映画「左利きの女」

左利きの女左利きの女

今回はペーター・ハントケ監督1977年製作「左利きの女(THE LEFT-HANDED WOMAN)」をピックアップする。
本作のプロデューサーはヴィム・ヴェンダース氏が担当し、同監督作品「まわり道(1974年)」「ベルリン・天使の詩(1987年)」の脚本を担当したペーター・ハントケ氏が本作の監督をしている。
劇中、小津安二郎監督をオマージュした肖像写真と映画館のシーンで1930年代に製作されたと思われるサイレント映画作品が出て来る。それらは小津調には程遠いが、随所に影響を受けたと思われるイメージがインサートされている。日本劇場未公開作品とあってDVD原版が、色補正の取れてないダメージプリントをポジテレシネ→キャプチャーした為に画質が悪いのが残念だった。

左利きの女左利きの女

【ストリー】
長期出張に出かけていたブルーノが家に戻って来る。妻マリアンヌはブルーノに別れを告げ、彼は一晩も自分の家に泊まることなく出て行くことになる。マリアンヌには8歳になる一人息子のステファンがいる。昔つとめていた出版社を頼り、フランス語の翻訳の仕事を得て、自立しようとする。なかなか集中できずいらだつことも多い。友人のフランチェスカからは寂しくないのかと聞かれ、つらいと答えるマリアンヌ。ブルーノも復縁を迫るが、マリアンヌの決心は動きそうもない。 心配して父親もやってくる。そうこうしているうちに春になり、マリアンヌは少しずつ元気を出していくが・・・。

左利きの女左利きの女

題名:DIE LINKESHANDIGE FRAU/THE LEFT-HANDED WOMAN
邦題:左利きの女
監督:ペーター・ハントケ
製作:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ペーター・ハントケ
撮影:ロビー・ミューラー
出演:エディット・クレヴァー、ブルーノ・ガンツ、マルクス・ミューライゼン、アンゲラ・ヴィンクラー、ジェラール・ドパルデュー、ベルンハルト・ヴィッキ
1977年西ドイツ/スタンダードサイズ・カラー115分35mmフィルム[日本劇場未公開]
左利きの女 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

左利きの女左利きの女