映画「神阪四郎の犯罪」

神阪四郎の犯罪神阪四郎の犯罪
森繁久彌                       新珠三千代

今回は久松静児監督1956年製作「神阪四郎の犯罪」をピックアップする。
本作は、石川達三氏原作の法廷サスペンスを映画化したものだ。森繁久彌さんの演技で締まって見える作品だが、証拠皆無の裁判サスペンスはインパクトがない。それにしても森繁久彌さんは名優であると思った。

神阪四郎の犯罪神阪四郎の犯罪
左幸子                         瀧澤修

【ストリー】
三景書房の編集長神阪四郎(森繁久彌)は、検事(金子信雄)の冒頭陳述によると、勤務先における業務上横領が発覚するや、これを糊塗するためかねて関係のあった被害者梅原千代(左幸子)のダイヤの指環に眼をつけ、詐取する手段として被害者の厭世感を利用し、偽装心中を図ったという。証人として出廷を求められた今村徹雄(滝沢修)、永井さち子(高田敏江)、神阪雅子(新珠三千代)、戸川智子轟夕起子()の4人は各人各様の証言をするが、果して真実を衝いたものであったろうか。評論家今村徹雄の証言午=神阪はいかなる場合も俳優で、彼の語る言葉は台詞にすぎない。千代との情死も関係者の同情をひく手段であろう。編集部員永井さち子の証言=利己主義者で嘘つきだ。妻子のあることをかくし、甘言を並べて自分を欺いた神阪は、ひとたび秘密がバレるや、極力自分を陥れようとした。したがって千代の場合も、巧みに欺かれたのにちがいない。妻雅子の証言=自分は誰よりも良人を愛している。深夜、寝床を蹴って仕事に没頭する良人は、いつも家庭の喜びを与え得ないおのれを私に詫びた。これほど仕事を愛する良人が、罪を犯すとは絶対に考えられない。歌手の戸川智子の証言=神阪は駄々ッ子で世間知らずだから、皆から利用されたのだろう。また死んだ千代の日記には、何かと自分の不幸を慰めてくれた神阪に感謝しているが、病気で入院することになったとき、初めて神阪に妻子があると知り、同時に売却方を依頼してあった母の形身の指環を彼から偽物だといわれ、死を決意し、彼に心中を迫ったと記してあった。最後に神阪四郎は次のように叫んだのである。嘘だ。すべての証言は自分に都合のいいことばかりいっている。思いもよらぬ汚名をきせられ、初めて人間社会の醜さを知りました。これ以上、とやかく申し上げますまい。そして、まもなく、護送車に揺られて行く未決囚たちの中に、神阪四郎の顔が見られた。果して彼は犯罪者なのであろうか?。

神阪四郎の犯罪神阪四郎の犯罪
森繁久彌、轟夕起子                 高田敏江、森繁久彌

題名:神阪四郎の犯罪
監督:久松静児
製作:岩井金男
原作:石川達三
脚本:高岩肇
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:八木多木之助
美術:木村威夫
記録:君塚みね子
編集:近藤光雄
音楽:伊福部昭
製作主任:櫻井宏信
助監督:宮野高
出演:森繁久彌、新珠三千代、左幸子、瀧澤修、金子信雄、高田敏江、轟夕起子、宍戸錠、清水将夫、深見泰三、下條正巳
1956年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ111分35mmフィルム

神阪四郎の犯罪神阪四郎の犯罪
森繁久彌、新珠三千代                   森繁久彌

映画「非行少女」

非行少女非行少女
和泉雅子                        浜田光夫

今回は浦山桐郎監督1963年製作「非行少女」をピックアップする。
本作は、森山啓氏の原作を映画化しヒットした作品だが、主演の和泉雅子さんが、監督のシゴキ演出に耐え切れず、「ウラ公(浦山監督)を殺して、オレも死ぬ」と、思いつめた伝説の作品でもあり和泉雅子さんが輝いている作品である。内容は石川県の内灘を舞台に、母の死と父の姦通など、絶望的な環境の中で、身も心も荒みきった15歳の少女の非行と立ち直りを描いている。ロケは石川県金沢市、加賀平野、河北潟などで行われたそうだ。

非行少女非行少女
和泉雅子、浜村純                高原駿雄、沢村貞子、和泉雅子

【ストリー】
15歳の若枝(和泉雅子)はうす汚ないバーで酔客と酒を飲み、ヤケクソのように女給のハイヒールをかっぱらってとび出した。東京で仕事に失敗して帰って来た21歳の三郎(浜田光夫)は、職安通いの空虚な毎日を送っていた。暗く陰うつな北陸の空、金沢の映画館の前で幼ななじみの二人は再会した。三郎はうらぶれた彼女に、なけなしの金からスカートを買ってやった。喜んだ若枝は、のんだくれの父親長吉(浜村純)と、いやな継母のいる家をとび出したわけを話した。若枝をこれ以上堕落させまいと決心した三郎は、翌日から少しずつおくれた勉強を教えてやった。若枝の心にやすらぎがよみがえり、三郎はうれし泣きする彼女の涙をそっとすすってやるのだった…。

