映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」

映画「君は恋人」

君は恋人
「君は恋人」太田雅子(梶芽衣子)、浜田光夫
君は恋人君は恋人
浜田光夫                        和泉雅子

今回は斎藤武市監督1967年製作「君は恋人」をピックアップする。
本作は、1966年7月に名古屋で暴漢に襲われ目を負傷した浜田光夫さんが、奇跡のカムバックを果たした再起第1作になる。
友情出演に当時の日活専属俳優総動員の他、GSブームで人気絶頂だったザ・スパイダースと歌謡界のヒット歌手が参加している。内容は、全快した浜田光夫さんが東京調布の日活撮影所に戻り、本作の映画撮影を再開するところから始まる。シナリオライターが渡哲也さん、映画監督が石原裕次郎さんという顔ぶれだ。虚実入り混じった劇中劇だが、豪華俳優陣が一堂に会するのは壮観だ。

君は恋人君は恋人
林家こん平、山内賢                     清川虹子、浜田光夫
君は恋人君は恋人
和泉雅子、ジャニーズ                  蕃ユミ

【ストリー】
浜田光夫は1年4ケ月ぶりに、「君は恋人」の主役でカメラの前に立った。石崎監督(石原裕次郎)や、スタッフの人たちは温かく彼を迎えてくれた。撮影も半ばを過ぎたある日、浜田は仲の良いスパイダースと会い、クライマックス・シーンの筋を話すと、スパイダースは話が暗い、と反対、みんなで脚本家の赤井(渡哲也)の所に押しかけ、「なおせ、なおせ」と夜通しコーラス攻勢をかけ、とうとう台本を書直させてしまった。その物語とは……工員の光夫は貧乏暮しを嫌い、母のさち(清川虹子)にも相談せず、やくざの仲間に入った。彼の夢は、宍戸組の幹部になり、どこにいるか分らない初恋の百合(吉永小百合)と一緒になることなのである。そんな光夫を、とんかつ屋の雅子(和泉雅子)が温かく見守っていた。ある日、宍戸組の仇敵の深江組親分(深江章喜)が出所することになり、宍戸組の大幹部の大野(戸田皓久)は、光夫に深江暗殺を命じた。出世の機会と勇んだ光夫だったが、ドタン場で尻込み、大野が深江を殺した。ともかくも事を達成した光夫は組の中堅に出世したが、さちや雅子は心を痛めていた。折りも折り、宍戸組の暴力に抗し立ち上がった流しの仲間の指導者で7人組のひとり井上(克美しげる)を、光夫は命令で刺した。だがそのため、光夫は用済みの存在となり、仲間に狙われ始めた。この時、初めて、光夫はやくざの卑劣さに気づき、目を覚ましたのだった。井上を見舞った光夫は彼が、快方に向っていると知って安心し、昔の工員仲間を連れ出して、宍戸組に殴り込みをかけ、大野たちに思うさま鉄拳制裁を加えたのだった。一方、光夫を不起訴にすると決めた井上は、彼の更生のためにレコード・ディレクターの須藤(小林旭)と葉川(葉山良二)に頼み、歌手としてデビューさせることになった。間もなく、立ち直った光夫は、百合が結婚していると知ってがっかりしたが、雅子の愛に包まれて、新しい道を歩き出して行った。

君は恋人君は恋人
石原裕次郎                        渡哲也 
君は恋人君は恋人
克美しげる、小林旭                   吉永小百合
君は恋人君は恋人
川地民夫、松原智恵子                  浅丘ルリ子
君は恋人君は恋人
芦川いづみ                         山本陽子
君は恋人君は恋人
宍戸錠                          和田浩治
君は恋人君は恋人
葉山良二                      二谷英明
君は恋人君は恋人
岡田眞澄                      舟木一夫
君は恋人君は恋人
田辺昭知とザ・スパイダース、浜田光夫(中央)   井上順、堺正章(ザ・スパイダース)
君は恋人君は恋人
荒木一郎                       黛ジュン
君は恋人君は恋人
坂本九、浜田光夫                  君は恋人

