映画「怪談本所七不思議」


明智十三郎                            天知茂

今回は加戸野五郎監督1957年製作「怪談本所七不思議」をピックアップする。
本所七不思議は、東京都墨田区本所に江戸時代ころから伝承される奇談・怪談を言うそうだが、江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、古くから落語など噺のネタとして庶民の好奇心をくすぐり親しまれてきたそうだ。1937年に新興キネマで「本所七不思議」が製作され本作はそのリメイクである。


山下明子                               松浦浪路

【ストリー】
江戸本所七不思議のうち「おいてけ堀」--いましも一匹のいたずら狸が、化けそこなって通行人に寄ってたかって生捕られたが、折から通りすがった旗本小宮山左膳(林寛)と息子弓之助(明智十三郎)の計いで助けられた。数日後、弓之助は武道修業に上州へ門出した。弓之助と入れ違いに、左膳の甥に当る権九郎(天知茂)が久々に小宮山家を尋ねて来た。嘗て叔父甥の縁を切られた無頼の徒で、金を無心に来たのだが、左膳の後妻おさわ(山下明子)に気がつくとハッとした。二人は、その昔おさわが茶屋に働いていた頃、深い仲だったのである。再びよりを戻した権九郎はある夜、花見帰りの左膳を向島土手に待伏せして斬殺してしまった。生命の恩人の危機に、火の玉となって駈付けた、いつかの狸--長兵衛も一足違いで遅かった。弓之助の乳兄妹の八重は、独り悲嘆に暮れ弓之助の帰りを待ち焦れていた。そんな彼女に眼をつけた権九郎は、ある夜彼女の部屋に忍び込み手ごめにしようとしたが、その時旅姿の弓之助が現われ難を逃れた。慌てた権九郎は五助(沢井三郎)に命じて弓之助を殺させてしまった。しかし、死んだはずの弓之助が再び小宮山家の庭先に現われた。そこへまた、上州の弓之助が帰って来た。さては、前の弓之助は化物と権九郎は色を失った。八重(松浦浪路)も驚いたが、やがて片一方の弓之助は実は左膳に助けられた長兵衛狸で弓之助の身代りになっていたのだと知った。一切の事情を知った弓之助は、化物を恐れて寺に逃げ込んだ権九郎を追った。そして、狸が化けた一ツ目小僧や三ツ目入道などの助力で、遂に父の仇を見事討つことができた。


天知茂、山下明子

題名:怪談本所七不思議
監督:加戸野五郎
企画:佐川滉
脚本:林音弥、赤坂長義
撮影:鈴木博
照明:折茂重男
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:伊藤宣二
製作主任:山本喜八郎
助監督:武部弘道
出演:明智十三郎、松浦浪路、天知茂、林寛、山下明子、沢井三郎、鮎川浩、小高まさる、橘美千子、菊地双三郎
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談本所七不思議 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談本所七不思議

映画「女競輪王」


前田通子                          小倉繁、前田通子、杉山弘太郎

今回は小森白監督1956年製作「女競輪王」をピックアップする。
女眞珠王の復讐」が大ヒットした前田通子さん主演2作目である。内容は当時華やかだった女子競輪選手のサクセス・ストーリーだ。しかし実際の女子競輪選は、1964年9月8日に開催された名古屋競輪場でのレースが最後となったそうだ。


沼田曜一、前田通子

【ストリー】
魚屋“魚清”の娘美樹(前田通子)は毎朝の魚市場への往復で自転車なら人に負けぬ自信があった。娘心の華やかな夢を満たそうと許婚の五十嵐健一(杉山弘太郎)に競輪選手になりたいと打明け、健一の父源造(小倉繁)に金を借りてくれと頼んだ。念願かない美樹は日本競輪学校で猛訓練を受けB級選手となった。一たん家に帰り店の手伝いをする美樹のもとに千葉レースの通知が来た。開催地の旅館で美樹が仲間の好子(江畑絢子)、慧子(遠山幸子)と明日の英気を養っていると古参の菊(加藤欣子)が呼びに来て、秋山選手(宮田文子)が明日のレースに敗れると馘になるから手加減してくれと八百長を強要された。しかし当日、美樹は一着になり、子供を抱えた未亡人秋山は悄然と去った。美樹は悲しみに身を震わせた。その時、美樹の肉体を狙う無敵のチャンピオン倉本(沼田曜一)が勝利の乾盃を約して来た。美樹は倉本を好く慧子を代りにやったが慧子は温泉マークに連れ込まれた。美樹はその後27連勝を記録、源造に借りた10万円も返した。源造は商売不振の折、この金で事業挽回と、もう10万円作ろうと昔の親方御手洗(江川宇禮雄)を訪ねたが、目的を達せず、且つ八百長レースに乗らされる。御手洗の言った通り本命の倉本は2着、観客は八百長だと叫んだが警備員が御手洗の顔で編成されているため、どうにもならなかった。美樹は、やがて待望のミス競輪レースの出場権を得た。そんなある日、御手洗が源造を訪れ、美樹がレースに負けるよう詰寄った。源造は美樹に八百長を頼んだ。しかしミス競輪に一切を賭けた美樹は大会に優勝、源造の頼みを裏切った。大会後、新聞社の座談会の帰途、美樹は御手洗らに暴行された源造を発見した。御手洗は逮捕され、一味に倉本の名もあった。が美樹の心は晴れなかった。野望のために人間の真実を見失っていたと気づいた美樹に、ようやく健一の愛情が甦って来た。

題名:女競輪王
監督:小森白
製作:島村達芳 「欲望の広場」
原作:竹森一男
脚本:杉本彰
撮影:鈴木博
照明:関川次郎
録音:村山絢二
美術:加藤雅俊
編集:後藤敏男
音楽:飯田信夫
製作主任:永野祐司
助監督:土屋敬之助
出演:前田通子、江畑絢子、遠山幸子、沼田曜一、阿部寿美子、杉山弘太郎、小倉繁、江川宇礼雄、田原知佐子(原知佐子)、鮎川浩
1956年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ88分35mmフィルム
女競輪王 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


女競輪王                            杉山弘太郎、前田通子