映画「馬鹿まるだし」


ハナ肇                              桑野みゆき

今回は山田洋次監督1963年製作「馬鹿まるだし」をピックアップする。
本作は、”馬鹿シリーズ”の第一作であり、撮影の高羽哲夫氏のデビュー作、山田監督の喜劇初作品である。
1969年から山田監督と組んで”男はつらいよ”シリーズ全48作と続く。

1963年「馬鹿まるだし」共演:桑野みゆき
1964年「いいかげん馬鹿」共演:岩下志麻
1964年「馬鹿が戦車でやって来る」共演:岩下志麻


長門勇                             渥美清

【ストリー】
シベリヤ帰りの松本安五郎(ハナ肇)は、外地に抑留される和尚をもつ浄念寺にころがりこんだ。若くて美しい住職の妻の夏子(桑野みゆき)に安五郎は秘に恋慕していた。堂々たる風貌と腕ぷしの強さで安五郎は、早くも町の人気者となった。そのきっかけは、町の劇場に出演中の怪力スーパーマンを負かした事件が、町中に広まったからだ。以来、安五郎には乾分(犬塚弘)も出来、又一軒の家を構えて、町のボスとなった。インフレの波がこの瀬戸内海の小さな町にも押しよせて来た。町の工場にも労働争議が起きた。おだてられた安五郎は、赤木会長(小沢栄太郎)に面談し、工員の要求を貫撤させた。ただ夏子に一言ほめてもらいたい、それが安五郎の行動の全ての動機なのだ。英雄となった安五郎の日々も、町の勢力を革新派が握ったことから急変した。何となく冷くなった町の人達の眼、そして夏子との間が噂となり浄閑寺への出入り禁止と痛手は大きかった。がある日ダイナマイトを持った脱獄囚の三人組が辰巳屋の静子(清水まゆみ)を誘拐して裏山ににげた。この時人の口にのぼったのが、大力をもつ安五郎だ。人の好い安五郎は名誉挽回と裏山にゆき静子を救ったが、その足元でダイナマイトが爆発し、両眼を失った。それから2年後、唯一筋に愛しぬいた夏子の、再婚の花嫁姿を見守る、杖にすがった盲目の老人。あの気風のいい、安五郎の変り果てた姿が白木蓮の匂う浄念寺にあった。夏子の涙にぬれた眼が安五郎に優しくそそがれているのも知らぬまま……。


ハナ肇、犬塚弘

題名:馬鹿まるだし
監督:山田洋次
企画:市川喜一
製作:脇田茂
原作:藤原審爾「庭にひともと白木漣」
脚本:加藤泰、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:松本隆司
調音:戸井田康国
美術:佐藤公信
装置:中島好男
装飾:鈴木八洲男
衣装:田口ワシエ
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純
語り:植木等
現像:東京現像所
助監督:不破三雄
色彩計測:倉橋芳宏
撮影助手:青木澄夫
照明助手:内田嘉夫
録音助手:鈴木正男
製作進行:末松昭太郎
スチール:梶本一三
出演:ハナ肇、桑野みゆき、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、長門勇、三井弘次、花澤徳衛、小沢栄太郎、渥美清、藤山寛美、高橋とよ、清水まゆみ、植木等(ノンクレジット)
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
馬鹿まるだし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、桑野みゆき                   植木等

映画「悪名一代」


勝新太郎                        田宮二郎

今回は安田公義監督1967年製作「悪名一代」をピックアップする。
本作は、勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。素手で相手を倒す事をモットーとする朝吉が、遂にドスを使ってしまったという”悪名シリーズ”の異色作になる。

悪名シリーズ


長門勇                              森光子


森光子、上田吉二郎、勝山まゆみ              浜田ゆう子

【ストリー】
行先も定めずふらりと山陰線の汽車に乗った朝吉(勝新太郎)は、渡り仲居のお澄(森光子)に初恋の男と間違われた。朝吉は人の善いお澄に勧められるままに、彼女の勤める旅館に泊った。ところがそこには、近くアメリカから帰国する伯母から三億円の遺産を相続することになっているという蔦江(浜田ゆう子)が軟禁されていた。見張りは女高校生環(勝山まゆみ)で、彼女の父はかつて朝吉に悪事をあばかれた沖縄の源八(上田吉二郎)だった。源八は朝吉に、3億円に目をつけた二代目シルクハット(長門勇)が蔦江を無理に妾にしたので助け出したのだと語ったが、朝吉は蔦江を奪って、シルクハットの家へ乗り込んだ。意外にも、そこには清次(田宮二郎)がシルクハットの妹お美津(坪内ミキ子)を女房にして住んでいた。朝吉はシルクハットを詰問したが、とても一筋縄でいく男ではなく、様子を見るため、当分の間居候することにした。一方、1年前、刃物を使って親分の朝吉に怒鳴られ、姿を消した清次は、朝吉の怒りを解こうと懸命だった。その頃、源八は3億を山分けすることにして新興やくざのお十夜一家にこの話を持ち込んだ。やがて、盆踊りの太鼓が鳴り出した日、蔦江の伯母お菊(本間文子)が帰ってきた。蔦江を押さえているシルクハット、お菊を抱き込もうする源八とお十夜一家。小さな町にやくざの策略と陰謀が入乱れた。その有様を静観していた朝吉だったが、清次がだまし討ちにあって重傷を負い、しかもお美津までが斬り殺されるに及んで立ち上った。お十夜一家に、乗り込み、初めてドスを手にして暴れ回った。その朝吉にお十夜(小池朝雄)は倒され、助け出されたお菊は蔦江と涙ながらの対面をするのだった。一方、シルクハットは妹のお美津の死にショックを受け、3億円を諦めた。朝吉はこうしてすべてが終った後、ひとり自首するために出ていくのだった。


