映画「暴走パニック 大激突」


渡瀬恒彦                                杉本美樹

今回は深作欣二監督1976年製作「暴走パニック 大激突」をピックアップする。
本作は「いつかギラギラする日」の原型となったと言われる”日本で最初のカーチェイス映画”であり、ドル箱シリーズ「仁義なき戦い 完結篇」の一旦終了から派生したカーチェイス要素を新機軸とした。この東映カーアクション路線は、本作と中島貞夫監督「狂った野獣」の2作だけで、共に興行は振るわずその後は続かなかった。

余談になるが、1979年10月から石原プロモーション制作による「西部警察」がテレビ映画(16mm)で始まった。パート3が1984年10月まで続くが、テレビ映画作品にもかかわらずカーチェイスの物量、破壊力、市街地ロケーションなどでの画の迫力は、本作よりかなり上回っている。これはプロデュース、企画力の違いであると思う。

※「西部警察(テレビ朝日系)」の破格の製作費は、広告代理店を通さずテレビ朝日との直接契約だった。
これは広告代理店から無条件に手数料を搾取されるリスクはなくなり、その分を制作費に回せた。
CMスポンサー獲得は、積極的に石原プロモーションが行い、取りまとめを東急エージェンシーが行ったそうだ。


小林稔侍                            室田日出男

【ストリー】
混血の元モデル・緑川ミチとバーテンの山中高志は海外への生活を夢み、仲間の関光男と組んで、銀行強盗を続けていたが、神戸の銀行を襲った時に、光男が車にはねられて死んだ。光男の兄・勝男は、浮浪者同様の生活をしていたが、山中と光男が銀行強盗をしていた事を知り、山中を追いかけ始めた。指命手配の山中を追う警官の中の一人畠野は、大学卒の上役にいびられてさっぱり仕事に熱が入らず、婦人警官の愛子と寝てばかりいる。少年院出身でガソリンスタンドで働く益夫は、客から預ったスポーツカーを持ち出したが、暴走族に傷をつけられ帰るにも帰れなくなってしまった。一方、山中とミチは銀行を襲い大金を手に入れたが非常線にひっかかり、とあるモーテルに身を隠した。その頃、畠野は愛子を他の警官に寝取られてしまい、そのうっ奮を山中へと向けた。そして、上司の指示に従がわず、山中のいるモーテルに単身乗り込み、二人を逃がしてしまった。逃げる山中とミチの車を、畠野のパトカー、その後を山中の金を横取りすべく勝男の車が追った。やがて、勝男の車は電柱に追突したために、勝男は丁度通りかかった益夫のスポーツカーに乗り込み、さらに二人を追った。しばらく三つ巴のカーチェイスが続いた後、パトカー、白バイが続々と連らなり、やがて、暴走族、ダンプカー、観光バスまでを捲き込んで、狂ったように車と車をぶつけ始めた。横転した車が炎上し、消防車、救急車、機動隊が駆けつけるが、それらも狂走集団に捲き込まれてしまう。集った野次馬は逃げまどいながら投石を始め、凄まじいパニック状態に発展していった……。


渡辺やよい、川谷拓三                            潮健児

題名:暴走パニック 大激突
監督:深作欣二
企画:本田達男、杉本直幸
脚本:神波史男、田中陽造、深作欣二
撮影:中島徹
照明:若木得二
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:吉岡茂一
装飾:西田忠男
背景:西村三郎
美粧:田中利男
結髪:白鳥里子
衣装:高安彦司
擬斗:上野隆三
カー・アクション:東洋レーシングチーム
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:津島利章
製作主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:森村英次
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、杉本美樹、渡辺やよい、室田日出男、川谷拓三、小林稔侍、風戸佑介、三谷昇、潮健児、汐路章、片桐竜次
1976年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
暴走パニック 大激突 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡辺やよい、川谷拓三

暴走パニック 大激突                   杉本美樹、渡瀬恒彦