映画「唐獅子株式会社」


「唐獅子株式会社」予告編より

横山やすし                        伊東四朗

今回は曽根中生監督1983年製作「唐獅子株式会社」をピックアップする。
本作は、伝説の天才漫才師横山やすしさんを主演で、小林信彦氏原作の同名小説の映画化したものだ。当時、テレビのレギュラー番組だけで9本もある横山やすしさんは超多忙だった為に、撮影は、週3日で、トータル30日の香盤が組まれ、1983年9月中旬~11月中旬に東映東京撮影所内でのスタジオ撮影が行われ、撮影の中盤には1983年10月に数日、大阪と神戸でロケーション撮影が行われたそうだ。


桑名正博                         甲斐智枝美

【ストリー】
3年ぶりに刑務所から出所した須磨組組員ダーク荒巻(横山やすし)は、島田組のチンピラに襲われ、九死に一生を得てようやく組の所在地にたどりついた。ところが、そこには、「唐獅子通信社」の見慣れない看板が……。親分の新し物病が始まったらしく、兄貴分の哲(伊東四朗)は専務と呼ばれ、組の様相は一変していた。翌日、ダークの出所祝が須磨邸で開かれた。シェフは親分の長男・安輝(木村一八)。コック姿で料理を運びやくざ稼業には全く関心がない。そこへ親分、義輝(丹波哲郎)の娘・輝子(斉藤ゆう子)が現れ、「これからはビデオの時代」と提案する。かくて、唐獅子ビデオの看板が掲げられた。さらに、親分は芸能社を作り、どこで見つけてきたのか新人歌手・伊吹ひとみ(甲斐智枝美)を東京のテレビ局主催のスーパースターコンテストで優勝させろと命令する。ところが、ひとみは体は魅力的だが、歌の方はカラッきしダメ。そして、ダークがマネージメント、原田(桑名正博)が歌のレッスンを担当することになった。デビュー曲も出来上がり、東京へ飛んだダークたちは、クラブでまずテレビ局のプロデューサーと評論家を買収する。そこに島田組が現われ、3人は捕まり、監禁された。翌朝、やっとの思いで抜けだしたダークたちは、コンテスト会場にギリギリで到着し、「唐獅子ロック」を歌ったひとみは優勝した。その夜、ダークの自分への愛の独り言を聞いたひとみは、彼に抱いてくれと告げるが断られ外に飛び出した。大阪に戻ったひとみは哲の前で、ダークにベタベタする。ある日、島田組がひとみのマンションにやって来た。居合わせたダークとひとみは逃げだし、やがてモーターボートでの闘争が始まった。そこに、島田組とダークの争いを心配していた栗林警部補(杉浦直樹)が助けに入り、足をゲガする。次の日、栗林を見舞ったダークとひとみは、奥さんに死なれ子供をたくさん抱えて困っている彼の姿を見た。坂津音楽祭当日、子供を連れてお祝いにかけつける栗林に、意を決してダークは「ひとみはあんたが好きだから嫁にもらってくれ」と頼む。そんなダークを哲が「よくやった。惚れた女を他人に渡すはのつらい」と慰めるのだった。


杉浦直樹                         丹波哲郎

題名:唐獅子株式会社
監督:曽根中生
企画:天尾完次
製作:井上眞介、木村政雄、林信夫
原作:小林信彦
構成:笠原和夫
脚本:内藤誠、桂千穂
撮影:鈴木耕一
照明:梅谷茂
録音:川島一郎
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:開米慶四郎
装飾:岡万雄
背景:上田義明
美粧:武藤佳子
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:西本良治郎
刺青:毛利清二
記録:勝原繁子
編集:西東清明
音楽:甲斐正人 主題歌:山本譲二「ローリング・ストーン」
現像:東映化学
製作調整:山田光男
製作主任:酒井喬ニ
演技事務:鎌田賢一
音楽事務:新井明美
水中撮影:中村征夫
助監督:田中雄二
音楽プロデューサー:高桑忠男、石川光
カー・スタント:高橋レーシング
宣伝担当:松田仁、荒井一郎、西嶋光弘、藤沢正博
スチール:関谷嘉明
出演:横山やすし、伊東四朗、桑名正博、甲斐智枝美、丹波哲郎、杉浦直樹、佳那晃子、風祭ゆき、中島ゆたか、斉藤ゆう子、荒勢、小野ヤスシ、岡本信人、成瀬正孝、阿藤快、安岡力也、なぎら健壱、明石家さんま、島田紳助、木村一八
1983年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
唐獅子株式会社 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