坪内ミキ子                      勝新太郎

題名:悪名一代
監督:安田公義
企画:奥田久司
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:加藤茂
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村井昭彦
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、田宮二郎、森光子、長門勇、浜田ゆう子、坪内ミキ子、勝山まゆみ、上田吉二郎、小池朝雄、本間文子、早川雄三、北城寿太郎、毛利郁子
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
悪名一代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山陰本線C57蒸機

映画「吹けば飛ぶよな男だが」


「吹けば飛ぶよな男だが」緑魔子

緑魔子、なべおさみ              芦屋小雁、なべおさみ、佐藤蛾次郎

今回は山田洋次監督1968年製作「吹けば飛ぶよな男だが」をピックアップする。
本作は、山田監督が”男はつらいよシリーズ“を開始する1年前に撮った作品で、”寅”さんより”サブ”の方がシビアで悲哀度は深い。
この秀悦な脚本は、森崎東氏が係わっているからだろうか? 本作は山田監督作品で最優秀作ではないだろうか!
また緑魔子さんの何とも言えない摩訶不思議な魅力と、なべおさみさんの渾身の芝居は、渥美清さんとは別質の、情感豊かな魅力を出し切っている。特に素晴らしいのは、配役と美術が作品の底上げをしている事だと思った。


有島一郎、ミヤコ蝶々                      石井富子、犬塚弘

【ストリー】
サブ(なべおさみ)は偉い大幹部を夢見るちんぴらやくざ。ひと儲けを企んで兄弟分の鉄(芦屋小雁)やガス(佐藤蛾次郎)と共に神戸駅で張込んだ。三人が狙っているのは家出娘。そこへ現われた家出少女花子(緑魔子)は、彼らの誘惑にまんまと乗ってしまった。三人は早速兄貴株の喜やん(上方柳次)を先頭に花子を人里離れた林に連れだした。彼らの企みとは、ブルーフィルムの製作だったのだ。花子は撮影を泣いてこばんだ。そんな彼女を不憫に思った見張り番のサブは、仲間を裏切り花子とともに逃走した。連れ込み宿で夜を共にしたサブは、不幸な花子の境遇を知って親近感をもちはじめた。一夜明けて金がなくなると、サブは次のゼニ儲けにとりかかった。サブとガスは、エロ映画のポスターを見入っている中年男(有島一郎)を花子の待つ連れ込み宿に引っ張りこんだ。ところがこの男はいんねんをつけられた二人にビールをふるまうお人好し。サブは先生をやっているこの男とすっかり意気投合してしまった。そんなある日、サブは先生から、花子が妊娠していることを知らされた。だがそれは、サブの子ではなかった。頭にきたサブは大荒れ、チンピラと大喧嘩をやり、一人を刺して拘置所送りになってしまった。拘置所で平静さをとり戻したサブは、面会に来た花子と将来を誓いあった。だがサブの出所を待っていたのは、花子のはかない死だった。花子は自分のために罪を犯したサブを心配し、それがもとで流産し、その衰弱がひどく世を去ったのだ。ひとりぼっちになったサブは、花子の墓前でまともに生きることを誓った。それから数日後船員姿のサブを乗せて南方へ出発する船が港に見られた。


ミヤコ蝶々、有島一郎、なべおさみ                    なべおさみ

題名:吹けば飛ぶよな男だが
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:森崎東、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:小野里良
編集:石井巌
音楽:山本直純
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:柴田忠
監督助手:大嶺俊順
スチール:久保哲男
出演:なべおさみ、緑魔子、犬塚弘、芦屋小雁、佐藤蛾次郎、有島一郎、ミヤコ蝶々、上方柳太、上方柳次、佐山俊二、石井均、石橋エータロー、安田伸、石井富子、小沢昭一、長門勇
1968年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
吹けば飛ぶよな男だが -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緑魔子、なべおさみ、佐山俊二            吹けば飛ぶよな男だが

1 2