映画「遠野物語」


原陽子                      仲代達矢、隆大介

今回は村野鐵太郎監督1982年製作「遠野物語」をピックアップする。
本作は柳田國男氏の「遠野物語」と阿伊染徳美氏の「わがかくし念仏」をペースに 岩手放送開局30周年記念映画として制作された。撮影は岩手県遠野市(南部曲り家・千葉家、旧宮守村)、山形県鶴岡市(湯殿山注連寺・七五三掛桜)のロケセットで行われたそうだ。


江波杏子                    滝田裕介、藤村志保、原陽子

【ストリー】
明治37年、日露戦争の頃。岩手県南部遠野郷の豪農、佐々木家の一人娘小夜(原陽子)は、17歳になった。この日、霊山・早池峰の麓の寺では、オシラサマの祭りが行なわれていた。オシラサマとは養蚕の神で、馬に乗り天に昇った玉依伝説以来の信仰である。その夜、佐々木家では旅の琵琶法師乙蔵(仲代達矢)を招いていた。澄んだ琵琶のひと打ちで始まる「清悦物語」。その琵琶の音に門の前でじっと耳を傾けていた若者がいる。3年間の兵役を終えて、いま帰ってきた武夫(隆大介)である。武夫の家は、かつては佐々木家と並ぶ豪農であったが、父の代で没落し、いまでは佐々木家の小作として働いている。武夫も帰って来た翌日から佐々木家の馬小作となった。厩舎には、長男初太郎(役所広司)が目をかけている白馬がいた。その白馬には不吉な印<星>があった。武夫の前に小夜が現われ声をかけるが、武夫は頭を下げるとそのまま行ってしまう。二人は子供の頃から許婚の間柄だったが、武夫の家の没落で自然消滅、それでも小夜の思いは変わらないようであった。やがて日露戦争が激しくなり、小夜には縁談が持ちこまれる。思いあまった彼女は、武夫に相談しようとするが「住む世界が違います」と突っぱねられた。早池蜂の八幡神社の祭りの日、佐々木家の白馬は神馬に見たてられ、そして遠野独特の神楽舞いが始まった。この数日後、小夜は草刈り場で働く武夫を訪ね本心を問うが、武夫は何も言わず帰ろうとした。その手を押さえる小夜、だが彼は小夜の手を振りほどくのであった。そこへやってきた初太郎に、乱暴されたと小夜は言う。その夜、彼女は厩舎をたずねた。闇の中の武夫は、初太郎に鞭で打たれて傷だらけだった。思わず後ずさる小夜を、武夫は初めて抱きしめた。この後、武夫の姿は村から消えた。そして、ある夜乙蔵が小夜を訪ね、武夫からの預り物だと言って美しい柄の着物がたたまれている包みを渡す。この日から小夜は、何か心に決めたようで、両親にはっきりと縁談を断り、粉雪の舞う中、裸足でお百度を踏む。怒った両親は娘を部屋にとじこめた。ある夜、厩舎の白馬が柵をこわして走りだし、小夜も武夫から贈られた晴着を着て原野へと走り出した。失踪に気づいた家の者たちは騒ぎだす。その頃、早池峰山の稜線には、青白い炎に包まれて疾駆する白馬があった。その背ではロシア戦線にいるはずの武夫が、純白の軍服に身を包み、しっかりと小夜を抱いていた。白馬はたてがみをなびかせて、天に向かって駆けぬけていった。


原陽子、仲代達矢                    役所広司

題名:遠野物語
監督:村野鐵太郎
企画:河野逸平、原正人
製作:太田俊穂、佐藤正之、村野鐵太郎
原作:柳田國男「遠野物語」、阿伊染徳美「わがかくし念仏」
脚本:高山由紀子
撮影:吉岡康弘
照明:山田和夫
録音:日吉裕治
音効:小倉信義
美術:間野重雄、神田明良
装飾:中道正伸
結髪:小田節子
衣装:新井喜一(京都衣装)
編集:諏訪三千男 ネガ編集:青木千恵
記録:宮崎信恵
音楽:姫神せんせいしょん
現像:東洋現像所
プロデューサー:菅原正、久原正之
製作担当:林秀樹
製作助手:北島和久、渡辺螢子
監督補:笠倉隆
撮影補:馬場順一
助監督:鈴木政信、吉岡敏朗
撮影助手:下元哲
照明助手:熊谷茂、浅井勉、大里耕治
美術助手:正田俊一郎
編集助手:磯谷実
琵琶指導:川野虎雄
俳優担当:北川義浩、進藤淳一
協力:岩手県、遠野市、和賀町、山形県朝日村
スチール:西川ひろし
出演:隆大介、原陽子、江波杏子、仲代達矢、藤村志保、滝田裕介、役所広司、片桐夕子、峰岸徹、川口敦子、井川比佐志、菅井きん、葉山良二、長岡輝子
第35回サレルノ国際映画祭グランプリ受賞
1982年日本/スタンダードサイズ・カラー110分35mmフィルム
遠野物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


