映画「座頭市関所破り」

座頭市関所破り座頭市関所破り
勝新太郎                        平幹二朗
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和                        滝瑛子

今回は安田公義監督1964年製作「座頭市関所破り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第9作目になる。座頭市が旅先で知り合う庶民との交流を深めながら、悪党を成敗していくというテンプレートを基本に、座頭市の幼い頃のエピソードが明かされ、父親らしいアル中の老人儀十(伊井友三郎)との交流も描かれ、そこが良かった。残念なのは、回り込みクレーンカットで撮影部の影が入っていた。

座頭市シリーズ

座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、毛利郁子、勝新太郎             毛利郁子、高田美和

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいた。途中ふとしたことから新助(千波丈太郎)と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙(滝瑛子)に届けた。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲(高田美和)に会った。一方土地の親分甚兵衛(上田吉二郎)は芸人たちの足元を見て、ショバ代を四分六で寄こせと難題を吹きかけてきた。宿の芸人達は怒ったが、代官、加島(河野秋武)と結びついた二足わらじにはどうすることもできなかった。そんなある夜、むさしやに新助が舞いもどった。新助は、代官甚兵衛の命令で、江戸へ強訴したお咲の父を殺した。しかし代官に通じてあるという甚兵衛との約束は被られ、追手におわれて宿に逃げこんだのだった。しかし非情な甚兵衛は、そんな新助をめった斬りにした。ふとしたことからこれを立ち聞した市も何も知らないお咲に真相を打明ける勇気はなかった。そんなある日、市は、甚兵衛の様子をさぐりに、その賭場へ行き得意の居合斬りでイカサマを見破り、甚兵衛、代官加島らのど胆を抜いた。だが居合せた加島の用心棒沖(平幹二朗)は、そんな市の殺気を見抜いていた。市は甚兵衛に狙れているお咲の身を案じて、居酒屋で会った父の思影をやどす老人儀十(伊井友三郎)にあづけた。しかし儀十は酒欲しさにお咲を甚兵衛に売った。代官役宅に閉じ込められたお咲を救い出すために、市は単身関所に向った。怒りにふるえる座頭市必殺の剣は、代官加島、甚兵衛らをなぎたおし、無事お咲を救出した。初日の出を迎えた、太陽が市の孤影を赤々と染めだしていた。

座頭市関所破り座頭市関所破り
滝瑛子、千波丈太郎                                上田吉二郎

題名:座頭市関所破り
監督:安田公義
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:加藤茂
装置:木村重雄
編集:山田弘
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:渡辺実
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二朗、河野秋武、伊井友三郎、水原浩一、上田吉二郎、千波丈太郎、富田仲次郎、毛利郁子、寺島雄作、中田ダイマル・ラケット、木村玄、千石泰三
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
座頭市関所破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市関所破り座頭市関所破り
中田ダイマル・ラケット                伊井友三郎
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、勝新太郎                座頭市関所破り

映画「妖怪百物語」


藤巻潤                      吉田義夫、高田美和

今回は安田公義監督1968年製作「妖怪百物語」をピックアップする。
当時妖怪ブームを巻き起こした作品で、油すまし、ろくろ首、ぬらりひょんなど日本古来の妖怪たちが勢揃いするが、全く怖くない内容だったが、光学合成(オプチカル)処理はレベルが高い。


坪内ミキ子、高田美和                 ルーキー新一

【ストリー】
豪商利右衛門(神田隆)は豊前守(五味龍太郎)や町内の権力者を招き、百物語という怪談の会を催した。これは、怪談がひとつ終るごとに灯をひとつずつ消していくもので、最後の灯が消えたとき妖怪が出ると言われている。そのため、終りには、必ず、つきもの落しのおまじないをすることになっていた。利右衛門は寺社奉行の豊前守と結託して、貸した金のかたに下町の甚兵衛(花布辰男)の長屋を取り壊し、岡場所をつくろうとしていたのだが長屋の人たちの反対にあっていた。そこでこの会を催したのだが、百物語が終っても利右衛門はおまじないもせず、来客に小判の包みを土産にして帰した。異変はすぐに起った。来客はその帰途、“おいてけ堀”の不気味な声におどされ小判はすべて堀の中に吸い込まれていったのだ。一方、忍び込んでいた長屋の浪人安太郎(藤巻潤)は話の終る前に、小判の包みを持ち出して甚兵衛に渡していた。甚兵衛はその金で借金を返したが、利右衛門は甚兵衛を重助に殺させて証文を奮ってしまった。一方、甚兵衛の娘おきく(高田美和)は、好色な豊前守の餌食になりかけていたところを、安太郎に救われた。しかし、長屋は、作業員たちによって取り壊されようとしていた。その時、様々な妖怪が作業員の目にうつり、彼らはおびえて逃げ出してしまった。その知らせに、利右衛門と重助(吉田義夫)は現場に急いだが、甚兵衛を殺した場所から巨大な“大首”が現われ、この妖怪に翻弄されて、二人はお互に相手を刺して死んでしまった。ちょうどその頃、豊前守の家にも妖怪が現われていた。狂ったように妖怪を斬ろうとする豊前守を見ていた安太郎は、寺社奉行の不正の証拠書類をつきつけたが、絶望した豊前守は自害して果てた。安太郎は幕府の目付役だったのだ。


