映画「お嫁においで」


加山雄三                        沢井桂子

内藤洋子                        黒沢年男

今回は本多猪四郎監督1966年製作「お嫁においで」をピックアップする。
円谷英二特技監督とのコンビで特撮映画を撮り続けた本多猪四郎監督は、「ゴジラ」の生みの親として有名だが、本作は加山雄三さんの同名ヒット曲を元にした歌謡映画にも係わらず、若大将シリーズとは違いプロットがしっかりした作品であると思う。沢井桂子さんが魅力的に映っている。


原恵子、黒沢年男                    田村亮

笠智衆                        千石規子

有島一郎                     沢井桂子、松本めぐみ

【ストリー】
設計技師須山保(加山雄三)は父(笠間雪雄)の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子(沢井桂子)が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子(内藤洋子)はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生(黒沢年男)と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子(原恵子)から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人(有島一郎)を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。


内田裕也                      お嫁においで

田村亮、沢井桂子                 内藤洋子、加山雄三

題名:お嫁においで
監督:本多猪四郎
製作:藤本眞澄
脚本:松山善三
撮影:宇野晋作
照明:大野晨一
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:田中喜一
小道具:野島秋雄
衣裳:池田誠
記録:米山久江
編集:武田うめ
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「お嫁においで」俺は海の子「夜空を仰いで」
製作担当:山田順彦
製作進行:森知貴秀
助監督:渡辺邦彦
監督助手:藤井誠之助、松本正志
美術助手:荒巻宏俊、櫻木晶、沼田和幸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、沢井桂子、内藤洋子、黒沢年男、原恵子、田村亮、千石規子、内田裕也、笠智衆、有島一郎、松本めぐみ、高田稔、飯田蝶子、笠間雪雄、村田知栄子、菱見地谷子(ひし美ゆり子)
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
お嫁においで -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お嫁においで」沢井桂子

「お嫁においで」沢井桂子

映画「フレッシュマン若大将」



加山雄三                        酒井和歌子

今回は福田純監督1968年製作「フレッシュマン若大将」をピックアップする。
本作は、1969年1月1日に公開された若大将シリーズの第13作になる。
今作より加山雄三さんのキャラクターが学生から社会人になり、社会人編の第1作でもある。恋人役は澄ちゃん(星由里子さん)から節ちゃん(酒井和歌子さん)に代わる。1966年の「レッツゴー!若大将」で酒井和歌子さんがスチュワーデス役で短く登場するが、カメラテストあるいは現場テストだったのだろうかと推測する。


田中邦衛、酒井和歌子                    江原達怡、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は、老人を連れた高木節子(酒井和歌子)にタクシーを譲ったために、日本自動車の就職試験に間にあわなかった。受験を拒否された雄一に話しかけたのは、社長の猪股(藤田進)だった。そこで雄一は、理由も聞かず追いたてた試験官の態度を非難した。それから間もなく、雄一は彼が社長と知ったが後の祭だった。が、猪股は、率直な雄一に好感を持ち、彼を採用した。一方、田沼家では婿養子の江口(江原達怡)が、“田能久”の暖簾を継ぎ、祖母のリキ(飯田蝶子)は大張切りだった。お蔭で、すっかり影のうすれた久太郎(有島一郎)は、うっぷん晴らしにスナック通いに明け暮れるのだった。さて、雄一が配属されたのはサービス課。早速、取引先東西オートの副社長就任祝いに出かけた。ところが、その副社長が落第生の石山(田中邦衛)だったのには驚いた。それから雄一は、日曜毎に自動車の修理工場に通いはじめた。それは整備士の免許をとることと節子に会える楽しみからだった。石山が節子に求婚したのは、そんな折りだった。それからの雄一は、何をやってもヘマばかり、心の動揺はぬぐえなかった。そんなある日、東北オートの得意先、北斗観光の竹内社長(高田稔)が上京した。雄一は、石山と空港に出向いたものの、石山は途中で出会った節子と雲隠れしてしまった。その結果は、さんざんだった。顔を知らない雄一は、お得意先を商売仇にさらわれ途方に暮れてしまった。そこへ、石山が竹内を連れて戻って商取引きは万事順調に運んだ。それから数日、竹内から取引き停止の知らせが東西オートに届いた。日東製の車が、車輌不良による事故を起したというのだ。これに驚いた日東自動車は雄一を、東西車輌は石山を派遣し、不良車の調査に当らせた。事故は、商売仇の陰謀によるものだった。意気揚々と羽田に降り立つ二人。そこで節子は、石山の求婚を断り、雄一と肩を並べて去って行った。


岡田可愛                         草笛光子

題名:フレッシュマン若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:森弘充
特機:藤田昭、高原定
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:本多好文
装置:小川峰雄
装飾:早川信清、秋元和男、高津幸一
衣裳:田辺城三
結髪:中尾さかゑ
技髪:高橋勝三
記録:小林孝子
編集:氷見正久
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「フレッシュマン若大将」「いい娘だから」
製作担当:橋本利明
製作進行:石井幸一
助監督:渡辺邦彦
監督助手:奈良正博、小島不可止
撮影助手:伊地智昭亘、田辺博通、柿沼勝、牧村寿夫
照明助手:佐藤幸次郎、栗山孝三郎、池田泰平、望月英樹、北川忠利、乾勝人、本田弘明、中谷孝正
録音助手:山田守、池田昇
美術助手:小方一男、秋森直美
編集助手:加藤八重子、船沢昌介、宮田稔
演技事務:松尾武勲
製作宣伝:中須英男
スチール:岩井隆志
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、草笛光子、藤木悠、中真千子、岡田可愛、長慶子、高橋紀子、藤岡琢也、藤田進、小泉博、高田稔、左卜全
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
フレッシュマン若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  藤木悠、加山雄三

