映画「新宿泥棒日記」


新宿泥棒日記 ※新宿靖国通りの都電軌道上

横尾忠則                             横山リエ

今回は大島渚監督1969年製作「新宿泥棒日記」をピックアップする。
帰って来たヨッパライ」に続き四人体制で脚本を書き上げた本作は、1968年夏の新宿や紀伊國屋書店内、花園神社に紅テントを張った状況劇場などを舞台に、激動の60年代の息吹を感じる作品である。
出演は、著名イラストレーター横尾忠則さん、紀伊国屋書店創業者の田辺茂一さん、「天使の恍惚」の横山リエさん、「犯された白衣」の唐十郎さんなど配役にも趣きがある。

作品リスト


唐十郎                         横尾忠則、田辺茂一

新宿泥棒日記 (新宿紀伊国屋書店内)

【ストリー】
真夏の新宿。蒸し蒸しする雑踏の中から、突然「泥棒だ!」という声が起った。捕った少年(唐十郎)は、追手の前で素裸になり、ひらきなおった。その有様を見ていた一の人学生(横尾忠則)が、紀伊国屋書店へ入ると、数冊の本を抜きとった。その手首をしっかりとつかんだのは厳しい表情の女店員(横山リエ)だった。紀伊国屋書店の社長田辺氏(本人)は叱りもせず学生を許し、女店員は三度目までは大目にみるのだと笑った。学生は再び、万引を宣言し、実行した。ところが田辺氏は、岡ノ上鳥男という学生を許したばかりか金まで与えた。鳥男は女店員のウメ子に、手首をつかまれた時の感覚を、まるで射精してるようだ、と語った。それから、ウメ子もネグリジェを盗んだ。そして鳥男を挑発し、鳥男は彼女を抱いた。しかし、鳥男との情事は彼女の想像とは違った空しいものだった。その夜、ウメ子はスナックで暴れ、田辺氏が彼女をもらい下げに留置所を訪れた。田辺氏は、二人を性科学の権威高橋氏(本人)のもとへ連れて行き、高橋氏は「人間の根元的な性」について語るのだった。田辺氏はつづいて新宿のバーへ二人を案内し、そこにいた俳優の佐藤氏や渡辺氏に紹介した。両氏は、二人を料亭へ連れ、友人の戸浦氏が女性を口説く様子を見せた。その料亭では、お客のためにわざと「やらずの雨」を降らせたりしていたがこの作られた性の世界に二人は失望し、ますます虚しさを覚えるのだった。その反動から、鳥男はウメ子に乱暴をした。ウメ子は、その時の有様を田辺氏に話し、輪姦された自分を買って下さい、と迫った。田辺氏は、もうこんなつまらない遊びはやめなさい、とさとした。唐十郎の状況劇場を訪れた鳥男は、唐に「別の人間にしてくれ」と頼んだ。唐は鳥男を由比正雪にしたてて舞台に立たせた。そんな鳥男に反発するウメ子は、重要な小道具正雪の生首を隠してしまった。怒る唐の前に現われた妻の李礼仙は、それを自分の責任と切腹の作法をはじめた。ウメ子は礼仙の横に座ると、自らのメンスの血で自分の下腹部に赤い横一文字を引いた。鳥男は、引寄せられるようにウメ子に近づいた。その晩、新宿には群衆と警官隊との激しい衝突があった。


「新宿泥棒日記」横尾忠則

李礼仙                               麿赤児

題名:新宿泥棒日記
監督:大島渚
製作:中島正幸
脚本:田村孟、佐々木守、足立正生、大島渚
撮影:吉岡康弘、仙元誠三
録音:西崎英雄 録音所:アオイスタジオ
音効:鈴木明
美術:戸田重昌
装飾:荒川大
編集:大島渚
現像:東洋現像所
製作補:山口卓治
助監督:小笠原清
題字:加藤郁乎
協力:紀伊國屋書店
スチール:小笠原清
出演:横尾忠則、横山リエ、田辺茂一、高橋鉄、唐十郎、李礼仙、麿赤児、大久保鷹、四谷シモン、不破万作、九頭登、藤原マキ、九頭登、山中広介、若林美宏、佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏
1969年日本・創造社+ATG/スタンダードサイズ・パートカラー97分35mmフィルム
新宿泥棒日記 -DVD-
2018年11月現在、DVDレンタルはありません。


