郎を信頼していた市にとって、これは意外なことだった。そんな市を朝五郎はせせら笑っていた。市は大原を助けようと朝五郎一家に殴り込んだが、一足ちがいに大原は江戸に送られた。その後を追った市は峠で一行に追いつき、須賀や朝五郎らと悽惨な闘いをまじえ、彼らを倒して峠を一面の血の海に染めた。市は大原を助けることができたものの、朝五郎に裏切られた。彼の心は、何か虚しく、またひとり、何処ともなく旅だっていくのだった。


鈴木瑞穂                        細川俊之

題名:座頭市 牢破り
監督:山本薩夫
企画:伊藤武郎、宮古とく子
製作:永田雅一
原作:子母沢寛
脚本:中島丈博、松本孝二、 猿若清方
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:林土太郎
美術:西岡善信
擬斗:土井茂
記録:藤岡輝夫
編集:菅沼完二
音楽:池野成
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、三國連太郎、西村晃、浜田ゆう子、鈴木瑞穂、細川俊之、石山健二郎、遠藤辰雄、藤岡琢也、松下達夫、玉川良一、京唄子、鳳啓助、古川緑九、伊達三郎、酒井修
1967年日本・勝プロダクション+大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
-座頭市 牢破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎「座頭市 牢破り」

映画「十八歳、海へ」


森下愛子                                  永島敏行

今回は藤田敏八監督1979年製作「十八歳、海へ」をピックアップする。
本作は中上健次氏の原作「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章を映画化したもので、内容は1970年終焉を背景に青春の苛立ちと倦怠を “自殺ゲーム“ に獲り憑かれた予備校生男女の末路を描いたものだ。撮影は1979年6月27日にクランクインし8月3日にアップしたそうだ。


小林薫                                  島村佳江

【ストリー】
森本英介(小林薫)は、5年間も東京で浪人暮しをしており、郷里で病院を経営する父(鈴木瑞穂)とは、裏口入学のことでモメて以来、音信がない。ある夜、鎌倉で、英介は暴走族のリーダー(深水三章)と喧嘩になり、海に潜って、先に顔を上げた方が敗けという勝負をした。翌日、英介は予備校で有島佳(森下愛子)という女の子に声をかけられる。彼女は昨夜の一部始終を見ており、一緒にいた桑田敦夫(永島敏行)と、英介の真似をして、心中と間違えられたという。いきなり話しかけられてとまどう英介は、ホテルのボーイをしながら予備校に通っていることを彼女に話す。佳は、この夏、釧路から夏期講習を受けるために上京し、姉・悠(島村佳江)のところに居候していた。桑田は同じ予備校に通う二浪の男だ。ところで、佳は心中ごっこのとき、死と隣り合わせの瞬間に、このうえもない喜悦を感じたことで英介に興味を持ったのだ。そして、佳と桑田は英介のバイトするホテルで心中未遂を起こしてしまう。二人の収容されている病院に見舞いに行った英介は、そこで、佳の姉の悠と出会う。悠は小学校の給食をつくる仕事をしている。暫くして、悠は、ホテルの一件以来、自分のところから離れていた佳に、ロタ島行きのキップを渡してくれと英介に話す。それは、桑田から佳を離そうとする悠の心づかいだった。しかし、佳はキップを受け取ろうとせず、英介は悠と一緒にロタ島に行った。二人は旅を満喫する。旅から帰り、ホテルでバイトをしていた英介は、学会で上京していた父(鈴木瑞穂)と出会った。父は学会の開かれる箱根のホテルで話し合おうと話すが、英介は憎しみしか覚えなかった。その頃、経済的に行きづまった佳と桑田が、英介に助けを求めてきた。英介は、二人を父の名で、箱根のホテルに泊まらせることにした。翌日、英介は箱根の警察から連絡を受けた。箱根のホテルにいた佳と桑田の死の知らせであった。心中ごっこが本当の心中になるとは……。鋭い衝撃が英介を襲った。夏の終り、鎌倉の海に英介と悠の姿があった。二人は佳と桑田の行為を語りながら、自分たちが、別々の道を歩みはじめたことを感じていた。そして今、英介は自分のとまどいの季節が終ったことを意識しながら……。


小沢栄太郎、永島敏行、森下愛子                鈴木瑞穂、小林薫

題名:十八歳、海へ
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:佐々木志郎、結城良煕
原作:中上健次 「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章
脚本:田村孟、渡辺千明
撮影:安藤庄平
照明:新川真
録音:高橋三郎
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:チト河内 主題曲:ゴダイゴ 唄:加橋かつみ
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保郎
色彩計測:杉本一海
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、鈴木瑞穂、小沢栄太郎、深水三章、下絛アトム、小松方正、堀永子、小中陽太郎
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
十八歳、海へ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森下愛子、永島敏行                        小林薫、島村佳江

1 2 3 5