映画「お嫁においで」


加山雄三                        沢井桂子

内藤洋子                        黒沢年男

今回は本多猪四郎監督1966年製作「お嫁においで」をピックアップする。
円谷英二特技監督とのコンビで特撮映画を撮り続けた本多猪四郎監督は、「ゴジラ」の生みの親として有名だが、本作は加山雄三さんの同名ヒット曲を元にした歌謡映画にも係わらず、若大将シリーズとは違いプロットがしっかりした作品であると思う。沢井桂子さんが魅力的に映っている。


原恵子、黒沢年男                    田村亮

笠智衆                        千石規子

有島一郎                     沢井桂子、松本めぐみ

【ストリー】
設計技師須山保(加山雄三)は父(笠間雪雄)の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子(沢井桂子)が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子(内藤洋子)はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生(黒沢年男)と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子(原恵子)から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人(有島一郎)を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。


内田裕也                      お嫁においで

田村亮、沢井桂子                 内藤洋子、加山雄三

題名:お嫁においで
監督:本多猪四郎
製作:藤本眞澄
脚本:松山善三
撮影:宇野晋作
照明:大野晨一
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:田中喜一
小道具:野島秋雄
衣裳:池田誠
記録:米山久江
編集:武田うめ
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「お嫁においで」俺は海の子「夜空を仰いで」
製作担当:山田順彦
製作進行:森知貴秀
助監督:渡辺邦彦
監督助手:藤井誠之助、松本正志
美術助手:荒巻宏俊、櫻木晶、沼田和幸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、沢井桂子、内藤洋子、黒沢年男、原恵子、田村亮、千石規子、内田裕也、笠智衆、有島一郎、松本めぐみ、高田稔、飯田蝶子、笠間雪雄、村田知栄子、菱見地谷子(ひし美ゆり子)
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
お嫁においで -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お嫁においで」沢井桂子

「お嫁においで」沢井桂子

映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険

映画「俺の空だぜ!若大将」


加山雄三                        酒井和歌子

今回は小谷承靖監督1970年製作「俺の空だぜ!若大将」をピックアップする。
若大将シリーズの第16作は、小谷承靖第一回監督作品、制作会社は東京映画である。スカイダイビングのシーンは、アメリカで降下経験があったという加山雄三さんが行う予定であったが、藤本真澄プロデューサーの厳命で降下場面はすべてスタントを立てたそうだ。ロケーションは、伊豆、箱根、伊豆大島で行われている。また飯田蝶子さんと左卜全さんは、本作が最後のシリーズ出演となり、1952年から東宝の専属契約だった久慈あさみさんは、最後の映画出演(以降はフリーでテレビや舞台での活躍)となった。


田中邦衛                      大矢茂、加山雄三

【ストリー】
若大将、田沼雄一(加山雄三)は東海建設の計画部員。雄一とクラスメートだった青大将、石山新次郎(田中邦衛)は社長の父、剛三(北竜二)の庇護で専務の椅子に坐っているが雄一の家“田能久”の近くにマンションの建設を計画し、着々と土地の買収をはじめている。近所の“梅の湯”の常吉(伴淳三郎)も立ちのきの交渉を受けているが、なかなか首をたてにふらない。住民と会社の板ばさみになり苦況に立つ雄一を見て、常吉の世話になっている塚本節子(酒井和歌子)、敏子(松村幸子)の姉妹は彼に好意を持つようになる。そんな時、雄一は大学の後輩太田茂夫(大矢茂)と綿貫の懇請で母校に新設されたスポーツ・パラシュート・クラブのコーチに就任、発足パーティで大林英子(應蘭芳)と知りあう。一方青大将は節子に一目惚れしてしまった。いよいよ東海建設は“梅の湯”の隣りにマンションの工事を着手する。足場から女湯をのぞきこんでいた青大将は足をすべらせて落下し、常吉の額にケガをさせてしまう。久太郎(有島一郎)は常吉への詫びのしるしに、雄吉を勘当してしまうのだが、雄一はケガをした常吉に対し会社側に誠意ある態度を望むが受けいれられず、怒った雄一は辞表を叩きつけ、会社をとび出した。英子は節子というライバルを除外するため青大将と手を組み青大将と節子を結ばせることによって、自分が雄一と結婚する策略をたて、そして伊豆でゴルフをしている父(上田吉二郎)にあわせるために、雄一を伊豆にさそう。そんな時、青大将は節子を伊豆沖の離れ島に旅行にさそい強引に結婚をせまったが、その最中マムシに噛まれ仰天。急報をうけた青大将の父、剛三は若大将に救助を求めてきた。血清を持ち小型飛行機で島へ飛ぶ雄一と茂夫。茂夫の見事なスカイ・ダイビングで青大将は救われる。すべて誤解もとけた雄一と節子は明るい笑顔で見つめあった。


應蘭芳                      有島一郎、飯田蝶子

久慈あさみ                  菱見百合子(ひし美ゆり子) 

伴淳三郎、田中邦衛、加山雄三              上田吉二郎

題名:俺の空だぜ!若大将
監督:小谷承靖
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:比留川大助
録音:原島俊男
整音:西尾舞
美術:薩谷和夫
編集:諏訪三千男
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「美しいビーナス」
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
監督助手:奥村正彦
協力:ジャパン スカイダイビング クラブ
スチール:中山章
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、大矢茂、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、久慈あさみ、應蘭芳、中真千子、菱見百合子(ひし美ゆり子)、松村幸子、藤木悠、上田吉二郎、左卜全、伴淳三郎、北竜二
1970年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー105分35mmフィルム
俺の空だぜ!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左卜全                      加山雄三、酒井和歌子

「俺の空だぜ!若大将」酒井和歌子

舞台になったレストランOAKは、成城通りのバス停「ゴルフ練習場前」にあった。
次回作「若大将対青大将」でも登場する。

現在の成城通りのバス停「ゴルフ練習場前」にOAKはない。世田谷区成城7丁目 Google Mapより

1 2 3 8