映画「雨あがる」


寺尾聰                        宮崎美子

今回は小泉堯史監督2000年製作「雨あがる」をピックアップする。
本作の脚本執筆中に骨折して療養生活に入り、完成させることなく亡くなった巨匠黒澤明監督の助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉堯史氏の監督デビュー作である。小泉氏が黒澤監督から聞いた構想や残されたノートを参考に、補作して完成させた脚本を8ヶ月間の準備をしてからクランクインしたそうだ。以降、2002年「阿弥陀堂だより」2006年「博士の愛した数式」2008年 「明日への遺言」2014年「蜩ノ記」2020年公開予定「峠 最後のサムライ 」と作品を作られているが、全て35mmフィルムで撮られている。現在の日本の映画監督で、ムビオラやスタインベックでポジ編集を出来る方は希少であり、若い人は見たり触ったりした事もないと思うが、映し出された画は、デジタル映像では決して見れない奥深い世界がある。フィルムとはネガで撮影しポジで観るものであり、ネガ現像だけしてテレシネにするCM撮影などは本来のフィルム撮影ではない。

※黒澤明監督/1998年9月6日に享年88歳で亡くなられた。遺作は1993年製作「まあだだよ」
※日本では1985年頃を境にCM作品はフィルム納品(35mm→16mm)からデジタルテープ(D2)納品になり、ラッシュを取らずネガ・テレシネしてノンリニア編集する形態になった。


原田美枝子                       檀ふみ

【ストリー】
亨保時代。武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛(寺尾聰)とその妻・たよ(宮崎美子)。旅の途中のふたりは、長い大雨で河を渡ることが出来ず、ある宿場町に足止めされていた。ふたりが投宿する安宿には、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は禁じられている賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞う。翌日、長かった雨もようやくあがり、気分転換に表へ出かけた伊兵衛は若侍同士の果たし合いに遭遇する。危険を顧みず仲裁に入る伊兵衛。そんな彼の行いに感心した藩の城主・永井和泉守重明(三船史郎)は、伊兵衛に剣術指南番の話を持ちかけた。ところが、頭の固い城の家老たちは猛反対。ひとまず御前試合で判断を下すことになるが、そこで伊兵衛は、自ら相手をすると申し出た重明を池に落とすという大失態をしてしまう。それから数日後、伊兵衛の元にやってきた家老は、賭試合を理由に彼の仕官の話を断った。だが、たよは夫が何のために賭試合をしたかも分からずに判断を下した彼らを木偶の坊と非難し、仕官の話を辞退するのだった。そして、再び旅に出る伊兵衛とたよ。ところがその後方には、ふたりを追って馬を駆る重明の姿があった…。


仲代達矢                     寺尾聰、三船史郎

題名:雨あがる
監督:小泉堯史
製作:原正人、黒澤久雄
原作:山本周五郎
脚本:黒澤明
撮影:上田正治
照明:佐野武治
録音:紅谷愃一
音効:斎藤昌利
美術:村木与四郎
衣裳:黒澤和子
殺陣:久世浩
編集:阿賀英登
音楽:佐藤勝 音楽プロデューサー:斎藤昌利
フィルム:富士フィルム
撮影機材:シネオカメラ
現像:イマジカ
製作主任:木村利明
製作担当:熊田雅彦、鶴賀谷公彦
監督補佐:野上照代
助監督:鈴木康敬
撮影協力:斎藤孝雄
題字:黒澤明
アソシエイト・プロデューサー:桜井勉。吉田佳代
プロデューサー・アシスタント:荒木美也子
スチール:佐藤芳夫
【芸術文化振興基金助成事業作品】
出演:寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、仲代達矢、吉岡秀隆、松村達雄、井川比佐志、加藤隆之、原田美枝子、檀ふみ、井川比佐志、頭師孝雄
2000年日本・アスミック・エース エンターテイメント/ビスタサイズ・カラー91分35mmフィルム
雨あがる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「雨あがる」                  宮崎美子、寺尾聰