映画「錆びたナイフ」


石原裕次郎                                                     北原三枝

今回は舛田利雄監督1958年製作「錆びたナイフ」をピックアップする。
本作は日活の看板俳優総出で石原慎太郎氏原作の小説を映画化したものだ。石原裕次郎さんが歌った同名主題歌は、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。ロケーション撮影は、福岡県北九州市門司で行われたそうだ。


小林旭、白木マリ                北原三枝、石原裕次郎

【ストリー】
--さる新興の工業都市。勝又運輸の社長勝又(杉浦直樹)が、検察庁に召喚された。狩田検事(安井昌二)の鋭い追求も、後難を怖れた被害者と目撃者の沈黙の前には無力だった。その殺人事件はまたも迷宮入りとなった。が、5年前自殺した西田市会議長は他殺だという投書が届いた。投書の主、島原は目撃者として自分の他に橘、寺田という二人の男を知らせてきた。しかし、島原(宍戸錠)は西下の途中、何者かに列車から突き落されて死んだ。橘(石原裕次郎)は町はずれのバー・キャマラードの支配人だ。かつて、やくざであり、恋人のために人を殺した。前科者。彼は平凡な市民になることが念願だった。アナウンサーの啓子(北原三枝)がこのバーに遊びにきて、この男に惹かれた。彼女の許婚者は橘と学校友達で間野(弘松三郎)といい、紳士として評判の高い市会の実力者間野真吾(清水将夫)の息子だ。啓子が持参した街頭録音のテープで、橘は5年前の自分の恋人が暴行された事件は大勢の男が関係していることを知った。寺田(小林旭)が彼にかくれて、勝又から金を貰い、ズべ公の由利(白木マリ)と遊び廻っていたことを知り、橘は寺田を怒鳴りつけた。寺田は兄貴の恋人暴行事件の張本人は勝又だと捨ぜりふして飛び出して行った。勝又は何者かから無線機による指令を受けていた。小僧ヲ整理シロ。寺田は勝又に死のトラックに乗せられたが、橘が追ってきて救った。橘が勝又を縛り上げ、検察庁に着いたとき、先に知らせにきた寺田は、どこからか飛来してきた銃弾に倒れた、--護衛に高石刑事がいたのに。--新聞は勝又の逮捕で町が明るくなるだろうと一斉に書きたてたが、勝又が差し入れの毒まんじゅうで自殺し、あっけない幕切になった。が、はたして、そうか。橘は勝又の後に黒幕がいることに気づいた。彼は警察の裏庭で高石刑事が怪しい男と連絡しているのを見た。彼はイヌだったのだ。橘は無線機を使って、黒幕の男を海岸におびきだした。啓子は無線機のその声に思い当り、間野邸の真吾の居間へ行き、そこに無線機を見た。間野が仕込杖で高石を殺した直後、橘は海岸に着き、間野を面罵した。乱闘。彼が錆びたナイフを振り上げた時、啓子が必死にとめた。間野は自分の子分の車にひかれて死んだ。危く罪を重ねかけた自分、--橘は砂山をトボトボとたどった。啓子は狩田検事に励まされ、彼の後を追って行った。


宍戸錠                        杉浦直樹

題名:錆びたナイフ
監督:舛田利雄
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
脚本:石原慎太郎、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝 主題歌:石原裕次郎「錆びたナイフ」
製作主任:中井景
助監督:河辺和夫
出演:石原裕次郎、北原三枝、小林旭、宍戸錠、白木マリ、安井昌二、杉浦直樹、清水将夫、河上信夫、相原巨典、弘松三郎
1958年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ90分35mmフィルム
錆びたナイフ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石原裕次郎、北原三枝                石原裕次郎