映画「内海の輪」


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                        中尾彬

今回は斎藤耕一監督1971年製作「内海の輪」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の連載小説「黒の様式」から「霧笛の町」を映画化したものだが、スリルもサスペンスもない内容だった。それを期待する訳ではないが、ラストの “男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった” 岩下志麻さんの演技が秀悦である事以外は、見るところはなく冗長だった。
松竹は、1957年に松本清張氏の原作「顔(監督:大曽根辰保)」を手掛けて以来、数多くの松本清張作品を映画化して来たが、本作は特に面白味がなかった。


「内海の輪」岩下志麻

三國連太郎                       富永美沙子 

【ストリー】
西田美奈子29歳(岩下志麻)。いまは四国松山の呉服の老舗伊予屋の当主慶太郎の妻である。彼女は3ヵ月に1回上京した。半分は商用であり、半分は大学で考古学を専攻し、まもなく助教授の椅子につく江村宗三(中尾彬)との秘かな情事のためであった。宗三は妻の父が考古学の権威で次期学長に擬せられるという人物なので、労せずにエリートコースに乗っていた。彼は5年前の鮮烈な記憶が忘れられなかった。そのころ、美奈子は宗三の長兄寿夫(入川保則)の新妻だった。しかし、寿夫は水商売の女と出来ていて駈け落ち同然に、静岡きっての菓子屋の暖簾を捨てた。二人が同棲している新潟へ迎えに行く美奈子の護衛役に、まだ学生だった宗三が選ばれた。その時、愛情のない夫との訣別を決意していた美奈子は水上温泉で宗三に躰を与えた。彼女は童貞のおののきを示す宗三に、江村家への報復をこめたのかも知れない。それから3年、銀座で再会した二人は自然に求めあうように愛欲を燃え上がらせた。その時から美奈子は3ヵ月に1度上京しすでに男性機能を失っている夫、慶太郎(三國連太郎)の代りに宗三に抱かれるようになった。二人だけの秘密はひっそりと保たれたが、美奈子も宗三もやがてくる破綻を恐れていた。だから二人は愛欲の中にすべてを忘れようとした。やがて宗三の出張で、逢瀬は1ヵ月に短縮された。二人はしめし合わせて、1月の瀬戸内海に遊んだ。しかし、二人は伊丹空港で宗三と同窓の新聞記者長谷(夏八木勲)にバッタリ出会った。ついに二人のエゴイスティックな愛も均衡を失った。長谷は美奈子夫婦とも顔見知りであった。慶太郎にこの不倫が暴露されたら、美奈子はもちろん、宗三の輝ける将来も崩れ去るにちがいなかった。宗三はそんな犠牲を払ってまで、美奈子と心中立てする必要はないと思った。しかし、彼女から逃れることも出来そうになかった。旅の終りに選んだ蓬莱峡は奇岩が群がり立つ断崖の景勝地だった。ここで、美奈子を殺そうと宗三は心に決めた。男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった。宗三は美奈子を断崖に誘った。そして一突きにしようとしたが一瞬ためらった。「あたしを殺して」と美奈子はうずくまり慟哭した。愛欲の終焉が二人の愛の記憶を華麗に染め、そして消えた。


「内海の輪」岩下志麻

入川保則                     岩下志麻、中尾彬

題名:内海の輪
監督:斎藤耕一
製作:三嶋与四治
原作:松本清張
脚本:山田信夫、宮内婦貴子
撮影:竹村博
照明:中川孝一
録音:小林英男
調音:松本隆司
美術:芳野尹孝
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
衣裳:東京衣装
編集:杉原よ志
音楽:服部克久
現像:東洋現像所
制作補:江夏浩一、織田明
製作主任:沼尾鈞
製作進行:玉生久宗
助監督:三村晴彦
スチール:赤井博且
出演:岩下志麻、中尾彬、三國連太郎、入川保則、夏八木勲、富永美沙子、水上竜子、加藤嘉、北城真記子、赤座美代子、滝沢修、高木信夫、高原駿雄
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
内海の輪 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                       内海の輪

映画「黒の奔流」


「黒の奔流」岡田茉莉子

岡田茉莉子                       山崎努

今回は渡邊祐介監督1972年製作「黒の奔流」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の推理小説「種族同盟」を映画化したものだ。先が読める筋立てだったが、山崎努さんと岡田茉莉子さんの上質な芝居にエンドロールまで安心して観れる作品だある。


松坂慶子、松村達雄                  谷口香、山崎努

【ストリー】
ある殺人事件の裁判が始まった。事件とは多摩川渓谷の旅館の女中、貝塚藤江(岡田茉莉子)がなじみの客(穂積隆信)を崖から突き落した、というのである。しかし藤江はあくまでも無罪を主張した、が、状況的には彼女の有罪を裏付けるものばかりだった。この弁護を担当したのが矢野武(山崎努)である。矢野はこの勝ち目の薄い事件を無罪に出来たら一躍有名になり、前から狙っている弁護士会々長・若宮正道(松村達雄)の娘朋子(松坂慶子)をものにできるかもしれない、という目算があったのである。弁護は難行したが、藤江に有利な新しい証人が現われ、矢野は見事、無罪判決を勝ら取る。そして矢野の思惑通り、マスコミに騒がれるとともに、若宮と朋子の祝福を受け、若宮は朋子の結婚相手に矢野を選ぶのだった。一方、藤江を自分の事務所で勤めさせていた矢野は、ある晩、藤江を抱いた。藤江は今では矢野への感謝の気持ちが思慕へと変っていたのである。やがて藤江は矢野が朋子と結婚するということを知った。藤江が朋子のことを失野に問いただすと、矢野は冷たく「僕が君と結婚すると思っていたわけではないだろうね」と言い放ち、去ろうとした。そこで藤江は、あの事件の真犯人は彼女であること、もし矢野が別れるなら裁判所へ行って全てを白状すると逆に矢野を脅迫する。矢野は憔悴の夜を送った。藤江はやりかねない。それは矢野の滅亡を意味する。やがて矢野は藤江に対して殺意をいだく。翌日、矢野は藤江に詫びを入れ、旅行に誘うと、藤江は涙ながらに喜び、数日後、富士の見える西湖畔に二人は宿をとった。藤江は幸福だった。翌朝、矢野は藤江を釣に誘った。人気のない霧の湖上を二人を乗せたボートが沖へ向った。矢野が舟を止めると矢野の殺意には既に気が付いていたと藤江がつぶやいた。矢野は舟底のコックを抜いた、奔流のように水が舟に入って来る。矢野が脱出しようとした瞬間、藤江の体が矢野の上にのしかかり、矢野の悲鳴が上った。「先生を誰にも渡さない!」藤江の頬には止めどなく涙が流れた。折りしも流れて来た濃い霧の中に慟哭とともにボートと藤江と矢野の姿は消えていった。


佐藤慶                          黒の奔流

題名:黒の奔流
監督:渡邊祐介
製作:猪股尭
原作:松本清張「種族同盟」
脚本:國弘威雄、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣裳
編集:寺田昭光
音楽:渡辺宙明
現像:東映化学 オプチカル合成:石川智弘
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:金田正
出演:岡田茉莉子、山崎努、松坂慶子、谷口香、佐藤慶、松村達雄、中村伸郎、穂積隆信、玉川伊佐男、菅井きん、谷村昌彦、高木信夫
1972年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
黒の奔流 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山崎努                       岡田茉莉子、山崎努