非行少女非行少女
今井和子、高原駿雄                    小沢昭一

題名:非行少女
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:森山啓 「三郎と若枝」
脚本:石堂淑朗、浦山桐郎
撮影:高村倉太郎
照明:熊谷秀夫
美術:中村公彦
録音:神保小四郎
擬斗:三杉健
記録:中川初子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
方言指導:佐々木守(脚本家)
スチール:式田高一
出演:和泉雅子、浜田光夫、香月美奈子、杉山俊夫、高原駿雄、浜村純、小池朝雄、加原武門、河上信夫、高田敏江、佐々木すみ江、佐藤オリエ、小林昭二、野呂圭介、藤岡重慶、鈴木瑞穂、北林谷栄、小林トシ子、沢村貞子、小夜福子、小沢昭一
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ114分35mmフィルム

非行少女非行少女
和泉雅子、浜田光夫

映画「大人と子供のあいのこだい」

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
浜田光夫                       松原智恵子

今回は若杉光夫監督1961年製作「大人と子供のあいのこだい」をピックアップする。
本作は松原智恵子さんのデビュー作だが、驚くほど出番とカラミが少ない。「キューポラのある街」と比べると見劣りする内容とテーマの追求である。プロダクションノートに書いてある教配スタジオ(目黒区柿の木坂・旧目黒スタジオ)を使用しているそうだが、どのシーンだかは分からなかった。70年代後半~90年代前半までCF撮影で、特に徹夜の仕事で通ったのを思い出す。2002年に教配スタジオは売却され、跡地にはUR都市機構シティコート目黒が建った。余談になるが、それから6年経た2008年10月に東宝ビルド(東京美術センター)も閉鎖、解体され、跡地は集合住宅として再開発された。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
鈴木瑞穂、浜田光夫                 佐々木すみ江、宇野重吉

【ストリー】
平井明夫(浜田光夫)は下町の中学三年生だ。父親の国造(松下達夫)は小さな工場の工員、母親のマサ(小夜福子)は内職、姉の加代(高田敏江)も工員をして貧しい家計を助けている。国造は、工場の不況で月給も遅れがちになのに、毎日酒を飲み、競輪や競馬にうつつをぬかしていた。明夫は、そんな父親に憤りを感じるとともに、“専門学校までいった父ちゃんに日雇い仕事までさせたくない”と文句も言わず、苦しい家計をやりくりしている母親にも不満だった。学校で生徒会役員の選挙があった。成績優秀な彼は友人たちに推されて立候補し、役員に選ばれた。喜んだ親友の杉下京一(鈴木寿雄)は明夫を自分の家へ誘い、家族に明夫の演説ぶりを話した。その晩、楽しい夕飯をご馳走になった明夫は、食後に京一から「坂口智佐子(松原智恵子)が好きなんだろう」と言われた。国造の働いている工場が潰れた。次の仕事は中々見つかりそうもない。そのうえ加代も無理がたたって病気になり、療養所へ入ってしまった。しかし明夫はいじけなかった。学校では役員として活躍し、高校入試模擬テストでは全国でも優秀な成績をとった。明夫は毎日日記をつけている。「貧乏なのはしかたがない。俺は俺の力で争うだけだ」と書いた明夫は、昼間働き、夜間の高校へ行くつもりで勉強していた。明夫を高校へ進学させたい担任教師・田口先生(鈴木瑞穂)と京一の父親・洋介(宇野重吉)が相談し、明夫を自分の家に預った。明夫と京一は励まし合って勉強し、二人と見事に合格した。合格の当日、明夫は療養所へ駆けつけた。姉の佳代も合格を喜んでくれるものと思っていた明夫だったが…。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
高田敏江                        松下達夫

題名:大人と子供のあいのこだい
監督:若杉光夫
企画:大塚和
原作:渡辺照男
脚本:岩田重利、米山彊
撮影:井上莞
照明:鈴木貞雄
録音:丸山国衛
美術:岡田戸夢
編集:青山一郎
音楽:林光
製作主任:小林吉男
助監督:佐川功
スチール:寺本正一
出演:浜田光夫、松原智恵子、宇野重吉、高田敏江、梅野泰靖、松下達夫、武智豊子、小夜福子、鶴丸睦彦、鈴木瑞穂、佐々木すみ江、大滝秀治、鈴木寿雄
1961年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ70分35mmフィルム

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
大人と子供のあいのこだい

1 2