映画「暗黒街の顔役 十一人のギャング」

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二                        高倉健

今回は石井輝男監督1962年製作「暗黒街の顔役 十一人のギャング」をピックアップする。
まるで新東宝の作品であるごとく、シネスコフレーム、美術セット、ハイコントラストの照明は引き継いでいると言ってよいハードボイルド映画の本作である。石井輝男監督は1942年に東宝で撮影助手として入社し、1946年に新東宝に演出部に転籍し、渡辺邦男、清水宏、成瀬巳喜男監督に師事する。1957年新東宝で「リングの王者 栄光の世界」で監督昇進し作品を量産する。新東宝倒産の1961年に東映と専属契約を結び「花と嵐とギャング(ニュー東映)」が移籍第一作、東映での7作目が本作である。1963年1月15日に公開された。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、江原真二郎                  杉浦直樹
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
丹波哲郎                        木暮実千代

【ストリー】
浜松市にある東和鋼管では、給料の袋詰め作業を給料日の前日にしていた。それを狙って権藤(鶴田浩二)と別当(杉浦直樹)は綿密な計画をたてていた。別当はこの計画の手始めとして、浜松運送の定期便運転手、沢上(高倉健)に接近して24日の定期便で必ず彼が乗り込むこと、トラックが市外の東和鋼管附近で二人の男を拾うことを約束させた。一方、権藤は昔の仲間、海老名(江原真二郎)をたずねて仲間に引き入れ、山之内美和(木暮実千代)をゆすり今度の計画に必要な資金調達を果した。また権藤は、立川のバーのマスター、ジョージ(アイ・ジョージ)をたずね自動小銃と拳銃ワルサーを手に入れた。それに、襲撃現場で使う車の運転手も権藤の愛人、ユキ(瞳麗子)がやることになった。深夜、山之内美和邸で最後の作戦会議が開かれ、権藤、別当、ユキ、それに美和と彼女の情夫、芳賀(丹波哲郎)の間で周到な打合せが行われた。襲撃の日が遂にやってきた。権藤、別当、ユキ、海老名と彼の仲間の葉室(待田京介)、広岡(高英男)らは浜松に集結した。が、定期便運転手の沢上は酔っていた。が、キャバレーの女給まゆみ(三原葉子)に説得され承諾した。権藤、別当、海老名、葉室、広岡らは東和鋼管に闖入した。唖然とする課員を尻目に別当と広岡は金をダンボールに詰め込んだ。5人は無事脱出した。別当は一人待機していたユキの車に送られ、附近の松林で定期便を待った。ユキの車は引返して権藤や海老名を乗せて反対方向へ走った。沢上の運転する定期便がユキの車とすれ違ったとき、権藤は定期便に乗り移った。車はスピードアップした。そこへ浜松のギャング・黒部達(安部徹)が迫り海老名らを射殺し、車を奪い定期便の後を追った。一方、別当を拾った定期便内では、秘かに乗っていたまゆみをめぐり、別当、権藤、沢上が対立していた。が、その時、黒部達の車が近づいた。壮烈な射撃戦が展開され、数十分の後、硝煙の漂う中にギャング達は全員死んでいた。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
三原葉子                        瞳麗子
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
待田京介                       アイ・ジョージ

題名:暗黒街の顔役 十一人のギャング
監督:石井輝男
企画:岡田茂、亀田耕司、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:廣上庄三
美術:森幹男
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:松田義夫
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:鶴田浩二、高倉健、江原真二郎、梅宮辰夫、杉浦直樹、本間千代子、三原葉子、瞳麗子、木暮実千代、待田京介、高英男、吉川満子、伊沢一郎、安部徹、アイ・ジョージ、丹波哲郎、由利徹
1962年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
暗黒街の顔役 十一人のギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
安部徹                         本間千代子
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
杉浦直樹、瞳麗子、鶴田浩二                江原真二郎

暗黒街の顔役 十一人のギャング(映画スチール)
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、木暮実千代、丹波哲郎          江原真二郎、 待田京介
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、丹波哲郎               暗黒街の顔役 十一人のギャング

映画「博徒列伝」

博徒列伝博徒列伝
鶴田浩二                        大木実

今回は小沢茂弘監督1968年製作「博徒列伝」をピックアップする。
本作は、数多くの東映任侠映画を監督してきた小沢茂弘監督の代表作「博徒」「博奕打ち」シリーズに並ぶ人気シリーズとして打ち出された「列伝」シリーズになる。また本作はオールスターキャストの任侠映画として正月興行として当時人気を二分していた「新・網走番外地(監督:マキノ雅弘)」と同時公開されるも、オールナイト興行では出演者たちが登場する度に拍手が沸き起こり、盛り上がりを見せていたそうだ。それというのも、本作が公開された頃はすでに主要な出演者全員、単独の看板番組を持っており、各々主役級で観客を呼べる大スターたちばかりであったため実に贅沢な配役に観客が熱狂したという。

