映画「でっかいでっかい野郎」

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
渥美清                          岩下志麻

今回は野村芳太郎監督1969年製作「でっかいでっかい野郎」をピックアップする。
北九州市若松市を舞台にした作品は「玄海つれづれ節」などあるが、本作は野村芳太郎監督による渥美清さん主演の第5作目になる。これは名優を起用はしても脚本が練られていないと消化不良になる思いの凡庸な作品になっている。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
中川加奈                        長門裕之

【ストリー】
南田松次郎(渥美清)は、どこへ行っても厄介もの。三池地区の保護司から紹介状を持たされ、父親の故郷若松で保護司をしている山口医院の院長山口(長門裕之)を訪れた。山口は夫人の静子(岩下志麻)や看護婦の友江(中川加奈)らを説得して、松次郎を家に置き、さらにダルマ船の清掃夫の就職まで斡旋した。だが、酒に目のない松次郎は、ベテラン船長原田(伴淳三郎)と大喧嘩。そのうえ、腐ったフグを仲間たちに喰わせ、またしても風来坊になってしまった。ところが、思わぬ事件のお蔭で一躍話題の人となった。それは、FBIから手配中の金塊の運び屋を叩きのめしたからだった。マスコミに騒がれ、無法松気どりの松次郎を優しくたしなめたのは辰吉の孫娘友江だった。そして、友江から初代無法松一代記を聞かされた松次郎は、すっかり感動。心の人を友江と定め、二代目無法松たらんとこれ勤めた。ところが、友江が夜になるとバーに勤め、さらに明(大野しげひさ)という恋人がいることを知って落胆、いずこへともなく姿を消してしまった。一方、友江は明との結婚を祖父辰吉に承諾してもらえず悩んでいた。そんなある日、松次郎は友江からその一件の相談を受けた。お人好しの松次郎は二人に同情、友江のために辰吉の退職金を盗み御用となってしまった。松次郎を取下げたのは、事の一部始終を知った辰吉だった。そして松次郎は霊験アラタカな白山神社に禁酒を誓った。しかし、効果は皆無、心の人友江の名を呟きながらやけ酒をあおるのだった。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
伴淳三郎                        香山美子
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
長門裕之、渥美清                  中川加奈、渥美清

題名:でっかいでっかい野郎
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美
脚本:野村芳太郎、永井素夫
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:玉生久宗
編集:浜村義康
音楽:林光
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
監督助手:吉田剛
スチール:小尾健彦
出演:渥美清、岩下志麻、香山美子、中川加奈、大野しげひさ、長門裕之、伴淳三郎、財津一郎、加藤嘉、坊屋三郎、野村昭子、大橋壮多、関敬六、谷幹一、佐藤蛾次郎、石井均
1969年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
でっかいでっかい野郎 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
野村昭子                        加藤嘉
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
関敬六、中川加奈                   坊屋三郎、渥美清
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
谷幹一                      中川加奈、渥美清、大野しげひさ
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
伴淳三郎、渥美清、岩下志麻、長門裕之        でっかいでっかい野郎

映画「大根と人参」

大根と人参大根と人参
笠智衆                         乙羽信子

今回は澁谷実監督1964年製作「大根と人参」をピックアップする。
本作は小津安二郎監督が「秋刀魚の味」の次回作として企画・立案していた脚本を監督の逝去(1963年12月12日)により澁谷実監督が映画化した経緯がある。小津監督作品と決定的に違う点は、スタンダードサイズからシネスコサイズへ、50mmレンズ1本撮りから普通のレンズ選択、ローアングルの固守から標準的なポジションでのキャメラの使い方をしている。小津安二郎監督は1923年~25年に松竹蒲田撮影所で撮影助手としてスタートした。その経験と知識からアンリ・カルティエ=ブレッソンのごとく50mmレンズとスタンダートサイズに最後まで拘った。その意味で本作は澁谷実監督作品であり、小津監督とは作風が違うので”小津安二郎記念映画”と銘打つには疑問が残る。

大根と人参大根と人参
長門裕之                        加賀まりこ

【ストリー】
山樹東吉(笠智衆)は内外商事の総務次長だ。長女の京子(岡田茉莉子)、次女の夏子(有馬稲子)、三女の晴子(司葉子)はすでに嫁いで、現在は妻の信代(乙羽信子)と末娘の恵子(加賀まりこ)との3人暮しの毎日だ。その恵子も、東吉の同窓鈴鹿剛平の息子三郎(三上真一郎)と婚約して、やがて巣立とうとしている。或る夜、山樹は同窓会の席上、ガンで療養中の秋山(信欣三)にその病名を知らせる可きか否かで鈴鹿(山形勲)と口論となり、ついに恵子、三郎の縁組もあぶなくなった。だが若い二人の心は、幸せでふくらんでいた。こんな山樹に、小さな事件が訪れた。東吉の世話で、内外商事に入社した弟の康介(長門裕之)が、会社の公金を100万使い込んだのだ。後始末を頼まれた東吉は、30年かけて築きあげた地位を守らんため、預金70万を康介に手渡した。そして残りの30万を証券会社から受け取ったまま、山樹は謎の失踪をした。急拠集まった娘夫婦や、康介は、今はやりの人間蒸発ではないかと、各人各様な推理を働かせては、信代を不安に陥し入れた。河野美枝(岩下志麻)が山樹家を訪れたのは、そんな時であった。美しい娘の登場に“事件の陰に女ありと”思わせたが、実は、美枝は戦争中山樹の愛人だった美枝の母との間に生れた娘であったのだ。そして、結婚の仲人を頼みに来たのだった。山樹が家出して10日たった。こちらは大阪のジャンジャン横丁。ポン引き、コールガールのたむろするホルモン焼き屋で、快気焔をあげる山樹東吉のうれしそうな顔がある。一方山樹家では、半ばあきらめて二週間目をむかえた。そんなある日、玄関の戸を開けて“帰ったよ”と平凡な声をかけて入って来た東吉の姿に、信代をはじめ、娘たちは呆然とした。恵子と三郎の結婚も決り、山樹家に静けさが訪れた頃、秋山は遂に死亡した。数日後、山樹は、鈴鹿に失踪の理由を「動機も理由もなく、美しい空を見ていたら、いつの間にか汽車にのっていた」と語った。