斉藤ゆう子                        なぎら健壱

唐獅子株式会社

映画「殺人遊戯」


松田優作                       中島ゆたか

今回は村川透監督1978年製作「殺人遊戯」をピックアップする。
本作は「最も危険な遊戯」に続く遊戯シリーズ第二弾で1979年に最終作「処刑遊戯」が製作されている。


竹田かほり                      佐藤蛾次郎

【ストリー】
鳴海(松田優作)は五年前、頭山会会長(今井健二)を殺害した時、目撃者である秘書の美沙子(中島ゆたか)を殺そうとするが殺さず、日本からぷっつり姿を消す。そして再び帰ってきた鳴海を港で待っていた舎弟、文太(阿藤海)と銀座のホステスの貸し金の取り立てをやっていると、五年前の目撃者、美沙子に会った。彼女は今では一流クラブ”アラビカ”のママで、暴力団、寿会会長の愛人でもあった。鳴海は寿会をたずね、勝田(佐藤慶)に会う。寿会は元々老舗のヤクザで、弟分だった愚連隊の花井組が最近のし上がってきたから、勝田は花井組が気に入らず、抹殺したいが、花井組はバックに関西の大組織を控えているから、なかなか手を出せなかった。花井も花井で関西の大組織を使って勝田を倒したくて仕方なかった。その後、花井の雇った殺し屋が、美沙子のクラブに来ていた勝田に発砲。負傷した勝田を見て、組員の二宮(桑原大輔)が激怒して、寿会を飛び出す。抗争中の勝田は鳴海に花井を2000万円で消すように依頼した。依頼を受けた鳴海。その時花井組の事務所に寿会を飛び出した二宮が猟銃を発砲。鳴海は花井に2,000万円以上だせば勝田を殺すと持ちかけるのであった。そんな時、二宮の恋人照子(竹田かほり)は花井組の植木(山西道広)に強姦され、自殺。そして花井組の組員が勝田組の二宮を殺していた。怒った鳴海は花井組を全滅させる。その時、勝田殺しを花井と契約した鳴海は、尾行していた寿会組員から勝田の居所を聞きだした。しかし、勝田の隠れ家の晴海埠頭の倉庫には縛りあげられて苦しむ文太の姿があった。人質作戦に鳴海はマグナムを捨て、多勢の組員に袋叩きにされた。夜になって、なんとか脱出した傷だらけの二人は、美沙子のマンションに逃げた。美沙子の手当てで傷の癒えた鳴海は勝田を殺すべく、寿会の事務所に向かった。組員との凄絶な撃ち合い、そして鳴海の弾丸を浴びて、倒れる勝田。勝田の次に、カウンターに座る美沙子にくちづけをし、殺害。鳴海は手紙と現金2,000万を文太に残して、羽田空港を飛び立っていった。


