映画「ブラボー!若大将」



加山雄三                         酒井和歌子

今回は岩内克己監督1969年製作「ブラボー!若大将」をピックアップする。
本作は、1970年1月1日に公開された若大将シリーズの第15作になる。制作会社は東京映画である。
シリーズ最後の海外ロケが グアム島で行われた本作は、今までのシリーズ・テンプレートを外し、理不尽な失恋や会社組織に若大将が悩むという設定が新鮮だった。

【東京映画】
1952年(昭和27年)に東宝の関係会社として設立、東宝が配給した映画「駅前シリーズ」「クレージー・キャッツ」等のコメディ映画を製作し、東京映画撮影所を稼働させた。東宝は、東西両撮影所制を敷いた大映や東映、松竹(1965年京都撮影所閉鎖)と異なり、戦前期に京都撮影所を閉鎖して砧撮影所(東京都世田谷区)に製作を原則一元化していたが、傘下の東京映画と宝塚映画は、別に撮影所を持ち、盛期にはそれぞれ年間10本程度の作品を供給し続けている。監督と俳優は東宝から供給されたが、技術スタッフは独自の機構を備えてそれぞれのカラーを発揮した。東京映画は、撮影所なのに皆ネクタイを締めている、と活動屋たちを驚かせ初期の東宝撮影所の社風を戦後まで引き継いだ紳士集団であったと言われる。1983年(昭和58年)8月25日に株式会社東京映画新社に改名し、梅浦洋一社長在籍時の2004年9月1日に東宝に合併して消滅した。(ウィキペディア参照)
※撮影所は小田急線千歳船橋駅から10分のところにあり、第二ステージは成城消防署前にあった。(筆者)


高橋紀子                       田中邦衛、柏木由紀子

【ストリー】
三矢物産の営業部に勤務する田沼雄一(加山雄三)は、親友の青大将こと石山新次郎(田中邦衛)が専務をしている東西デパートと取引きのコネをつけた。そんなある日、雄一は、熊井鉄工の熊井(熊倉一雄)から、住宅用鉄材の売り込みを受けた。雄一は、“住宅に関する企画案”を提出し、岩崎部長(松村達雄)が賛成し、雄一は案の実現に猛ハッスル。ところが数日後、企画案が突然没になった。というのも、三矢物産は、熊井鉄工を無視して、裏面で大手の鉄工会社と事業提携を進めていたのだった。会社の道義に欠けるやり方に怒った雄一は、辞表を叩きつけ、単身グアムへ飛んだ。休暇で島に来た、節子(酒井和歌子)、チヨコ(坂倉春江)、玉江(松村幸子)や、商用で来た石山と事業提携で同行した西岡(藤岡琢也)と再会した。雄一と節子の間に恋が芽生えた。やがて帰国した雄一は、家業のすき焼き屋“田能久”の仕事に精を出したが、義弟の江口(江原達怡)の失敗の責任を負って家を出た。湾岸の荷下ろしやトラック運送などのバイトで生計を立てていた雄一は、バイト先のガソリンスタンドで偶然熊井と再会し、熊井鉄工に入社した。熊井の資金難を助けるべく、銀行家へ嫁いだ百合子(高橋紀子)に融資を頼んだ。その夜融資の成功を祝い踊る雄一と百合子を節子が見つけてしまう。二人の中を誤解する節子。一方、住宅事業が進展しない三矢物産は熊井鉄工と合弁会社をつくり、雄一は社長に就任した。休暇をとった雄一は再びグアムを訪れる。一足先に支店進出のため島を訪れた石山と節子と合流。そして誤解のとけた節子の明るい笑顔が、たくましい雄一のかたわらにあった。


