映画「まむしの兄弟 懲役十三回」


菅原文太                         川地民夫

今回は中島貞夫監督1972年製作「まむしの兄弟 懲役十三回」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。 本作はシリーズ第3作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


天知茂                     菅原文太、川地民夫、潮健児

【ストリー】
昭和10年13回目の服役を終えたゴロ政(菅原文太)と勝(川地民夫)は、刑務所内で兄弟分になった浅草菊村一家の弥之助(天知茂)を頼って東京へと向う。東京駅についた政と勝は、神戸から来た殺し屋と間違えられ、出迎への男どじょう辰(潮健児)の案内で、浅草へ連れていかれる。吉原東竜会の親分岩淵(天津敏)が関西同友会から狙われ、殺し屋潜入の情報を得た辰は、二人を骨抜きにして手柄をたてようとしていたのだ。二人にレビューを見せたり、カフェーで飲ませたりの大サービス。ところが吉原遊廓へ二人を送りこんだところまではよかったが、その頃、岩淵は本物の刺客に襲われた。松浦楼に置いてきぼりされた無一文の二人は遊興費代りに小間使いとして働かされるハメとなる。政は何とか金を作ろうと、東竜会の賭場に出かけるが、辰に発見され、簀巻きにされて隅田川へ投げ込まれる。だが運よく山谷の女スリお熊(高橋とよ)に助けられる。政は岩淵を脅迫するが、その度胸を買われ、菊村一家を痛めつけてくれと頼まれてしまう。一方、客の用足しにでた勝は、伝法院境内で政と会い、衆議一決。二人はそれぞれ預った金を持ってドロンを決め込むが、お熊にあり金全部をすられてしまう。それとは知らず古着屋で洋服を新調した二人は店主から盗人呼ばわりされ、かけつけた東竜会の組合員と大乱闘。そこへ仲裁に入ったのが弥之助だった。政は弥之助からもらった金で、かねてより岡惚れのレビューガール雪子(光川環世)のアパートに押しかけるが、雪子は、東竜会の借金で追われる情夫譲次(荒木一郎)から呼びだしがかかり、生まれたばかりの子供を政に預けて九州へ逃げる。その頃、菊村一家では先代の追善興行として浪曲大会を催そうとするが、岩淵は浅草中の小屋主をおどして劇場を押さえてしまう。ある日、雪子が譲次に棄てられて浅草に戻ってきたが、これを嗅ぎつけた東竜会は借金の代りに雪子を松浦楼へ売りとばす。政と勝は、松浦楼へかけつけて彼女を奪い返したが、岩淵はその足抜きを理由に弥之助を殺してしまう。サイドカーを奪った政と勝は狂気の如く東竜会へと殴り込む。


雷門ケン坊、高橋とよ                  小池朝雄

題名:まむしの兄弟 懲役十三回
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、佐藤雅夫
原案:斯波道男
脚本:高田宏治、中島貞夫
撮影:増田敏雄
照明:中山治雄
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:米沢勝
装飾:清水悦男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:谷明憲
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
進行主任:眞沢洋士
助監督:依田智臣
演技事務:西秋節生
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、光川環世、三島ゆり子、天知茂、嵐寛寿郎、小池朝雄、高橋とよ、雷門ケン坊、天津敏、荒木一郎、北村英三、潮健児、谷村昌彦、村井国夫、武智豊子、女屋実和子、集三枝子、志賀勝
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
まむしの兄弟 懲役十三回 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


光川環世                       天知茂、嵐寛寿郎

映画「ハレンチ学園」


児島みゆき                        雷門ケン坊

今回は丹野雄二監督1970年製作「ハレンチ学園」をピックアップする。
本作は、週刊少年ジャンプに連載(1968年11号から1972年41号)された永井豪氏の人気漫画「ハレンチ学園」を実写映画化したものである。以降、1970年「ハレンチ学園 身体検査の巻(監督:丹野雄二)」1970年「ハレンチ学園 タックルキスの巻(監督:林功)」1971年「新・ハレンチ学園(監督:林功)」が日活で制作された。


宍戸錠                          小松方正

【ストリー】
今日は「聖ハレンチ学園」の卒業式。居並ぶ在校生の中には、山岸(雷門ケン坊)、袋小路(大谷潤)、風間(渡辺史郎)、柳生みつ子(児島みゆき)の顔が、一方教師側には校長(上田吉二郎)以下荒木(小松方正)、吉永(藤村俊二)、木戸(大泉滉)の神妙な顔がみえる。「仰げば尊し」の歌声は流れているものの、歌っているのは教師だけで生徒たちはまったく無視した態度。そこへ教育委員到着の知らせが入ったが校長はこの醜態を見せては、補助金打ち切りになりかねぬと無事卒業式は終了したと報告し、教育委員の目をごまかすのだった。山岸たちはこの事実をネタに、教師を強迫、全員にオール5を認めさせた。しかし、その反動として、荒木は男生徒を檻に入れ、木刀をふりまわした。そこに現われ、生徒の人望を集めたのは新任の体操教師マカロニ(宍戸錠)だった。一方、吉永は女生徒にビキニを着せて楽しんでいたが、それを知って学園内をデモる山岸たちと対決した。そんなハレンチぶりは美人でミニスカートのよく似合う西尾みどり(うつみみどり)が赴任してきて、頂点に達した。みどりのスカートをめくることに端を発したイタズラの数々は、エスカレートし校内は大騒動となった。その騒動もおさまらぬまま、修学旅行の日がやってきた。その趣旨はただ喰い、踏み倒しを実践し、悪いことを身をもって教えるというもので、生徒からの旅行代はすべて芸者代になった。大広間での餐会は、教師、先生、芸者入りみだれての野球拳大会に変貌し、大俗場では、みどり以下女生徒のストリップとハレンチきわまる旅行とあいなった。そして、その延長が学園まで持ち込まれ、いまでは全く手のつけられない状態となっている。


由利徹、上田吉二郎、大泉滉               藤村俊二

うつみみどり                      左卜全

小桜京子、石井均                  武智豊子、十朱久雄 

児島みゆき                         小松政夫

題名:ハレンチ学園
監督:丹野雄二
企画:園田実彦
原作:永井豪
監修:阿部進
脚本:山崎巌、鴨井達比古
撮影:高村倉太郎
照明:三尾三郎
録音:高橋三郎
美術:川原資三
擬斗:渡井喜久雄
編集:近藤光雄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作担当:大橋和男
色彩計測:舟生幸
助監督:小沼勝
スーチル:土屋豊
出演:児島みゆき、雷門ケン坊、宍戸錠、小松方正、藤村俊二、うつみみどり、川口恒、岡崎二郎、十朱久雄、武智豊子、石井均、小桜京子、ミッキー安川、なべおさみ、由利徹、大泉滉、上田吉二郎、左卜全、小松政夫、大谷潤、渡辺史郎、星野みどり、増田ひろ子
1970年日本・日東プロダクション+ピロ企画/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
ハレンチ学園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハレンチ学園