映画「ミッション:インポッシブルIII M-I:III」


トム・クルーズ                 ミシェル・モナハン

今回はJ・J・エイブラムス監督2006年製作「ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)」をピックアップする。本作はトム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションの第3弾で敵役にアカデミー賞受賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンを迎え、目まぐるしいアクションを展開する。撮影は2005年6月にイタリアで開始され、ベルリン、ローマ、バチカン、上海、西塘(浙江省)、ヴァージニア州、カリフォルニア州などでロケが行われた。2006年6月21日に主演のトム・クルーズが、東京~新大阪間の新幹線「のぞみ」を借り切った来日キャンペーンが実施された。時刻表にない特別ダイヤで運行し、出発時刻などは混乱を避ける目的で非公開となった。この企画の経費は、「のぞみ」の貸切りの1,500万円など、約3,000万円とされる。
(ウィキペディア参照)


マギー・Q                     ケリー・ラッセル

【ストリー】
スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。しかし救出に成功したと思ったのも束の間、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまった。その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを捕獲すべく、バチカンへと向かった。見事デイヴィアンを捕らえたイーサンたちだったが、帰国後、襲撃を受ける。リンジーが遺したマイクロドットには、上官のブラッセルが、デイヴィアンと通じているという秘密が語られていた。奇襲を受けたイーサンたちは、結局デイヴィアンを奪われてしまう。イーサンに恨みを抱くデイヴィアンは、ジュリアを誘拐し、機密物質「ラビットフット」を48時間以内に探し出さないとジュリアを殺すと脅迫してきた。ブラッセルの裏切りに気づいた上司マスグレイブの機転により、イーサンは上海に向かった。そこにはチームの面々も揃っていた。「ラビットフット」があるという高層ビルに潜入し、盗み出すことに成功するイーサン。それをデイヴィアンの元に持っていくが、頭に爆弾を埋め込まれた挙句、目の前でジュリアを殺されてしまう。絶望するイーサン。しかし何故かそこにマスグレイブが現れ、実は殺されたジュリアが偽者だったことを明かす。デイヴィアンと結託していたのはマスグレイブだったのだ。イーサンはマスグレイブを出し抜き、本物のジュリアが囚われている場所へと向かった。そこでイーサンはデイヴィアンを倒し、頭の爆弾を破壊することにも成功する。追ってきたマスグレイブを撃ち殺したのはジュリアだった。イーサンは新しい仕事を丁重に断り、ジュリアとハネムーンに出かけるのだった。

題名:MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III
邦題:ミッション:インポッシブル3/M-I:III
監督:J・J・エイブラムス
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
撮影:ダン・ミンデル
美術:スコット・チャンブリス
VFX:インダストリアル・ライト&マジック(ILM)
効果:ロジャー・ガイエット
衣装:コリーン・エイトウッド
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マイキー
音楽:マイケル・ジアッチーノ
音楽スーパーバイザー:ダニー・ブラムソン
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ケリー・ラッセル、マギー・Q、サイモン・ペッグ、ローレンス・フィッシュバーン
2006年アメリカ/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム
ミッション:インポッシブル3 M-I:III -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)

映画「スーパーエイト」


今回はJ・J・エイブラムス監督2011年製作「スーパーエイト(SUPER 8)」をピックアップする。
題名のスーパーエイトとは、イーストマンコダック社が発売したカートリッジ式8mmリバーサルフィルムの事を言うが、日本では富士フィルムが発売したシングル8がある。両者はパーフォレーション、アパチュアの規格は同じだが、フィルムペース面が違うので両者を繋ぐと映写ピントがズレる。これはシングル8は薄いポリエステル、スーパー8は、往来のアセテートによるベース面の厚さによるからだ。
また60年代まではダブル8と言って16mm幅のフィルムを半分づつ(25ftX2)行って来いして使うスプール式が長年主流だった。[下左図]本作は、重要な小道具としてスーパー8を使っているが、同録の出来る8mmキャメラとフィルムを使用している。この同録はコダック社でサウンドトラック部に磁気コーディングした生フィルムと磁気録音ヘッドを内蔵したキャメラで初めて可能になる。プロユースでは、16mmキャメラで1970年頃にCannon Sound Scoopic100[下右写真]などがあったが、用途はTVニュースであり、フィルムはネガではなくリバーサルだった。本作では演出上、キャメラノイズやプロジェクターノイズは意図的にカットされているが、このキャメラ本体に防音構造がないので、キャメラノイズは相当入る。今は8mmに限らず35mmでもその音を聞く事はなくなり、本作は音がない事で懐かしい思いにしてくれる作品だと思う。私は、秘密軍事施設“エリア51”からのハリウッド的ストリー展開よりも興味深かった。また同じ小道具を使うクシシュトフ・キェシロフスキ監督1979年製作の「アマチュア」も視点が違った良い作品である。
8mmscoopic-100

※Powerd by Meta Slide Pro


題名:SUPER 8
邦題:スーパーエイト
監督:J・J・エイブラムス
製作:スティーヴン・スピルバーグ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
脚本:J・J・エイブラムス
撮影:ラリー・フォン
美術:マーティン・ホイスト
編集:メアリー・ジョー・マイキー、メリアン・ブランドン
音楽:マイケル・ジアッチーノ
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:ジョエル・コートニー、ライリー・グリフィス、カイル・チャンドラー、ロン・エルダード、ノア・エメリッチ、ガブリエル・バッソ、ケイティ・ロウズ、ザック・ミルズ
2011年アメリカ/シネスコサイズ・カラー112分35mmフィルム
スーパーエイト -Blu-ray-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

【ストリー】
1979年の夏。オハイオの小さな町で保安官の父と暮らす少年ジョー(ジョエル・コートニー)は、ある夜、仲間たち5人と家を抜け出し、8ミリ映画の撮影に出かける。だが、その撮影中に偶然、米軍の貨物列車の大事故に遭遇。アメリカが絶対に秘密にしなければいけない、“何か”を撮影してしまう。それは実は、アメリカ政府の指示によって秘密軍事施設“エリア51”から“何か”を輸送する途中だったのだ。少年たちが事故現場に落とした8ミリフィルムの空き箱を発見した米軍は、極秘情報が何者かに目撃されたと判断して町中の捜索を開始する。やがて、町では不可解な出来事が連続して発生。犬たちが一斉に消え、9人が行方不明……。さらに、事故現場から持ち帰った白い謎のキューブが不思議な動きを始め、全てを目撃した少年たちは、真実を探しに行くことを決断する……。