博徒列伝博徒列伝
若山富三郎                       高倉健
博徒列伝博徒列伝
藤純子                        北林早苗

【ストリー】
昭和の初期。大木戸一家の若松組組長若松勇次部(鶴田浩二)は、3年間の懲役に服するため、大木戸一家二代目の跡目を弟分の川田(大木実)に譲り、服役後も川田の右腕とたって働いていた。一方、監獄一家の組長金光(天津敏)は、若勇の縄張を狙い、あくどいいやがらせを度重ねた。業を煮した若勇は、監獄一家に喧嘩状を叩きつけたが、関東きっての顔役、浅草の甲田(河津清三郎)が仲裁を買ってでた。若勇は、甲田の申入れを断ったものの、川田は甲田の甘言にのり、兄弟分の盃を交わすという条件で若勇のしきる芝浦埠頭の実権を金光に譲ってしまった。それからの工事現場は、若勇の案じた通りだった。人足たちの不平不満はつのり、渡世人あがりの人足小桜(北島三郎)は、単身金光にたち向った。小桜が、兄貴分の治療費を捻出するため、女房を売り、その身受金を稼ぐため、人足をしていると知った若勇は、賭場で稼ぎ小桜を助けるのだった。これには、三次(若山富三郎)や芸者勝弥(藤純子)の隠れた協力があった。その勝弥が、富士家一家の子分に因縁をつけられた。同道していた若勇は、勝弥を助けたものの、相手を傷つけ留置されてしまった。やがて、富士上健吉(高倉健)と和解した若勇を金光たちが隅討した。子分を殺された若勇は、弔合戦を川田に相談したが、甲田との摩擦をきらう川田は聞き入れず、逆に若勇を破門する始末だった。新年。親分衆の初寄合で、甲田と川田は兄弟分の盃を交わした。だが、当初より大木戸一家の縄張を狙う甲田は、金光に命じ川田を闇討し、さらに若勇の命をも狙った。その危難を小桜に救われた若勇は、川田の許へ駆けつけた。川田は、苦しい息の下から若勇に自分の非をわび世を去っていった。富士上の助勢を得た若勇が、甲田、金光に怨念を晴したのは、それから間もなくのことだった。

博徒列伝博徒列伝
菅原文太                        博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
北島三郎                       橘ますみ
博徒列伝博徒列伝
河津清三郎                       天津敏

題名:博徒列伝
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:鈴木重平
照明:増田悦章
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:吉岡茂一
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
衣裳:松田孝
擬斗:谷明憲
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:渡辺岳夫 主題歌:北島三郎「博徒の花道」
フィルム:富士フィルム
製作主任:福井良春
助監督:大西卓夫
スチール:杉本昭三
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子(富司純子)、高倉健、菅原文太、北島三郎、大木実、河津清三郎、待田京介、北林早苗、橘ますみ、天津敏、名和宏、北村英三、八名信夫、汐路章、玉川良一、人見きよし
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
博徒列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

博徒列伝博徒列伝
玉川良一                       博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
博徒列伝                      鶴田浩二、藤純子

映画「燃える戦場」

燃える戦場燃える戦場
クリフ・ロバートソン                   高倉健

今回はロバート・アルドリッチ監督1970年製作「燃える戦場(TOO LATE THE HERO)」をピックアップする。
明快な内容とスリリングな展開に時間を気にせず見入ってしまう傑作である。ハリウッド映画にしては日本兵をリアルに描いている。高倉健さんの名演に嬉しい想いもした。やはり、日本が誇れる俳優である。本作はロバート・アルドリッチ監督「特攻大作戦」からのスピンオフで、フィリピンで撮影されたそうだ。