長慶子、加山雄三                  酒井和歌子、加山雄三

映画「エレキの若大将」



加山雄三                                星由里子

今回は岩内克己監督1965年製作「エレキの若大将」をピックアップする。
本作は”若大将”シリーズ全18作の第6作目になる。1965年当時、来日公演を行ったザ・ベンチャーズや、既に世界的な人気となっていたビートルズといったバンドの影響で、空前のエレキ・ギターブームの渦中に制作された。その立役者となったギタリストの寺内タケシさんも出演している。また加山雄三さんも人気沸騰の時期で、大ヒット曲「君といつまでも」「夜空の星」を披露している。その意味で本作はシリーズ中、星由里子さんが最も美しく、”若大将”シリーズ”のエポック的作品になっている。


田中邦衛                       北あけみ

【ロケ地】
日大文理学部(世田谷区)、港区赤坂見附、日光いろは坂、日光中禅寺湖
日光レークサイドホテル、日光戦場ヶ原
劇場公開:1965年12月19日 興行収入:2億1,150万円

【訃報】
映画「若大将」シリーズのヒロイン役などで人気を博した女優の星由里子(ほし・ゆりこ 本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが2018年5月16日に京都市の病院で死去した。享年74歳。東京都出身。1958年、東宝が募集した「ミス・シンデレラ娘」に選ばれて芸能界入りし、映画「すずかけの散歩道」で女優デビュー。加山雄三さん主演の映画「若大将」シリーズに加山さんの恋人役として出演し、人気となった。NHK連続テレビ小説「あぐり」やミステリードラマ「科捜研の女」など、テレビドラマでも活躍した。
(2018年5月18日東京新聞 TOKYO WEBより)


「エレキの若大将」星由里子、加山雄三

日光戦場ヶ原「君といつまでも」問題
戦場ヶ原で雄一と澄子が「君といつまでも」をデュエットするシーンで、雄一は仏帳面でセリフも早口で喋ってしまうが、後日、加山雄三さんは「設定(雄一が澄子のためを思って作った曲を、初めて聴いた筈の澄子が一緒に歌い出す)が、おかしい為、わざと演じた」と語っている。


「エレキの若大将」加山雄三、星由里子

【ストリー】
京南大学対西北大学のアメリカン・フットボール対抗試合は、若大将田沼雄一(加山雄三)の奮闘もむなしく、青大将石山(田中邦衛)の作戦無視のために京南大学が敗れた。やがて卒業期となり、後任の主将に雄一が選ばれた。部員を売収して、なんとか主将の地位を得ようとしていた石山は、部員を相手に大荒れしたが、中にわってはいった雄一のとりなしでおさまり、仲直りのパーティが開かれた。その帰途、石山の運転する車が、ライトバンと衝突し、ライトバンに乗っていた若い女澄子(星由里子)は気絶してしまった。石山は一緒に乗っていた雄一を拝みたおし身代りをたのみ、雄一は事故を示談にして解決した。しかし車の修理代を父親(高田稔)に断られた石山は大弱り。仕方なく雄一の発案でテレビのエレキ合戦に出て賞金を稼ごうということになった。ところが、いざ本番となってエレキのメンバーが一人足りず、近所のソバ屋の出前持ちでエレキ狂の隆(寺内タケシ)を誘って仲間入りをさせた。雄一と隆のギターは冴え、不良バンド赤田(ジェリー藤尾)の脅迫にもめげず、見事優勝した。ところが、その夜赤田を応援に来ていた令嬢路子(北あけみ)や澄子らとともにクラブに行った雄一は、うさ晴らしにきた赤田とふとしたことがら喧嘩し大乱闘となり、警察沙汰になって1カ月の停学処分になってしまった。おまけに赤田は雄一の家業のすきやき屋「田能久」が融資をたのんだ銀行の頭取りの息子で、融資は差しどめになってしまった。怒った雄一の父久太郎(有島一郎)は雄一に勘当をいいわたした。一方、隆はエレキ合戦の審査員をしていたプロモーター石原和子(久慈あさみ)に認められ、雄一とともに日光へ演奏旅行へ出かけた。そんな時、澄子は石山をだまして交通事故の真相を聞き、誤解をあやまろうと、日光へ向った。ところが、石山をだましたことをとがめられた澄子は、ふてくされて東京へ帰った。が、そのころ東京では「田能久」が営業不能になり、家族はマンションに引っこしていた。帰ってこれを知った雄一は、隆の協力を得てエレキバンドを再編成して「田能久」再建の資金を稼いだ。この雄一の努力で見事「田能久」は再建された。再建祝賀パーティの夜今は仲直りした石山と雄一の顔は底抜けに明るかった。


松本めぐみ(後に加山雄三夫人となる)          ジェリー藤尾

題名:エレキの若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄
脚本:田波靖男
撮影:西垣六郎
照明:平野清久
録音:吉沢昭一
整音:下永尚
美術:竹中和雄
現像:東京現像所 合成:土井三郎
編集:黒岩義民
音楽:広瀬健次郎 挿入歌:加山雄三「君といつまでも」「夜空の星」
製作担当:島田武治
監督助手:西村潔
スチール:石月美徳
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、ジェリー藤尾、有島一郎、飯田蝶子、寺内タケシ、北あけみ、中真千子、久慈あさみ、江原達怡、松本めぐみ、上原謙、高田稔、内田裕也、黒沢年男
1965年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
エレキの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


内田裕也                         寺内タケシ、加山雄三

エレキの若大将

上原謙(加山雄三さんの実父)            飯田蝶子、有島一郎、中真千子


エレキの若大将

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

1 2