題名:君は恋人
監督:斎藤武市
企画:水の江滝子
脚本:若井基成
撮影:山崎善弘
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
擬斗:高瀬将敏
振付:浦辺日佐夫
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:中村八大、小野寺孝輔 主題歌:浜田光夫「君は恋人」「旅に出るなら」
挿入歌:舟木一夫「愛につつまれて」ジャニーズ「いつか何処かで」克美しげる「さすらい」「愛すればこそ君に」
荒木一郎「君に捧げん」「いとしのマックス」ザ・スパイダース「アヒルの行進」「バン・バン」黛 ジュン「恋のハレルヤ」
現像:東洋現像所
製作担当:長谷川朝次郎
助監督:樋口頴一
色彩計測:畠中照夫
スチール:荻野昇
出演:浜田光夫、和泉雅子、克美しげる、林家こん平、山内賢、戸田皓久、近藤宏、南寿美子、蕃ユミ、清川虹子、深江章喜、戸田皓久
友情出演:舟木一夫、田辺昭知とザ・スパイダース、荒木一郎、ジャニーズ、吉永小百合、宍戸錠、黛ジュン、殿岡ハツエ、スタジオNo1ダンサーズ、岡田眞澄、中村八大、坂本九、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、芦川いづみ、高橋英樹、渡哲也、松原智恵子、山本陽子、和田浩治、川地民夫、二谷英明、葉山良二、太田雅子(梶芽衣子)
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
君は恋人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

君は恋人
「君は恋人」和泉雅子
君は恋人
「君は恋人」吉永小百合
君は恋人
「君は恋人」川地民夫、松原智恵子

君は恋人
「君は恋人」林家こん平、浜田光夫

新宿歌舞伎町のシーンで、右上に「嵐を呼ぶプロファイター(WHY GO ON KILLIGE?)」という映画看板がある。
これは1967年9月16日に公開されたアンソニー・ステファンが主演するマカロニ・ウエスタンである事から、撮影はそれ以降に行われた様だ。世界的ヒット作「夕陽のガンマン(FOR A FEW DOLLARS MORE)」は、1967年1月に日本で劇場公開された。父に連れられ観た強烈な記憶がある。残念ながら当時の映画興行収入は、低迷する邦画よりマカロニ・ウエスタンの方が圧倒的に勝っていたと記憶する。


アンソニー・ステファン         嵐を呼ぶプロファイター(WHY GO ON KILLIGE?)

映画「対決」


高橋英樹、葉山良二                  小林旭

今回は舛田利雄監督1967年製作「対決」をピックアップする。
日活で任侠ものを作ると東映とは全く違うスタンスになる。セット画作りの奥行き感は、素晴らしいものがあるが、東映作品に比べキャラクターが弱いと思った。社風カラーの違いがよく出ている。


和泉雅子                       青木義朗

【ストリー】
大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅(安部徹)は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山(青木義朗)にまかせた。銭山は代貸清太郎(中谷一郎)の弟直二郎(高橋英樹)や客人の満州常(小林旭)を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安(山田禅二)と代貸益子(玉川伊佐男)を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。
それから6年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしん(北林早苗)は銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。


北林早苗、高橋英樹                    安部徹

題名:対決
監督:舛田利雄
企画:高木雅行
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:萩原憲治
照明:宮崎清
録音:福島信雅
美術:木村威夫
技斗:高瀬将敏
記録:土屋豊
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎 主題歌:小林旭「落日」
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:小澤啓一
色彩計測:前田米造
スチール:土屋豊
出演:高橋英樹、小林旭、和泉雅子、北林早苗、葉山良二、三条泰子、中谷一郎、玉川伊佐男、青木義朗、安部徹、山田禅二
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
2017年7月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「対決」

小林旭、高橋英樹「対決」

1 2 3