妖怪百物語

題名:妖怪百物語
監督:安田公義
企画:八尋大和
脚本:吉田哲郎
撮影:竹村康和、田中省三
照明:伊藤貞一、美間博
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信、加藤茂
造型:八木正夫、エキスプロダクション
線画:ピー・プロダクション
技斗:楠本栄一
特技監督:黒田義之
特撮:森田富士郎
編集:菅沼完二
音楽:渡辺宙明
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:太田昭和
スチール:小山田輝男
出演:藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、平泉征、ルーキー新一、林家正蔵、吉田義夫、浜村純、神田隆、五味龍太郎、花布辰男
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
妖怪百物語 -DVD販売-
妖怪百物語[DMMレンタル]


妖怪百物語                  坪内ミキ子、藤巻潤、高田美和

映画「座頭市兇状旅 」


「座頭市兇状旅 」勝新太郎

万里昌代、勝新太郎                     高田美和

今回は田中徳三監督1963年製作「座頭市兇状旅 」をピックアップする。
シリーズ第4作となる本作は、勝新太郎さんの居合いと殺陣が絶品である。しかしながら、脚本が、蛾十郎(北城寿太郎)とおたね(万里昌代)、そして市(勝新太郎)の関係が浅い設定なので物足りないものとなっている。ラストで蛾十郎に斬られたおたねを想う市の感情も浅くなっている。

座頭市シリーズ


「座頭市兇状旅 」万里昌代

北城寿太郎                                                              安部徹

【ストリー】
上州下仁田。市(勝新太郎)が投宿した旅篭の主人島蔵(松居茂美)を訪ねて来た佐吉(成田純一郎)と東九郎(安部徹)の話から、土地の二代目親分佐吉と、旅篭の親切な娘のぶ(高田美和)は恋仲だが、のぶの養父島蔵は佐吉の先代に遂われた元貸元で、未だに縄張りの夢が捨てきれずにいることを知った。彼らは二代目披露を兼ねた今夜の花会をぶちこわして佐吉を窮地に陥れ、同時に佐吉を消すこと考えていた。そのために蛾十郎(北城寿太郎)という浪人まで傭っていた。娘のぶも養父と佐吉の仲の悪いことを感づいていた。翌日、佐吉が蛾十郎と東九郎の罠にはまりかけたとき、佐吉の立場を考えた市が自分一人の喧嘩として買って出た。逃げ帰った東九郎は自分が殺した佐吉の乾分も市の所為だと親分衆に報告佐吉の不可斐なさを責め、彼に市を斬ることを迫った。祭りも最後の三日目、名残惜しげなのぶの手伝いで旅仕度をしている市の許に、佐吉が飛び込んで来た。おたね(万里昌代)が東九郎に拐わかされたというのだ。廃屋に駈け込んで、これが佐吉の裏切りと知った。佐吉が五百両で蛾十郎を買収したのだ。後を追って来たのぶの声も耳に入らぬ佐吉。東九郎らやくざの連合軍はその包囲をちじめて、市に迫った。幾度かの絶望的な危機を斬り抜け河原の中州へ出た。が、そこには蛾十郎が待っていた。蛾十郎は必死に制止するおたねを刺した。市の憤りは炸裂、蛾十郎に迫った。必死の市の剣はさえ、蛾十郎はその剣の前にたおれた。やがて、旅姿の市のひょろひょろとした姿が見られ、見送るのぶの目に光るものが宿っていた。


「座頭市兇状旅 」勝新太郎

成田純一郎                           高田美和、勝新太郎

題名:座頭市兇状旅 (ざとういちきょうじょうたび)
監督:田中徳三
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔、星川清司
撮影:牧浦地志
照明:中岡源権
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:林米松
擬斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:土井茂
色彩計測:小池清茂
スチール:浅田延之助
出演:勝新太郎、万里昌代、高田美和、名和宏、北城寿太郎、成田純一郎、安部徹、小林勝彦、松居茂美、村瀬幸子
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
座頭市兇状旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「座頭市兇状旅 」万里昌代

勝新太郎                       村瀬幸子、成田純一郎、高田美和

1963年「座頭市兇状旅 」撮影風景

1 2