映画「その男、凶暴につき」


ビートたけし                        白竜

今回は北野武監督1989年製作「その男、凶暴につき」をピックアップする。
本作は当初プロデューサーの奥山和由氏が、深作欣二監督に依頼した企画であり、深作監督が降板した事で、急遽ビートたけしさんが主演・監督をする事に至り、たけしさんは、脚本の書き直しを唯一の条件に引き受け、北野武名義で第1回監督作品を務める事となった。今までのバイオレンス映画と違い、時間の流れ、間の取り方が、秀悦な描き方をしており、その後の北野武監督作品を予感する思いだった。


芦川誠、ビートたけし                  平泉成

吉澤健                         音無美紀子

【ストリー】
一匹狼の刑事・我妻諒介(ビートたけし)は、凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本(遠藤憲一)が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤(岸部一徳)と殺し屋・清弘(白竜)の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城(平泉成)だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地(芦川誠)は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹(川上麻衣子)と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開(吉澤健)が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。


佐野史郎                    岸部一徳、吉澤健

題名:その男、凶暴につき
監督:北野武
製作総指揮:奥山和由
製作:鍋島壽夫、吉田多喜男、市山尚三
原案:奥山和由
監修:黒井和男
脚本:野沢尚
撮影:佐々木原保志
照明:高屋齋
録音:堀内戦治
音効:帆苅幸雄(東洋音響)
МA:アオイスタジオ リーレコ:岩橋政志
美術:望月正照
装置:福田義昭
装飾:遠藤光男、毛尾喜泰
小道具:中島順子
特殊効果:納富貴久男、唐沢裕一
特殊メイク:原口智生
擬闘:菊地竜志、津川誠(菊地剣友会)
ガンエフェクト:BIGSHOT
カースタント:竹内雅敏(カースタントTAKA)
特殊機械:中村雅敏
美粧:浜田芳恵、博田佳子
配役:吉川威史
記録:中田秀子
編集:神谷信武 ネガ編集:大橋まさみ、錦織朱美
音楽:久米大作 音楽プロデューサー:佐々木麻美子 挿入歌:トレイシー「ガール・ユー・ニード」
現像:東京現像所 タイミング:福島宵行
製作担当:貝原正行
製作主任:黒田晃司
製作進行:中村秀康
進行助手:近藤信二
監督補:天間敏広
助監督:月野木隆
監督助手:加門幾生、宮島英紀、中西健二
撮影助手:図書紀芳、相馬健司、柳田裕男、小柴健二
照明助手:中村裕樹、清水康利、院瀬見昭佳、井上信治、内田浩策、鈴木敦子
録音助手:佐久間猛、石見洋
美術助手:沢路和範
編集助手:西岡容子、井山和彦
車両担当:西垣恵一、三浦了、斎藤重信
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:森昌行、ライトヴィション
企画協力:末吉博彦
スチール:野上哲夫
出演:ビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎、吉澤健、芦川誠、岸部一徳、平泉成、遠藤憲一、音無美紀子、上田耕一
1989年日本/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
その男、凶暴につき -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ビートたけし、川上麻衣子                ビートたけし

映画「あゝひめゆりの塔」


吉永小百合                    吉永小百合、浜田光夫

今回は舛田利雄監督1968年製作「あゝひめゆりの塔」をピックアップする。
本作は太平洋戦争末期の沖縄を舞台に、吉永小百合さんと浜田光夫さんの黄金コンビで“ 特志看護婦 ”として戦火に散華した “ ひめゆり部隊 ”の悲劇を描いたものだ。沖縄県ひめゆりの塔(姫百合橋・那覇港)、南風原町南風原街道で実景撮影を行い、戦闘シーンは、静岡県御殿場市、下田市、三島市などで行ったそうだ。


和泉雅子

【ストリー】
昭和18年、太平洋戦争の戦局は、米軍の反攻によって日本には不利に展開していた。沖縄ではまだ、戦争感は薄かった。沖縄師範女子部の和子(吉永小百合)は級友のトミ(和泉雅子)らと運動会を楽しんでいた。和子が師範男子部の順一郎(浜田光夫)と知りあったのはその頃だった。昭和19年になると戦局は悪化、米軍の物量作戦の前に沖縄も戦場になろうとしていた。和子ら学生は、一日の半分を陣地構築に従事する毎日がつづいた。やがてサイパン島が玉砕。学童は内地に疎開が決ったが和子の母は、その船に乗ったものの、潜水艦に撃沈されてしまった。和子は弟の武と二人きりになってしまった。グラマン機が那覇市を襲ったのは10月。師範学校の校舎も焼け、空襲は連日のようにつづいた。島には非常戦時体制がしかれ、女子学生は臨時看護婦として、男子学生は鉄血勤皇隊となって陸軍と行動を共にすることになった。昭和20年。和子たちは米軍上陸の直前、証書も賞状もないさびしい卒業式を行なった。間もなく米軍が無血上陸してから激戦が続き、負傷兵も増えたが、満足に手当てもされずに死んでいった。米軍は日ましに島を制圧していった。病院は南に移動することになったが、歩けない患者には自決が求められる有様だった。そんな中で和子の級友光子(浜川智子)は死に、勝江(笹森みち子)はあまりにも悲惨な状況の中で発狂した。またトミは下半身にグラマンの射撃を浴びて重傷を負い、自ら青酸を飲んだのだ。その頃、順一郎は伝令として銃火の中を走り回っていた。彼は、和子の弟武が壮烈な最期を遂げるのを目撃したが、それを和子に告げることはできなかった。和子たちが新しい病院にしたのは真壁の大洞穴である。しかしもう医薬品もなく、重傷患者は次々と死んでいった。そんな時、校長が死んだ。そして、その遺体を収容しようとした和子たちをかばって、順一郎は敵の機銃掃射で死んだ。もはや和子たらは最後の時が近いのを知った。生き残った和子たち九人の女子学生と、昭喜名先生(二谷英明)たちは円陣をつくり、思い出の歌「想思樹の歌」を歌うのだった。彼女たちの手には自決用の黒い手榴弾がにぎられていた。