佐藤慶

題名:殺人遊戯
監督:村川透
企画:黒澤満、伊藤亮爾
脚本:播磨幸治、佐治乾
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:林鉱一
美術:入野達弥
美粧:入江美粧
衣装:第一衣装
技斗:グループ十二騎会(高倉英二・松尾悟)
記録:高橋たつ子
編集:田中修
音楽:大野雄二 挿入歌:松田優作「夏の流れ」
現像:東映化学
製作担当:青木勝彦
助監督:崔洋一
色彩計測:杉村博章
出演:松田優作、中島ゆたか、佐藤蛾次郎、阿藤快、草薙幸二郎、竹田かほり、桑原大輔、佐藤慶、今井健二、絵沢萠子、草野大悟
1978年日本・東映セントラルフィルム/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
殺人遊戯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中島ゆたか、松田優作                  佐藤慶

「殺人遊戯」松田優作

映画「祭りの準備」

祭りの準備祭りの準備
江藤潤                        竹下景子

今回は黒木和雄監督1975年製作「祭りの準備」をピックアップする。
本作は、昭和30年代の高知県中村市(現:四万十市)を舞台にした中島丈博氏の半自伝的脚本を基にシナリオライター志望の信用金庫に勤める青年が、地縁・血縁のしがらみの中でもがき苦しみながら旅立ちの日までを描いたものだ。劇中で引用される新藤兼人監督の「誰でも一本は傑作を書ける。自分の周囲の世界を書く事だ」をモチーフにしている。

祭りの準備祭りの準備
馬淵晴子                     桂木梨江

【ストリー】
昭和30年代初め、高知県中村市。沖楯男(江藤潤)20歳は、この町の信用金庫の外勤係であるが、毎日、東京へ出てシナリオ作家として身を立てることを夢みている。だが、母のときよ(馬渕晴子)は女狂いの夫・清馬(ハナ肇)と別居していて、一人息子の楯男を溺愛するあまり離そうとしない。楯男には心の恋人涼子(竹下景子)がいるが、彼女は政治運動に熱を上げており、シナリオを書く楯男にとっては常に片思いの存在であった。楯男の隣の中島一家は、暴れ者の利広(原田芳雄)と、兄の貞一(石山雄大)・美代子(杉本美樹)夫婦との奇妙な三角関係で成立している。利広が家にいる時は、貞一が刑務所に、貞一が家にいる時は利広が刑務所に、という次第の泥棒一家である。ある日、中島家の末娘タマミ(桂木梨江)が発狂して大阪から帰って来た。若い衆のセックスの対象となるタマミ。楯男は涼子のかなわぬ恋の失意の中でタマミと寝てしまう。数カ月後、タマミが妊娠した。彼女と同棲していた楯男の祖父茂義(浜村純)が子供の父であると名乗り出た。タマミは無事に子供を生んだが、その途端に正気に返った。だがその時からタマミは茂義を激しく嫌悪し、老人は首を吊った。オルグの男(斉藤真)に捨てられた涼子が楯男をセックスに誘った。涼子への夢が破れた楯男は、一人、東京へ旅立つことを決心した。駅の待合室で楯男は、殺人容疑で追われている利広に出会った。「バンザイ!バンザイ!」利広一人の歓声に送られて、楯男は故郷を旅立っていった。

祭りの準備祭りの準備
原田芳雄                         ハナ肇

題名:祭りの準備
監督:黒木和雄
企画:多賀祥介
製作:大塚和、三浦波夫
脚本:中島丈博
撮影:鈴木達夫
照明:伴野功
録音:久保田幸雄
美術:木村威夫、丸山裕司
記録:小林日出
編集:浅井弘
音楽:松村禎三
現像:東洋現像所
監督補佐:後藤幸一
監督助手:石山昭信
撮影機材:三和映材社
照明機材:幸和照明
スチール:三浦波夫
出演:江藤潤、馬淵晴子、桂木梨江、原田芳雄、竹下景子、ハナ肇、浜村純、原知佐子、絵沢萠子、杉本美樹、芹明香、犬塚弘、阿藤快、森本レオ
1975年日本・綜映社+映画同人社+ATG/ビスタサイズ・カラー117分35mmフィルム
祭りの準備 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

祭りの準備祭りの準備

1 2