江波杏子、原陽子                    遠野物語

映画「乱」


今回は黒澤明監督1985年製作「乱」をピックアップする。本作はシェークスピアの「リア王」をベースに毛利3兄弟の骨肉の争いを描く、フランスとの合作で製作費27億円を投じた壮大な時代劇だ。中でも富士山の裾野に作った城のロケ・セットだけでも4億円を投じたそうだ。黒澤監督は、長い芝居を複数台のキャメラを同時に回し、ワンシーン・ワンカットで撮影するという手法を取っている。この手法で俳優・スタッフの緊張感を高め、リアルな迫力ある画になっているが、ライティングに時間が必要な事は予想出来る。

※Powerd by Meta Slide Pro


「乱」4Kデジタル修復版が2017年4月1日公開!詳しくはこちら


題名:乱
監督:黒澤明
脚本:黒澤明、小国英雄、井手雅人
製作総指揮:古川勝巳
製作:原正人、セルジュ・シルベルマン
撮影:斎藤孝雄、上田正治
照明:佐野武治
録音:矢野口文雄、吉田庄太郎
整音:安藤精八
音効:三繩一郎
美術:村木与四郎、村木忍
衣裳:ワダエミ
視覚効果:中野稔(デン・フィルム・エフェクト)
殺陣:久世竜、久世浩
編集:黒澤明
音楽:武満徹
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:イーストマンコダック
現像:東洋現像所
ゼネラル・プロダクション・マネージャー:ウーリッヒ・D・ピカール
プロダクション・コーディネーター:黒澤久雄
プロダクションデザイン:野上照代
演出補佐:本多猪四郎
撮影協力:中井朝一
監督助手:岡田文亮
狂言指導:野村万作
スチール:原田大三郎、佐藤芳夫
出演:仲代達矢、寺尾聰、根津甚八、隆大介、原田美枝子、宮崎美子、井川比佐志、ピーター、油井昌由樹、植木等、加藤武
1985年アカデミー衣裳デザイン賞、英国アカデミー賞メイクアップ賞、外国語映画賞、全米映画批評家協会最優秀作品賞・撮影賞、ニューヨーク映画批評家協会外国語映画賞
1985年日本・フランス/ビスタサイズ・カラー162分35mmフィルム
乱 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

【ストリー】
過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将一文字秀虎(仲代達矢)は七十歳を迎え、家督を三人の息子に譲る決心をした。「一本の矢は折れるが、三本束ねると折れぬ」と秀虎は、長男太郎(寺尾聰)は家督と一の城を、次郎(根津甚八)は二の城を、三郎(隆大介)は三の城をそれぞれ守り協力し合うように命じ、自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。隣国の領主藤巻(植木等)と綾部(田崎潤)もこれには驚いた。しかし、末男三郎は三本の矢を自分の膝に当てて無理矢理へし折り、父秀虎の甘さをいさめた。秀虎は激怒し、三郎と重臣の平山丹後の二人を追放した。藤巻はその三郎の気性が気に入り、藤巻家の婿として迎え入れることにした。一方、太郎の正室楓の方(原田美枝子)は、秀虎が大殿の名目と格式を持っていることに不満を抱き、太郎をそそのかして親子を対立させた。実は楓の方は親兄弟を秀虎に滅ぼされた上、一の城もとりあげられているという過去をもっていた。太郎の態度に怒った秀虎は一の城を飛び出して二の城へ向かったが、二の城の次郎とその重臣、鉄(井川比佐志)、白根(児玉謙次)、長沼(伊藤敏八)の野望は一の城を手中にすることにあったため、秀虎は失意のうちに三の城へ向かわざるを得なかった。だがここにも悲劇は待ちうけていた。太郎と次郎が軍勢を率いて秀虎を攻めてきたのだ。三の城は陥落、秀虎の郎党、侍女たちは全員討死し、太郎も鉄の鉄砲に狙い撃たれて死んだ。秀虎はこの生き地獄を目の当りにして自害しようとしたが太刀が折れて果たせず、発狂寸前のまま野をさまよい歩く。夫の死を知らされた楓の方は一の城に入った次郎を誘惑、正室の末の方を殺して自分を正室にするよう懇願した。その頃、藤巻の婿になった三郎のもとに、秀虎と道化の狂阿彌が行くあてもなくなっているという知らせが丹後から届いた。三郎は即座に軍を率いて秀虎救出に向かい次郎軍と対峙した。それを見守る藤巻軍と、あわよくば漁夫の利を得ようとす綾部軍。三郎は陣を侍大将の畠山にまかせ、丹後、狂阿彌(ピーター)と共に父を探しに梓野に向かった。果たして秀虎はいた。心から打ちとけあう秀虎と三郎。が、その時一発の銃弾が、三郎の命を奪い、秀虎もあまりのことに泣き狂い、やがて息絶えた。そして一の城は綾部軍に攻め込まれ、落城寸前だった。一文字家を滅ぼしたのは楓の企みだったとして、鉄は楓を一刀のもとに斬り殺した。梓野では、秀虎と三郎の死体を運ぶ行列が続き、彼方には以前秀虎が滅した末の方の生家梓城の石垣だけが見えている。その石垣の上には以前秀虎に命と引きかえに両眼をつぶされた末の弟の鶴丸の姿があった。