題名:あゝひめゆりの塔
監督:舛田利雄
企画:高木雅行、八木保太郎
脚本:若井基成、石森史郎
撮影:横山実
照明:藤林甲
録音:沼倉範夫
美術:木村威夫
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:遠藤三郎、村川透
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、浜田光夫、和泉雅子、二谷英明、小高雄二、藤竜也、和田浩治、乙羽信子、音無美紀子、渡哲也、太田雅子(梶芽衣子)、東野英治郎、高品格、笹森みち子、浜川智子
1968年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ125分35mmフィルム
あゝひめゆりの塔 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あゝひめゆりの塔

映画「男はつらいよ・寅次郎紙風船」


佐藤蛾次郎、渥美清                 音無美紀子(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1981年製作「男はつらいよ・寅次郎紙風船」をピックアップする。
第28作となる本作のロケ地は、福岡県秋月、朝倉、大分県夜明、静岡県焼津市などで行われ、封切り時の観客動員は144万8,000人、配給収入は12億1,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「シュンマオ物語タオタオ(監修:山田洋次 演出:島村達雄 声の出演:大竹しのぶ、播恵子、白石冬美、太宰久雄、倍賞千恵子)」であった。


岸本加世子                      小沢昭一

【ストリー】
秋も深まってきた九州。気ままな旅暮らしの寅(渥美清)は、家出娘の愛子(岸本加世子)と知り合った。なかたか面白い彼女は、寅のバイに“サクラ”になったりして、二人は稼いだ。ある縁日。寅の向いで、あかぬけた三十女がバイをしている。光枝(音無美紀子)というその女は、寅のところにやって来ると「寅さんでしょ、主人から聞いてます」と話す。昔のテキ屋仲間、常三郎(小沢昭一)の女房だった。今、重い病に伏している亭主に代って仕事に出ているという。翌日、常三郎を見舞いに行った寅は、喜ぶ彼から「俺が死んだら、あいつを女房にしてやってくれ」と言われる。頷く寅は渡世人の末路に寂しさを感じ、光枝に何でも相談に乗ると手紙を残すと、まともな暮らしをしようと柴又に帰った。数日後、とらやに愛子がやってきた。とらやの一同は、愛子が寅の話していた女と間違え、驚いた。しかし、愛子は店の仕事をかいがいしく手伝い、おいちゃん、おばちゃんも大喜び。
数日後、愛子のたった一人の兄・健吉(地井武男)がやって来た。マグロ船乗組員の兄は、家をあけることが多く、愛子は寂しかったのだ。その頃、光枝から寅に手紙が届いた。あれから間もなくして、夫が死に、今は上京して旅館で女中をしていると言う。寅は、家族を前に、結婚をすると告白する。住まい、就職の心配をする寅に、みんなはオロオロするばかり。数日が過ぎて、光枝がとらやにやってきた。だが、光枝は寅と結婚するつもりで来たのではなかった。「亭主の言葉を負担に思っているなら、安心して下さい。寅さんにだって好きな人はいるでしょう。これからは一人で生きていきます」と話す。旅の仕度をする寅を、さくらは止めるすべもなかった。


地井武男、倍賞千恵子           前田武彦、犬塚弘、東八郎、小桜京子

題名:男はつらいよ・寅次郎紙風船
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作:島津清、佐生哲雄
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
アニメーション:白組
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、音無美紀子、岸本加世子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、小沢昭一、地井武男、前田武彦、東八郎、犬塚弘、小桜京子、高橋基子、杉山とく子、関敬六
1981年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー111分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎紙風船 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


下條正巳、吉岡秀隆、前田吟、三崎千恵子、倍賞千恵子、太宰久雄  杉山とく子、渥美清

渥美清、音無美紀子             東八郎、前田吟、倍賞千恵子

渥美清、岸本加世子                 渥美清