映画「バーン・アフター・リーディング」

バーン・アフター・リーディングバーン・アフター・リーディング
ジョージ・クルーニー              ジョン・マルコビッチ

今回はジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督2008年製作「バーン・アフター・リーディング(BURN AFTER READING)」をピックアップする。
本作はコーエン兄弟の映画としては最大級のヒット作だそうで、タイトルは秘密の命令書に必ず頭書される注意書き「読後焼却」の事を言う。豪華俳優陣のキャスティングがなければ観れない内容に少々唖然とし、ブラック・コメディという意味がよく分からなかった。

バーン・アフター・リーディングバーン・アフター・リーディング
ブラッド・ピット、フランシス・マクドーマンド ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド

【ストリー】
舞台は、政治の中心地であるワシントンDC。アルコール依存症で、CIAをクビになったオズボーン(ジョン・マルコビッチ)は回顧録を執筆していた。その内容は、怒りに任せて上司の悪口や機密事項を書きなぐった暴露本だった。オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、夫が解雇されたことに怒りながらも、内心ではほくそ笑んでいた。財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)とダブル不倫中の彼女としては、有利に離婚を進めるための好都合だったのだ。夫のパソコンに入ったあらゆるCD-ROMにコピーして、離婚のための弁護士に渡した。しかし、あろうことか弁護士は、CD-ROMをフィットネスクラブに落としてしまった。それを拾ったのは、従業員のチャド(ブラッド・ピット)だった。ipod依存症で筋肉バカの彼は、そのCD-ROMがCIAの重要な機密事項だと勘違いして、これをもとに一攫千金を狙おうと考える。話を持ちかけられた同僚のリンダ(フランシス・マクドーマンド)も、それで念願の全身整形のための費用を稼ごうと賛同した。リンダに思いを寄せる上司のテッド(リチャード・ジェンキンズ)は、無謀な計画を立てる二人を心配げに見守る。
そんな折、リンダは出会い系サイトで見つけたパートナーとデートするが、その相手はなんとハリーだった。財務省のエリートでありながら、彼は複数の女性と平行して交際するセックスマシーンだったのだ。チャドは、CD-ROMの持ち主がオズボーンであることを突き止めて脅迫するが、うまくいかない。そこで今度は、リンダと共にロシア大使館に売り込みに行くが、やはり門前払いだった。あげくにハリーの邸宅に忍び込んだ彼は、誤解で撃ち殺されてしまう。オズボーンやチャドたちの行動を把握していたCIAの上層部も、ことの顛末に呆れ果てる。そして、リンダの全身整形の費用だけを提供するのだった。

バーン・アフター・リーディングバーン・アフター・リーディング
ティルダ・スウィントン              ブラッド・ピット

題名:BURN AFTER READING
邦題:バーン・アフター・リーディング
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
製作総指揮:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ロバート・グラフ
製作:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
美術:ジェス・ゴンコール
衣裳:メアリー・ゾフレス
編集:ロデリック・ジェインズ
音楽:カーター・バーウェル
現像:デラックスカラー
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジョン・マルコビッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、リチャード・ジェンキンス、J・K・シモンズ、デビッド・ラッシュ
2008年アメリカ/ビスタサイズ・イーストマンカラー96分35mmフィルム
バーン・アフター・リーディング [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

バーン・アフター・リーディングバーン・アフター・リーディング
コーエン兄弟、ブラッド・ピット        ジョージ・クルーニー