映画「007 スペクター」


ダニエル・クレイグ                                                                レア・セドゥ

今回はサム・メンデス監督2015年製作「007 スペクター(SPECTRE)」をピックアップする。本作はダニエル・クレイグが、4度目のジェームズ・ボンドを演じるシリーズ第24弾になる。3億ドルの製作費をかけ、148分という長尺はシリーズ最長の上映時間になった。

【ストリー】
少年時代を過ごした“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、その写真に隠された謎を解明するため、M(レイフ・ファインズ)の制止を振り切り単独でメキシコシティ、そしてローマへと赴く。そこで悪名高い犯罪者の未亡人ルチア・スキアラ(モニカ・ベルッチ)と出会ったボンドは、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。だがその頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ(アンドリュー・スコット)がボンドの行動に疑問を抱き、M率いるMI6の存在意義を問い質していた。一方、ボンドは秘かにマネーペニー(ナオミ・ハリス)やQ(ベン・ウィショー)の協力を得て、スペクター解明の鍵を握る旧敵Mr.ホワイト(イェスパー・クリステンセン)の娘マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)を追跡。死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫るなか、氷雪のアルプス、灼熱のモロッコへと飛んだボンドは、やがて追い求めてきた敵と自分自身との恐るべき関係を知ることになるのだった……。

題名:SPECTRE
邦題:007 スペクター
監督:サム・メンデス
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ジョン・ローガン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ジェズ・バターワース
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
美術:デニス・ガスナー
衣裳:ジャイニー・テマイム
編集:リー・スミス
音楽:トーマス・ニューマン 主題歌:サム・スミス
フィルム:イーストマン・コダック
撮影機材:パナビジョン
第二班監督:アレクサンダー・ウィット
出演:ダニエル・クレイグ、モニカ・ベルッチ、レア・セドゥ、クリストフ・ヴァルツ、レイフ・ファインズ、アンドリュー・スコット、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショー、イェスパー・クリステンセン
2015年イギリス・アメリカ/シネスコサイズ・カラー148分35mmフィルム
007 スペクター -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


007 スペクター(SPECTRE)

007 スペクター(SPECTRE)

監督:サム・メンデス (Camera:PANAVITION ARRICAM)

映画「007 スカイフォール」


ダニエル・クレイグ                ナオミ・ハリス

今回はサム・メンデス監督2012年製作「007 スカイフォール(SKYFALL)」をピックアップする。本作は007シリーズ第23弾になり「アメリカン・ビューティ」でアカデミー賞監督賞に輝いたサム・メンデス監督だ。撮影は2011年11月に開始され2012年5月まで行われたそうだ。今作はMの殉職、Qの世代交代などが為された。


ベレニス・マーロウ                ジュディ・デンチ

【ストリー】
愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。ある日、直属の上司M(ジュディ・デンチ)が秘めていた過去の事件が浮かび上がってくる。その衝撃的な内容は、Mに対するボンドの信頼と忠誠心を試すかのようだった。そんな中、彼らの所属するイギリス情報局秘密情報部“MI6”が何者かの標的に。ボンドの任務は、その相手を発見し、脅威を取り除くこと。たとえ、その代償がいかに個人的なものだったとしても……。


ダニエル・クレイグ、ベン・ウィショー

題名:SKYFALL
邦題:007 スカイフォール
監督:サム・メンデス
製作総指揮:アンソニー・ウェイ
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ジョン・ローガン
撮影:ロジャー・ディーキンス
美術:デニス・ガスナー
衣装:ジャイニー・テマイム
特殊効果:クリス・コーボールド
視覚効果スーパーバイザー:スティーヴ・ベッグ
スタント・コーディネーター:ゲイリー・パウエル
編集:スチュアート・ベアード
音楽:トーマス・ニューマン 主題歌:アデル
撮影機材:ARRIFLEX ALEXA
出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、ベレニス・マーロウ、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニー、ジュディ・デンチ、ベン・ウィショー
2012年イギリス・アメリカ/シネスコサイズ・カラー143分デジタルシネマ
007 スカイフォール -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


長崎県軍艦島をモデルにしたオープンセット  ナオミ・ハリス、ダニエル・クレイグ

映画「007 慰めの報酬」


ダニエル・クレイグ                オルガ・キュリレンコ

今回はマーク・フォースター監督2008年製作「007 慰めの報酬(QUANTUM OF SOLACE)」をピックアップする。
本作は007シリーズの第22作目となり、前作「007 カジノ・ロワイヤル」の続編である。撮影はシリーズ最多の6か国で撮影された。撮影中のアクシデントは、車両事故の他、チリでのロケでは撮影に反対する現地の町長が車でセットに乱入し、逮捕される騒ぎが起こったそうだ。


ジュディ・デンチ

【ストリー】
007となったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。彼は、ミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)をトランクに詰めたアストンマーチンで追っ手たちを振り切って、上司であるM(ジュディ・デンチ)が待つMI6本部に帰還した。ミスター・ホワイトは、初めてボンドが愛した女性ヴェスパーを死に追いやった憎むべき存在だった。しかし、MI6の内部にも裏切り者がいた。想像以上に巨大な組織が背後にあることをボンドは知る。捜査のためにハイチに飛んだボンドは、奇しくも知り合った美女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)を通じて、慈善団体グリーン・プラネットのドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)に接近する。表向きは環境保護を訴えるグリーンは、実は組織の幹部であり、豊富な天然資源を持つボリビアでのクーデターを企てていた。そのために、かつてはボリビアの独裁者であり、新政権によって失脚したメドラーノ将軍(ホアキン・コシオ)と手を組もうとしていた。そんなメドラーノ将軍に両親と姉を殺され、家を燃やされたのがカミーユだった。復讐を果たそうとする彼女に、自身のヴェスパーへの思いを重ねるボンド。ボンドはボリビア駐在の諜報員フィールズ(ジェマ・アータートン)やMI6を引退したマティス(ジャンカルロ・ジャンニーニ)の手を借りて、グリーンを追いつめようとする。しかし、私的な感情でエスカレートしてゆくボンドの行動はMのみならず首相までを激怒させ、さらにはCIAからも追われる身となってしまう。フィールズやマティスも殺された。怒りを爆発させるボンドとカミーユは、グリーンとメドラーノ将軍が契約を交わすホテルへの潜入に成功する。最後の対決で、カミーユはメドラーノ将軍を倒す。逃亡するグリーンを追いかけるボンドは、彼を砂漠の真っただ中に置き去りにした。それが、ボンドとカミーユの手に入れた慰めの報酬だった。

題名:QUANTUM OF SOLACE
邦題:007 慰めの報酬
監督:マーク・フォースター
製作:マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス
撮影:ロベルト・シェイファー
美術:デニス・ガスナー
衣裳:ルイーズ・フログリー
編集:マット・チェス、リチャード・ピアソン
音楽:デイヴィッド・アーノルド 主題歌:「アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ」アリシア・キーズ、ジャック・ホワイト
撮影機材:ARRIFLEX MEDIA
フィルム:イーストマン・コダック
現像:デラックスカラー
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェマ・アータートン、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ジェフリー・ライト、イェスパー・クリステンセン
2008年イギリス・アメリカ/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルムデジタルシネマ
007 慰めの報酬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


007 慰めの報酬(QUANTUM OF SOLACE)

1 2 3 8