映画「荒野の七人」


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン

ユル・ブリンナー                 スティーヴ・マックィーン

今回はジョン・スタージェス監督1960年製作「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)」をピックアップする。
本作は黒澤明監督が1954年に東宝で制作した「七人の侍」を許諾を得てが西部劇化した作品である。原作は、農民に対する善意・義侠心・憐れみを持って7人が村へと集結するが、本作では7人それぞれに事情と思惑を持ちつつ、あくまで20ドルの礼金を前提として7人が揃って盗賊と戦うという設定だ。本作は続編2作とテレビシリーズが制作され、2016年にアントワーン・フークア監督によって原題「マグニフィセント・セブン」でリメイクされた。
当時、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーンなどトップスターだったユル・ブリンナー以外の俳優は、ブレイク前だった。またユル・ブリンナーは1971年「大西部無頼列伝」イーライ・ウォラックは1966年「続・夕陽のガンマン」他多数、ジェームズ・コバーンは1971年「夕陽のギャングたち」など、ハリウッドからイタリアへ、マカロニ・ウエスタンで貫録の出演をしている。

七人の侍
七人の侍(1954年)」黒澤明監督

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン

チャールズ・ブロンソン               ロバート・ヴォーン

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ   イーライ・ウォラック

ジェームズ・コバーン、スティーヴ・マックィーン ホルスト・ブッフホルツ、ユル・ブリンナー、ブラッド・デクスター

【ストリー】
メキシコの寒村イスカトランの村人達は毎年収穫期になると恐怖に戦いていた。カルヴェラ(イーライ・ウォラック)が率いる野党がきまって掠奪にくるからだ。しかし、今年はもう我慢が出来なくなっていた。子供達は飢え、村を去っていく農民がふえていた。ヒラリオと2人の農夫は皆を代表して戦うことを決議、銃を買いに国境のアメリカの町やって来た。彼らが町に着いた時に騒ぎが起きていた。原住民の死体を白人の墓地に埋める埋めないの騒ぎだ。全身黒ずくめのガンマン、クリス(ユル・ブリンナー)が無造作に俺が埋めてやろうと買って出た。そこへやりとりを見ていたヴィン(スティーヴ・マックイーン)も助手を志願した。墓地で銃を構える数人の男達、だが、クリスとヴィンは鮮やかにこの騒動を片づけてしまった。ヒリイオ達はこの有様を見てクリスにわけを話して力になってもらうことにした。同意したクリスは腕の立つガンマンを探し始めた。最初に仲間に入ったのがクリスの古い友人ハリー・ラック(ブラッド・デクスター)だった。ヴィンも仲間に入った。ナイフ使いの名人ブリッ(ジェームズ・コバーン)と早打ちのリーも加わった。それに西部で名高いオラリー(チャールズ・ブロンソン)も仲間に入れた。そんな中にチコという男がいた。経験も浅く40人もの敵を相手に戦うには若過ぎた。だがチコはクリスを尊敬していた。チコは強引に仲間に入れてもらった。7人のガンマンを迎えて村は一変した。クリスは村人達に戦う準備をさせた。防壁を築いたり銃の使い方を教えたり、7人の男達と村人の間には奇妙な友情が生まれていった。チコはペトラ(ロゼンダ・モンテロス)という村娘と仲良くなった。そんな時に、カルヴェラ一味が村を襲って来た。凄惨な拳銃戦が展開された。野盗は撃退された。死傷者も出た。村の雑貨商ソテロは臆病者で戦いにまき込まれるのを恐れていた。クリスはこの機を逃さず一味を全滅させようと深夜野盗のキャンプを襲った。しかし誰もいなかった。ソテロの裏切りでカルヴェラは7人の逆をついて村を占領していたのだ。7人は村を追い払われた。しかし、クリスはもう一度村へ引返し戦うことを皆に告げた。逆襲は掠奪に酔ったカルヴェラ一味の隙をついた。戦闘は激烈をきわめたが、カルヴェラも一味も全滅できた。味方もハリー、ブリット、リー、オラリーが斃れた。チコはペトラと暮らすことになり、クリスとヴィンは村を去った。クリスは村を眺めながら云った。「本当に勝ったのは農民たちだ。俺たちじゃない。」と…。


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

ホルスト・ブッフホルツ               ロゼンダ・モンテロス

題名:THE MAGNIFICENT SEVEN
邦題:荒野の七人
監督:ジョン・スタージェス
製作総指揮:ウォルター・ミリッシュ、ルー・モーハイム
製作:ジョン・スタージェス
原作:黒澤明、橋本忍、小国英雄 (映画「七人の侍」)
脚本:ウィリアム・ロバーツ、(初稿:ウォルター・ニューマン)
撮影:チャールズ・ラング
録音:ジャック・ソロモン
美術:エドワード・フィッツジェラルド
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:エルマー・バーンスタイン
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックス
出演:ユル・ブリンナー、ジェームズ・コバーン、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーン、ホルスト・ブッフホルツ、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラック
1960年アメリカ/シネスコサイズ・カラー128分35mmフィルム
荒野の七人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ジョン・スタージェス監督

映画「マグニフィセント・セブン」


デンゼル・ワシントン

アントワーン・フークア監督2016年製作「マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)」が2017年1月27日に日本で劇場公開され、私は31日にTOHOシネマズ日本橋スクリーン5でDCP上映で観て来た。
本作の予告編は昨年夏頃からYouTubeなどで公開され、私はカレンダーに公開日をマークし期待していた作品だ。内容は黒澤明監督「七人の侍(1954年)」と同作をリメイクした「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN/1960年ジョン・スタージェス監督)」を原案にしたハリウッド・ウエスタンだ。撮影は2015年3月から8月まで64日かけてルイジアナ州バートン・ルージュ、セイント・フランシスヴィル、ザッカリーで行われたそうだ。

マカロニウエスタン(イタリア製西部劇)を長年見続けて来た私にとって、本作は物足りなかった。何より悪役のキャラが全然立ってない。このインパクトがないとカタルシスが生まれず、復讐の銃弾が弱まり、ガンファイトが浮いて見えるのだ。
例えばセルジオ・レオーネ監督の1965年製作「夕陽のガンマン(FOR A FEW DOLLARS MORE)」では、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー、ルイジ・ピスティッリ、アルド・サンブレルなどの名俳優・悪役が佇むだけで成立している。これがないとクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフのガンファイトにカタルシスを感じ得なかっただろう。本作の銃器、衣装、セットの考証は、ハリウッド製作で流石と思うが、作品は凡作である。特に脚本と配役が残念だった。


マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)

イ・ビョンホン

【ストリー】
悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。

題名:THE MAGNIFICENT SEVEN
邦題:マグニフィセント・セブン
監督:アントワーン・フークア
製作総指揮:ブルース・バーマン、アントワーン・フークア、ウォルター・ミリッシュ、ベン・ウェイスブレン
製作:ロジャー・バーンボーム、トッド・ブラック
原作:黒澤明、橋本忍、小国英雄「七人の侍」
脚本:ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ジョン・ルフーア
音楽:ジェームズ・ホーナー、サイモン・フラングレン
フィルム:イーストマン・コダック
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、マーティン・センズメアー、ピーター・サースガード
2016年アメリカ/シネスコサイズ・カラー133分35mmフィルム
マグニフィセント・セブン -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)

マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)