映画「ホラ吹き太閤記」


「ホラ吹き太閤記」浜美枝

植木等                                 浜美枝

今回は古澤憲吾監督1964年製作「ホラ吹き太閤記」をピックアップする。
本作はクレージー・キャッツの ”時代劇シリーズ” 第1弾で全4作が制作された。内容は植木等さん扮する木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉が、要領よく立ち回り出世していくサクセスストーリーだ。エキストラの数、合戦の空撮など撮影予算は大きい作品である。撮影の一部は、姫路城で行われたそうだ。


藤山陽子                                ハナ肇

「ホラ吹き太閤記」浜美枝

谷啓                                  東野英治郎

【ストリー】
時は戦国、無責任の世。三河の国の宿場町に、陽気な風来坊が現われた。その名は日吉丸(植木等)「今においらの天下がくるぞ、ブワーッと行こうぜ、イッチョかきまわせ……!」と吹きまくる進軍ラッパがあたりにこだました。これを聞き知った野盗の大親分・蜂須賀小六(東野英治郎)は彼の将来性に舌をまき、低姿勢で主従固めのサカズキ。これにこたえようと、日吉丸は奇策縦横の奮戦ぶり。しかし、大望をいだく日吉丸は、これに満足せず、参稼報酬として親分からまき上げた名刀村正を肩に、意気揚々とおさらばした。天下をとるには、優秀な大名に仕官するのが早道。そこで名だたるワンマン織田信長(ハナ肇)のもとで雑役夫として働くことになった。名も木下藤吉郎と変えて大張切り。そんな藤吉郎に厩番頭の娘・寧子(浜美枝)は首ったけだ。これにノボセあがった藤吉郎、無責任に赤ん坊をこさえて、寧子とスピード婚約。この大活躍が総大将信長に認められて、藤吉郎は、台所役人にとりたてられた。そして、ここでも、みごとに経費を3割も節約し、大いに面目をほどこした。この頃信長の清洲城は猛台風で大損害を受け、さらに敵方今川義元(藤田進)の放った忍者部隊にひっかきまわされ遅れほうだい。これを知ってかってでたのが藤吉郎。たちまち城を三日間で修理してしまった。これを知った今川義元、遅れてはならじと、一気に織田勢めがけて猛攻撃をかけてきた。が、ここでも藤吉郎、足軽頭として出陣し、敵を蹴ちらして大暴れ。みごとに敵将義元の首を討ちとる大殊勲をあげた。かくて藤吉郎、侍大将に取りたてられ、さらに飛躍的な前進を続けていくのであった。


有島一郎                                  草笛光子、谷啓

人見明                                      藤山陽子

題名:ホラ吹き太閤記
監督:古澤憲吾
製作:渡辺晋、森田信
脚本:笠原良三
撮影:西垣六郎
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:北猛夫
振付:竹部董
編集:黒岩義民
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌:植木等「だまって俺について来い」
現像:東洋現像所
製作主任:島田武治
監督助手:清水勝弥
協力:国宝姫路城 管理事務所
スチール:岩井隆
出演:植木等、浜美枝、ハナ肇、谷啓、藤山陽子、草笛光子、藤木悠、有島一郎、東野英治郎、人見明、大友伸、田武謙三、青島幸男、潮万太郎、北川町子、藤田進、石黒達也
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー98分35mmフィルム
ホラ吹き太閤記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ホラ吹き太閤記」植木等                         ハナ肇

映画「クレージーの怪盗ジバコ」


「クレージーの怪盗ジバコ」浜美枝

植木等                                 浜美枝

今回は坪島孝監督1967年製作「クレージーの怪盗ジバコ」をピックアップする。
本作は、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第10弾で全14作が制作された。
変装の名人・怪盗ジバコを、オプチカル・マスク合成を巧みに使ってクレージー・キャッツのメンバー全員が“七人一役”で演じている。


谷啓                                   ハナ肇

豊浦美子                              浜美枝、犬塚弘

【ストリー】
人相、年齢、国籍不明の国際的大怪盗ジバコ(植木等)が、予告つきで日本にやってきた。何しろ、ゴリラからマリリン・モンローまで化けることが出来、その上、いかなる錠前もあけることが出来るという怪盗で、世界各国の銀行を破産させること138回、内閣を総辞職に追い込むこと3回、そのために更迭させられた警視総監はその数を知らず、という経歴の持主だから、警視庁が色めきたったのも当然だった。やがて警官が待機する空港に下りたジバコは、鈴木刑事(谷啓)に変装して消えてしまったが、警察に捕ったのは本物の鈴木刑事で、彼はそのためクビになってしまった。同じ日、日本に観光団を装って来た男たちこそ世界を股にかけて悪事を働く窃盗団W・C・W・C一味だった。ジバコは明智少伍郎(ハナ肇)ら捜査陣に、日本民族の遺産たる美術品を盗むと予告した。そんな出来事の中で、東西観光の社長秘書ナナ(浜美枝)は、ひょんなことからジバコと一夕を共にし、その写真を新聞に発表して有名になった。ジバコもナナにはいつにない感情がわいてくるのを覚えるのだった。ジバコは狙う獲物のあるやまと美術館に忍び込み、義経の黄金の太刀を見て驚いた。それは偽物だったのだ。ジバコはその時初めて窃盗団の存在を知ったのである。名誉を傷つけられて憤然と立ち上ったジバコはW・C・W・C一味を粉砕すべく、鈴木に協力を申入れた。名うての悪党ぞろいのW・C・W・C一味も変幻自在のジバコにはかなわず、鈴木の活躍もあって一網打尽にされた。ジバコはそれが済むと、いつか愛しあうようになったナナを連れて再び国外に去って行った。