大根と人参大根と人参
岩下志麻                        有馬稲子

題名:大根と人参
監督:澁谷実
製作:城戸四郎
原案:野田高梧、小津安二郎
脚本:白坂依志夫、渋谷実
撮影:長岡博之
照明:小泉喜代司
録音:大村三郎
美術:芳野尹孝
編集:杉原よ志
音楽:黛敏郎
スチール:長谷川宗平
出演:笠智衆、乙羽信子、岩下志麻、加賀まりこ、長門裕之、山形勲、岡田茉莉子、司葉子、森光子、三宅邦子、有馬稲子、加東大介、三上真一郎、信欣三、池部良、桑野みゆき、加藤芳郎
1964年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム

大根と人参大根と人参
岡田茉莉子                       加東大介 
大根と人参大根と人参
笠智衆、乙羽信子                  笠智衆、山形勲

映画「にっぽん昆虫記」

にっぽん昆虫記
「にっぽん昆虫記」左幸子
にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
北村和夫、左幸子                 左幸子、春川ますみ

今回は今村昌平監督1963年製作「にっぽん昆虫記」bestを8月14日に新文芸坐「戦後75年 社会派の巨匠・今村昌平 映画を通して日本の社会を考える」で「赤い殺意」と併映で観て来た。35mmフィルム上映である。
本作は昆虫の様に本能本位で生きている人間群を、生物の生態観察の様に客観的に観察する捉え方をしている。
今村監督は「セットには自然な風が吹かない」との理由で、全てのシーンにおいてオール・ロケーション撮影で行われたそうだ。 私は70年代に再映を旧文芸坐で初めて観て、強烈な刺激を受けたのを思い起した。

にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
河津清三郎、吉村実子               小沢昭一、春川ますみ

【ストリー】
とめ(左幸子)は、母親の松木えん(佐々木すみ江)が忠次(北村和夫)を婿にもらって2カ月目に生まれた。母の乱れた生活の中でとめは育っていった。昭和16年23歳で、とめは高羽製紙の女工となったが日本軍がシンガポールを落した日、とめは実家に呼び返され、地主の本田家に足入れさせられ、出征する俊三(露口茂)に無理矢理抱かれた。翌年の秋とめは信子(吉村実子)を生み、本田の家を出て、信子を預け再び高羽製糸に戻った。がそこで係長の松波(長門裕之)と肉体関係を結び終戦を迎えた。工場は閉鎖となり実家に帰ったが、再開した高羽製糸に戻り、松波の感化で組合活動を始めた。過激なとめの活動は、会社に睨まれ、又、課長に昇進した松波からは邪魔とされた。高羽製紙をクビとなったとめは7歳になった信子を忠次に預け単身上京した。松川事件で騒然とした時であった。基地のメィドや売春宿の女中と、体を投げ出すとめの脳裏を、信子の面影が離れなかった。宮城前広場でメーデー事件があった数日後、基地のメイド時代に知り会ったみどり(春川ますみ)に会い、とめも共に外で客をとるようになった。信子への送金を増すためであった。問屋の主人唐沢(河津清三郎)がとめの面倒をみてやろうと言い出したのは、丁度こんな時だった。が、それもとめの豊満な肉体めあての愛のない生活であった。新しくコールガール組織を作ったとめは、どうやら生活も楽になり、念願の忠次と信子を故郷から呼んだ。しかし、それもつかの間心の支えであった忠次は亡くなりそのうえ、とめは仲間の密告から売春罪を課せられ刑に処した。刑期を終えたとめを今は唐沢の情婦となった信子がむかえた。恋人の上林(平田大三郎)と開拓村をやる資金欲しさに唐沢に体をあたえたのだ。契約期間が過ぎると信子は故郷へ帰り上林と開拓村をはじめていた。唐沢の店を持たしてやるからとひきとめる言葉を胸にとめは故郷の土を踏んだ。健康な二人を前にして、やはりとめの心は店をきりもりする安楽な母娘の姿を描いていた長い間の人生の波にもまれたとめが、最後にもとめたささやかな夢だったのだ。

にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
北村和夫、左幸子

題名:にっぽん昆虫記
監督:今村昌平
企画:大塚和、友田二郎
脚本:長谷部慶次、今村昌平
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
美術:中村公彦
録音:古山恒夫
記録:小林圭子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:磯見忠彦
スチール:斎藤耕一
出演:左幸子、吉村実子、河津清三郎、北林谷栄、佐々木すみ江、春川ますみ、長門裕之、北村和夫、小沢昭一、小池朝雄、岸輝子、相沢ケイ子、殿山泰司、桑山正一、露口茂、東恵美子、平田大三郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ123分35mmフィルム

にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
にっぽん昆虫記

1 2 3 10