唐十郎                                  状況劇場紅テント内

横山リエ                             横尾忠則

新宿泥棒日記

【出演者】
岡ノ上鳥男と名のる青年:横尾忠則
鈴木ウメ子と呼ばれる女:横山リエ
紀伊國屋書店社長 田辺茂一氏:田辺茂一
性科学者 高橋鉄氏:高橋鉄
俳優 佐藤慶氏:佐藤慶
俳優 渡辺文雄氏:渡辺文雄
俳優 戸浦六宏氏:戸浦六宏
ウメ子の恋人らしい青年:四谷シモン
戸浦氏と情事する女性:若林美宏
唐十郎氏:唐十郎
状況劇場の人々:麿赤児
状況劇場の人々:大久保鷹
状況劇場の人々:四谷シモン
状況劇場の人々:不破万作
状況劇場の人々:九頭登
状況劇場の人々:藤原マキ
状況劇場の人々:李礼仙
状況劇場の人々:九頭登
状況劇場の人々:山中広介

映画「われに撃つ用意あり」


原田芳雄                        桃井かおり

今回は若松孝二監督1990年製作「われに撃つ用意あり(READY TO SHOOT)」をピックアップする。
本作は、全共闘で戦った主人公が、ヤクザから逃げる不法入国のベトナム女性を助ける事によって、全共闘世代の仲間達のその後が炙り出される。本作の一面で、あの時代の総括として訴求したと思うのは深読みなのか?初見の方は、60年代後半~70年代の若松孝二監督作品を観てから本作を観るべきである。

作品リスト


ルー・シュウリン                    蟹江敬三

【ストリー】
新宿・歌舞伎町。スナック“カシュカシュ”のマスター郷田克彦(原田芳雄)の前に、ヤクザに追われている女が現れる。女の名はヤン・メイラン(ルー・シュウリン)、ベトナム人である。その頃、外では桜道会系戸井田組々長が銃殺される事件が発生し、新宿署のマル暴刑事・軍司(蟹江敬三)が捜査を開始していた。殺人現場にはVHS-Cビデオのアダプターが残されていたが中身のテープはなかった。一方“カシュカシュ”では20年間続いたこの店の閉店パーティが行なわれており、克彦のかつての全共闘の同志である季律子(桃井かおり)、秋川(石橋蓮司)、三宅ら(小倉一郎)が集っていた。中にはメイランの姿も見え、実は彼女がベトナム難民であり、偽造パスポートを持つ密入国者であることが判明する。逃走のためのパスポートを取りに店を出たメイランは、戸井田組に追われるが克彦はそんな彼女を救出するのだった。一方、事件を追う軍司は、戸井田組がタイの女にパスポートをネタに売春させ、その女に組長が殺されたらしいことと、女がビデオテープを持っていることをつきとめた。時を同じくして香港ヤクザが戸井田組々員を殺害する事件が起り、そこで軍司はビデオテープを発見する。それは桜道会桜田のフィリピン女の殺人シーンだった。メイランは克彦と仲間に戸井田に脅され、犯されそうになった時、銃が暴発して戸井田を殺してしまったことを打ち明ける。そして対策を練っていた時、秋川が香港ヤクザに殺されてしまい、メイランもさらわれてしまう。克彦は一人でメイランを救出することを決意する。そんな克彦と行動を共にする季律子。リボルバーを手に香港ヤクザのいるフィリピンパブへ向う二人は、ヤクザと警察を向こうに激しい銃撃戦の末、メイランを無事逃がす。そして、負傷した二人は互いを支え合いながら薄れかける意識の中で笑い合うのだった。


麿赤児

題名:われに撃つ用意あり
英題:READY TO SHOOT
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
製作:清水一夫
原作:佐々木譲「真夜中の遠い彼方」
脚本:丸内敏治
撮影:伊東英男、田中一成、佐久間栄一
照明:安河内央之
録音:栗林豊彦
美粧:大石聖子
編集:鈴木歓、遠山千秋
音楽:梅津和時 主題歌:原田芳雄「新宿心中」「魂の1/2」
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:ナック (Arriflex)
現像:東映化学 タイミング:新井喜久也
助監督:田代廣孝
製作協力:花田企画
モデルガン:BIG SHOT
スチール:佐々木美智子
出演:原田芳雄、桃井かおり、ルー・シュウリン、蟹江敬三、石橋蓮司、松田ケイジ、室田日出男、吉澤健、山口美也子、小倉一郎、西岡徳馬、佐野史郎、山谷初男、麿赤児、外波山文明、下元史朗、又野誠治
1990年日本・若松プロダクションシ+松竹/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
われに撃つ用意あり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋蓮司                                            松田ケイジ、桃井かおり、原田芳雄、ルー・シュウリン

われに撃つ用意あり」原田芳雄、桃井かおり 新宿歌舞伎町コマ劇場前(現在はありません)

映画「陽炎座」

陽炎座陽炎座
松田優作                      大楠道代(安田道代)

今回は鈴木清順監督1981年製作「陽炎座」をピックアップする。
本作は、「ツィゴイネルワイゼン」「夢二(1991年)」と合わせ大正浪漫三部作と言われ鈴木清順監督が独自の美学を映像化したものだ。

