映画「太平洋の地獄」


太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)

三船敏郎                           リー・マービン

今回はジョン・ブアマン監督1968年製作「太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)」をピックアップする。
本作は太平洋戦争を背景に、三船敏郎さん演じる日本軍人と、リー・マーヴィンさん演じるアメリカ軍人の2人だけの出演という特異な作品である。撮影はミクロネシアのパラオ島で行われ、三船プロダクションが撮影場所の人的資源、設備、資金の多くを拠出したそうだ。


太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)

【ストリー】
第2次世界大戦の末期。南太平洋のカロリン諸島の小島に1人の日本海軍大尉(三船敏郎)が漂着し、飢えと孤独の中で生きる道を求めていた。ある暴風雨の夜、その島にアメリカ海軍少佐(リー・マーヴィン)が救命ボートでたどり着いた。(ここで2人を仮に、その皮膚の色で、ブラウン、アメリカ人をレッドと呼ぶ)2人は、豪雨の中で会った。が互いに、その正体がわからぬまま、ただ不安がつのるばかりだった。翌朝、ブラウンは、救命ボートを発見、昨夜の化物の正体がアメリカ兵であることを知った。灼熱の太陽はレッドの喉を灼いた。そしてついにブラウンが水を貯めてある貯水布に近づいた。ブラウンは眠ったふりをしてレッドをつかまえようとしたが逃げてしまった。そこで、ブラウンは煙でレッドを森からいぶり出すことにした。が、レッドは出てこなかった。翌日、水をめぐって2人の闘いは続いた。そして遂にその翌朝、レッドはブラウンの捕虜となった。しかし、この特殊な環境の中で勝者と敗者にどれほどの違いがあろうか。2人の間には無益な疲労感が残るだけで、ブラウンもレッドを捕虜扱いしている無意味さに気がついた。2人はこの疎外感を救うにはほかの世界へ脱出するしかないという気持ちに到達、筏をくんで外海に出た。そして数日後、ついに第2の島へ着いた。その島にも人影はなかった。が、そこは旧日本軍の陣地であったらしく、建物、軍服、酒、缶詰などが見つかった。生きられたという気持ちがゆとりとなったのか、2人は初めて友情を感じ、酒をのみながら、言葉もわからないままに身の上話を始め、徹夜で騒いだ。そうしているうちに、ブラウンはふと手にしたライフ誌の中に日本兵の死体の写真を見た。ブラウンの心にレッドは敵だという意識がわいた。だが、2人はお互いに闘いの空しさを知っていた。今日もまた島は、南海特有の美しい朝をむかえた。互いに正装し、2人は、敬礼を交わし、それぞれの方に去っていった。


リー・マービン                              三船敏郎

題名:HELL IN THE PACIFIC
邦題:太平洋の地獄
監督:ジョン・ブアマン
製作総指揮:ヘンリー・G・サバースタイン、セリッグ・J・セリッグマン
製作:ルーベン・バーコヴィッチ
脚本:ルーベン・バーコヴィッチ
脚色:アレクサンダー・ジェイコブス、エリック・ベルコビッチ
撮影:コンラッド・ホール
録音:ゴードン・ソーヤー
編集:トーマス・スタンフォード
音楽:ラロ・シフリン
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
協力:三船プロダクション
出演:三船敏郎、リー・マービン
1968年アメリカ/シネスコサイズ・カラー104分70mmフィルム
太平洋の地獄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)