菱見百合子(ひし美ゆり子)               熊倉一雄

加山雄三、藤岡琢也、松村達雄             松村達雄

題名:ブラボー!若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:中井朝一
照明:榊原康介
特機:三沢一義
録音:原島俊男
整音:西尾孝
美術:竹中和雄
装置:松原浩、中村洋文
小道具:阿部継、佐藤淑光、広島徳幸
装飾:佐々木庄次
結髪:渡辺キミ
衣裳:武藤芳史、柳生悦子(デザイン)
編集:広瀬千鶴
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「恋のコンパス」「淋しい二人」 「世界のどこかで」 「その訳はいえない」
現像:東京現像所
製作担当:島田武治、今井馨
製作進行:黒岩竜彦
助監督:瀬川淑
監督助手:鈴木一男、森康憲、福田元彦
撮影助手:平林茂明、安西清、山内峰治、鈴木義勝
照明助手:須藤実、塚田寿生、牛渡教孝、川島棋雄、釜田一、大野治夫、柿沼貞司
録音助手:高場豊、千葉富士雄、会田紀栄
美術助手:栗原信雄、薩谷和夫、国府田俊夫、堀川正巳
水中撮影:市原康至、宝田武久、五十畑幸勇、楠章治
スチール:中尾孝
演技事務:丹野弘章
音楽事務:西尾嘉十
製作宣伝:川島孝一
協力:パン・アメリカン航空
出演:加山雄三、酒井和歌子、高橋紀子、田中邦衛、江原達怡、菱見百合子(ひし美ゆり子)、大矢茂、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、柏木由紀子、藤岡琢也、松村達雄、熊倉一雄、坂倉春江、松村幸子、山田はるみ、小鹿敦、田島義文
1969年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
ブラボー!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  加山雄三、大矢茂

江原達怡、加山雄三                  ブラボー!若大将

映画「フレッシュマン若大将」



加山雄三                        酒井和歌子

今回は福田純監督1968年製作「フレッシュマン若大将」をピックアップする。
本作は、1969年1月1日に公開された若大将シリーズの第13作になる。
今作より加山雄三さんのキャラクターが学生から社会人になり、社会人編の第1作でもある。恋人役は澄ちゃん(星由里子さん)から節ちゃん(酒井和歌子さん)に代わる。1966年の「レッツゴー!若大将」で酒井和歌子さんがスチュワーデス役で短く登場するが、カメラテストあるいは現場テストだったのだろうかと推測する。


田中邦衛、酒井和歌子                    江原達怡、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は、老人を連れた高木節子(酒井和歌子)にタクシーを譲ったために、日本自動車の就職試験に間にあわなかった。受験を拒否された雄一に話しかけたのは、社長の猪股(藤田進)だった。そこで雄一は、理由も聞かず追いたてた試験官の態度を非難した。それから間もなく、雄一は彼が社長と知ったが後の祭だった。が、猪股は、率直な雄一に好感を持ち、彼を採用した。一方、田沼家では婿養子の江口(江原達怡)が、“田能久”の暖簾を継ぎ、祖母のリキ(飯田蝶子)は大張切りだった。お蔭で、すっかり影のうすれた久太郎(有島一郎)は、うっぷん晴らしにスナック通いに明け暮れるのだった。さて、雄一が配属されたのはサービス課。早速、取引先東西オートの副社長就任祝いに出かけた。ところが、その副社長が落第生の石山(田中邦衛)だったのには驚いた。それから雄一は、日曜毎に自動車の修理工場に通いはじめた。それは整備士の免許をとることと節子に会える楽しみからだった。石山が節子に求婚したのは、そんな折りだった。それからの雄一は、何をやってもヘマばかり、心の動揺はぬぐえなかった。そんなある日、東北オートの得意先、北斗観光の竹内社長(高田稔)が上京した。雄一は、石山と空港に出向いたものの、石山は途中で出会った節子と雲隠れしてしまった。その結果は、さんざんだった。顔を知らない雄一は、お得意先を商売仇にさらわれ途方に暮れてしまった。そこへ、石山が竹内を連れて戻って商取引きは万事順調に運んだ。それから数日、竹内から取引き停止の知らせが東西オートに届いた。日東製の車が、車輌不良による事故を起したというのだ。これに驚いた日東自動車は雄一を、東西車輌は石山を派遣し、不良車の調査に当らせた。事故は、商売仇の陰謀によるものだった。意気揚々と羽田に降り立つ二人。そこで節子は、石山の求婚を断り、雄一と肩を並べて去って行った。