【追記・訃報】
「ツィゴイネルワイゼン」「オペレッタ狸御殿」などで知られた映画監督の鈴木清順氏(すずき・せいじゅん、本名・鈴木清太郎=すずき・せいたろう)が2017年2月13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため東京都内の病院で亡くなった。93歳。東京都出身。葬儀・告別式は故人の遺志により近親者のみで執り行われた。喪主は妻・崇子(たかこ)さん。1923年(大12)生まれ。1948年に松竹入り、54年に日活に移籍し、56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。赤木圭一郎主演の「素っ裸の年齢」、小林旭主演「関東無宿」、渡哲也主演「東京流れ者」、高橋英樹主演「けんかえれじい」など独特の色彩感覚を生かした作品で人気を集めた。のちにカルト的な人気となった1967年「殺しの烙印」を最後に「分からない映画ばかり撮る」と日活を解雇されたが、1971年に裁判の末に和解。1977年「悲恋物語」で監督業に復帰した。1980年「ツィゴイネルワイゼン」が国内外で高く評価され、ベルリン国際映画祭で審査員特別賞に輝いたほか、日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞などを受賞。その後、「陽炎座」「夢二」などを発表し、第58回カンヌ国際映画祭で栄誉上映特別作品として招待された2005年の「オペレッタ狸御殿」が遺作となった。1990年紫綬褒章。
スポニチアネックス 2/22(水) 14:52配信

陽炎座陽炎座
中村嘉葎雄、松田優作                 楠田枝里子

【ストリー】
1926年。大正末年で昭和元年の東京。新派の劇作家、松崎春狐(松田優作)は偶然に、美しい謎の女、品子(大楠道代)と出会う。三度重なった寄妙な出会いを、春孤はパトロンである玉脇(中村嘉葎雄)に打ち明けた。ところが、広大な玉脇の邸宅の一室は、松碕が品子と会った部屋とソックリ。品子は玉協の妻では……松崎は恐怖に震えた。数日後、松崎は品子とソックリの振袖姿のイネ(楠田枝里子)と出会う。イネは「玉脇の家内です」と言う。しかし、驚いたことに、イネは、松崎と出会う直前に息を引きとったという。松崎の下宿の女主人みお(加賀まりこ)は、玉脇の過去について語った。玉脇はドイツ留学中、イレーネと結ばれ、彼女は日本に来てイネになりきろうとしたことなど。そして、イネは病気で入院、玉脇は品子を後添いにした。そこへ、品子から松崎へ手紙が来た。「金沢、夕月楼にてお待ち申し候。三度びお会いして、四度目の逢瀬は恋死なねばなりません……」金沢に向う松崎は列車の中で玉脇に出会った。彼は金沢へ亭主持ちの女と若い愛人の心中を見に行くと言う。金沢では不思議なことが相次ぐ。品子と死んだはずのイネが舟に乗っていたかと思うと、やっとめぐり会えた品子は、手紙を出した覚えはないと語る。玉脇は松崎に心中をそそのかした。この仕組まれた心中劇の主人公を松崎は演じることが出来ない。心中から逃れた松崎は、アナーキストの和田(原田芳雄)と知り合う。和田は松崎を秘密めいた人形の会に誘う。人形を裏返し、空洞を覗くと、そこには男と女の情交の世界が拡がっている。松崎が最後の人形を覗くとそこには人妻と若い愛人が背中合わせに座っている。死後の世界だった。松崎は衝撃を受けた。金沢を逃げ出し、彷徨う松崎は子供芝居の小屋に辿り着いた。舞台で玉脇、イネ、品子の縺れた糸がほどかれようとした刹那、愛憎の念が、一瞬にしてその小屋を崩壊させる。松崎は、不安に狂ったように東京に帰ると、品子の手紙が待っていた。「うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頬みそめてき」“夢が現実を変えたんだ”とつぶやく松崎の運命は奈落に落ちていくのだった。

陽炎座陽炎座
原田芳雄                    中村嘉葎雄、加賀まりこ

題名:陽炎座
監督:鈴木清順
企画:伊東謙二
製作:荒戸源次郎、花田良知
原作:泉鏡花
脚本:田中陽造
撮影:永塚一栄
照明:大西美津男
特機:NK特機
録音:橋本文雄
美術:池谷仙克
編集:鈴木晄
音楽:河内紀
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:フカザワ(シネオカメラ)
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所
製作主任:丸山昌夫
監督協力:葛生雅美、音羽菊七
美術協力:西田真
助監督:白石宏一
スチール:山田脩二
出演:松田優作、大楠道代(安田道代)、中村嘉葎雄、楠田枝里子、東恵美子、原田芳雄、大友柳太朗、加賀まりこ、沖山秀子、麿赤児、佐野浅夫
1981年日本・シネマ・プラセット/スタンダードサイズ・イーストマンカラー139分35mmフィルム
陽炎座 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

陽炎座陽炎座
大楠道代(安田道代)

1 2