燃える戦場燃える戦場
ヘンリー・フォンダ                                              マイケル・ケイン

【ストリー】
1942年11月。南太平洋上ニュー・ヘブリデス島ではジャングルを隔てて日本軍とイギリス軍が対峙し、戦闘は膠着状態に陥っていた。日本軍はジャングルの奥深く無線通信所を持ち、他島との連絡がつくため、この方面の制空・海権は日本軍が握っていた。そのため、アメリカ軍機動艦隊は行動を著しく制約されていた。そこで、日本語のできる将校をイギリス軍に派遣し通信所を破壊、首尾よく成功したら逆無線を利用し、偽の連絡を出して日本軍を混乱させようという計略を立てた。アメリカ海軍のジョン・ノーラン大佐(ヘンリー・フォンダ)は、この任務を友人のサム・ローソン中尉(クリフ・ロバートソン)に負わせた。彼は、厭戦の気持ちが強い男だったが、命令であった。ヘブリデス島のイギリス部隊長はトンプソン中佐(ハリー・アンドリュース)だった。直ちに破壊工作隊が組織され、指揮官はホーンスビー大尉(デンホルム・エリオット)以下13名、その中にトッシュ・ハーン衛生兵(マイケル・ケイン)がいた。大尉はあまり有能ではなく、日本軍と遭遇した偵察隊は数名の犠牲者を出した。その戦闘中、キャンベル一等兵は戦死した日本兵の指を切り落として指輪を盗んだ。ハーン衛生兵は犠牲者を出した大尉の責任を追及して逮捕された。その後も色々な摩擦が起き、通信兵スコットが川に落ちて逆無線用の無電器をこわしてしまった。このため、大尉は破壊する前に日本軍の無電機を使う決心をした。ローソン中尉は反対だったが、無線通信所を見つけ、夜陰に乗じ、破壊工作が開始された。ホーンスビー大尉、スコットと次々乗り込んだが、ローソン中尉は木陰に隠れたまま動かなかった。夜襲に気付いた日本軍と激しい戦闘が始まった。それでもローソン中尉は動かなかった。無電機は破壊したが、大尉は戦死した。生き残った偵察隊は退却中、日本軍の空軍基地を発見、そこには爆撃機が隠されていた。帰還を急ぐ彼らに、突如ジャングル内の拡声器から英語で呼びかけてきた者がいた。日本軍の山口少佐(高倉健)であった。降伏すれば1週間後に釈放し、降伏しなければ捕らえて死刑に処すと言った。隊員達は動揺した。その夜、皆が寝しずまるとキャンベル一等兵が、重傷のソーントン一等兵(イアン・バネン)を殺し、他の戦友を誘って脱走した。残ったのはローソン中尉とハーン衛生兵だった。基地へ急ぐ2人に再び山口少佐の声が聞こえてきた。脱走した戦友を捕らえたというのだ。そして指輪を持っていたキャンベル一等兵は処刑し、他の戦友の命は2人が降伏するか否かにかかっていると言った。ローソン中尉は引き返すというハーン衛生兵の銃を取りあげ、彼を促して基地へ向かった。翌日未明、2人は山口少佐の呼びかけで、袋の鼠となったことを知った。そこで2人は、逆に少佐の声を手ずるに引き返して、山口少佐を狙撃した。2人は基地に近いジャングルの端まで逃げのびた。そこから基地までは遮蔽物のまったくくない平野だった。ジグザグ・コースに飛び出した2人にイギリス軍の援護射撃も加わった。しかし、基地にたどりついたのはハーン衛生兵ひとりであった。先刻射たれたのは誰かと聞かれた彼はこう答えた。「あれは英雄だ!」

燃える戦場燃える戦場
燃える戦場(TOO LATE THE HERO)

題名:TOO LATE THE HERO
邦題:燃える戦場
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:ロバート・アルドリッチ、ウォルター・ブレーク
原作:ロバート・アルドリッチ、ロバート・シャーマン
脚本:ロバート・アルドリッチ、ルーカス・ヘラー 台詞:ロバート・シャーマン
撮影:ジョゼフ・バイロック
録音:リチャード・チャーチ
美術:ジェームス・バンス
衣装:チャールズ・ジェームス
美粧:ウィリアム・ターナー
特効:ヘンリー・ミラー・ジュニア
記録:ケン・ギルバート
編集:マイケル・ルチアーノ
音楽:ジェラルド・フリード
現像:メトロカラー
製作補佐:ウィリアム・アルドリッチ
助監督:グレーソン・ロジャース
出演:クリフ・ロバートソン、マイケル・ケイン、高倉健、ヘンリー・フォンダ、イアン・バネン、ハリー・アンドリュース、デンホルム・エリオット、ロナルド・フレイザー
1970年アメリカ・イギリス/ビスタビジョン・メトロカラー133分35mmフィルム
燃える戦場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

燃える戦場燃える戦場
燃える戦場(TOO LATE THE HERO)

1 2 3 21