岡田可愛                         草笛光子

題名:フレッシュマン若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:森弘充
特機:藤田昭、高原定
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:本多好文
装置:小川峰雄
装飾:早川信清、秋元和男、高津幸一
衣裳:田辺城三
結髪:中尾さかゑ
技髪:高橋勝三
記録:小林孝子
編集:氷見正久
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「フレッシュマン若大将」「いい娘だから」
製作担当:橋本利明
製作進行:石井幸一
助監督:渡辺邦彦
監督助手:奈良正博、小島不可止
撮影助手:伊地智昭亘、田辺博通、柿沼勝、牧村寿夫
照明助手:佐藤幸次郎、栗山孝三郎、池田泰平、望月英樹、北川忠利、乾勝人、本田弘明、中谷孝正
録音助手:山田守、池田昇
美術助手:小方一男、秋森直美
編集助手:加藤八重子、船沢昌介、宮田稔
演技事務:松尾武勲
製作宣伝:中須英男
スチール:岩井隆志
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、草笛光子、藤木悠、中真千子、岡田可愛、長慶子、高橋紀子、藤岡琢也、藤田進、小泉博、高田稔、左卜全
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
フレッシュマン若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  藤木悠、加山雄三

長慶子、加山雄三                  酒井和歌子、加山雄三

映画「クレージーの大爆発」


植木等                                                                       松岡きっこ

今回は古澤憲吾監督1969年製作「クレージーの大爆発」をピックアップする。
本作は、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第13弾で全14作が制作された。
マルコ・ビカリオ監督1965年製作「黄金の七人」をオマージュしたと思える本作は、時事ネタやアイロニーを織り交ぜながら、中野昭慶氏の特技監督デビュー作として特撮にも力を入れている作品だ。


高橋紀子                                                         クレイジーキャッツ

【ストリー】
大木健太郎(植木等)はかの三億円強奪事件の真犯人。あり余る札束減らしのために競馬場通いをしていた。日本の三一銀行に預けられている“金”に目をつけた秘密組機GIB本部は、日本支部のW氏(平田昭彦)に毛利エリ子(松岡きっこ)と健太郎を使っての大略奪を命令した。エリ子は早速GIB撮影の三億円強奪現場のフィルムを持って健太郎に接近したが、宇宙真丸教の信奉者健太郎には通じなかった。やがて、御本尊のお告げがエリ子にとって吉と出た。健太郎はその道に達者な仲間六人を集め、後楽園球場を借り切り、巨人対阪神戦のネット裏で作戦会議を開いた。トンネルを掘って真下から金庫を狙うという作戦は、映画ロケと称する演出が効を奏して見事成功した。“金”は本部へ空輸された。7人は輪送機に乗込んだが、受信機が自衛隊からの大変な情報をキャッチした。彼らの輸送機に国籍不明の水爆が搭載されているというのだ。折しも、機は富士の乱気流に巻込まれて火口に不時着。そこを自衛隊員に変装したGIBに捕われ、大西洋上の本部に連行された。ところが、その途中で水爆が爆発、つられて富士山も大噴火、健太郎らの乗ったカプセルは大西洋への軌道をはずれて月に向ってしまった。やがて、月面で夢遊病者のように踊り狂う七人の姿があった。月がキラキラ光っているのは、一説によれば彼らのせいとのことである。


悠木千帆(樹木希林)                                                なべおさみ

由利徹                                                                藤田まこと

題名:クレージーの大爆発
監督:古澤憲吾
製作:大森幹彦、田波靖男
脚本:田波靖男
撮影:永井仙吉
照明:金子光男
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:小川一男
編集:黒岩義民
音楽:萩原哲晶、宮川泰 挿入歌「悪気じゃないんだ」「キンキラキン」
特技監督:中野昭慶
撮影:真野田陽一
照明:原文良
美術:井上泰幸
合成:松田博
現像:東京現像所
製作担当:鈴木政雄
監督助手:黒岩義民
スチール:田中一清
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、松岡きっこ、いしだあゆみ、桜井センリ、犬塚弘、石橋エータロー、安田伸、高橋紀子、悠木千帆(樹木希林)、人見明、平田昭彦、藤田まこと、由利徹、藤村有弘、玉川良一、ミッキー安川
1969年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
クレージーの大爆発 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「クレージーの大爆発」いしだあゆみ

いしだあゆみ「恋はそよ風」

植木等、ミッキー安川                                       ELMO製16mm映写機

クレージーの大爆発

クレージーの大爆発

1 2