「クレージーの怪盗ジバコ」浜美枝

左卜全                              石橋エータロー

東野英治郎                             青島幸男

立川談志                               谷啓、ハナ肇

題名:クレージーの怪盗ジバコ
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、五明忠人
原作:北杜夫「怪盗ジバコ」
脚本:田波靖男、市川喜一
撮影:内海正治
照明:小島正七
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:育野重一
振付:小井戸秀宅
衣裳:藤崎トシエ
記録:米山久江
編集:武田うめ
音楽:宮川泰 主題歌「ジバコの唄」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:堤博康
助監督:浅野正雄
スチール:岩井隆志
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、浜美枝、豊浦美子、桜井センリ、犬塚弘、石橋エータロー、安田伸、進藤英太郎、東野英治郎、藤田まこと、アンドリュー・ヒューズ、人見明、左卜全、青島幸男、立川談志、木の実ナナ
1967年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
クレージーの怪盗ジバコ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


植木等                          豊浦美子、谷啓、浜美枝、植木等

クレージーの怪盗ジバコ

映画「クレージーのぶちゃむくれ大発見」


植木等                                                                       中山麻理

今回は古澤憲吾監督1968年製作「クレージーのぶちゃむくれ大発見」をピックアップする。
本作は、植木等さん主演の “クレージー作戦シリーズ” 第12弾(1969年1月公開)で全14作が制作された。
内容はコンピューターに支配される世界を予見したもので、記憶装置にインチテープデバイスを使った計算機が登場する。
その他にも1968年に建築された目黒台マンション(現存)や改築前の熱海後楽園ホテルなどが映っている。


ハナ肇                                                                   植木等、谷啓

谷啓、中山麻理

【ストリー】
東西電気の花川戸(ハナ肇)は、課長のイスを賭けて、コンピューターの売込みにハッスルしていた。連日連夜、美人ホステス好子(中山麻理)のいる高級クラブ・アンブレラに得意先を接待し、売込みは成功するかにみえた。だが、政界の大ボス鬼熊(東野英治郎)をバックにするABCマシンに逆転されてしまった。こうなるとコンピューターは非情なもの。花川戸の課長昇進は見送り、アンブレラへの支払は後廻しにせよとの結論をだした。これにたまりかねたアンブレラのマネージャー植村(植木等)は、東西電気を訪れ、プログラマーの谷井(谷啓)に未収金の支払を頼んだ。ところが谷井は、データを間違え、好子の口座にツケが振込まれてしまった。しかも肝心の好子は行方不明。三人は、早速、好子探索にのりだし、秘密探偵の犬丸(犬塚弘)と留吉(桜井センリ)を雇った。だが、二人ともコンピューターほど、あてにはならなかった。探偵社たのみにならずとみた植村は、街頭易者安西(安田伸)にうらなってもらったが、当らぬも八卦だった。三人が好子を発見したのは、彼女が何者かに殺害された後だった。万策つきた植村らは谷井の発期した超ミニコンピューターを好子の頭脳に、はめこもうとヤブ医者石渡(石橋エータロー)に頼んだ。コンピューターに誤診を指摘されくさっていた石渡は、汚名挽回とばかりその移植手術に挑んだ。手術は大成功、人工美女好子が颯爽と登場した。これに驚いたのは、好子を殺した鬼藤一派だった。殺し屋がコンピューター汚職を知っている好子を消さんものと暗躍した。だが、好子は、自分の過去を調べに訪れたアンブレラで、一味に捕まり、伊豆白浜に監禁されてしまった。好子を失った7人の大追跡がはじまった。そして、好子を奪い返し、コンピューター汚職の黒幕をあばきあげるのだった。


加藤茶                                                              人見明

なべおさみ                                                          熊倉一雄

青島幸男                                                              山本直純

題名:クレージーのぶちゃむくれ大発見
監督:古澤憲吾
製作:渡辺晋、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:永井仙吉
照明:金子光男
録音:田中信行
整音:下永尚
美術:小川一男
編集:黒岩義民
音楽:山本直純 主題歌「俺は売り出し中」「笑って笑って幸せに」
現像:東洋現像所 合成:松田博
製作担当:堤博康
監督助手:西村潔
スチール:田中一清
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、犬塚弘、桜井センリ、石橋エータロー、安田伸、中山麻理、浦島千歌子、春川ますみ、東野英治郎、人見明、なべおさみ、熊倉一雄、青島幸男、小松政夫、加藤茶、山本直純
1968年日本・渡辺プロダクション+東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー84分35mmフィルム
クレージーのぶちゃむくれ大発見 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


クレージーのぶちゃむくれ大発見

クレージーのぶちゃむくれ大発見

1 2