Memory in the 1990's
space
作品略歴 撮影資料 キャメラ Eメール 動画を見る ホームに戻る
space

カメラマン  岡垣  亨  略歴

space
My Photo
space

撮影助手時代から一本立ちまで

1955年1月兵庫県神戸市生まれ。現住所は東京都世田谷区在住。1979年約2年の撮影助手サード経験後、東映映画作品「餌食」(監督:若松孝二/主演:内田裕也)の撮影助手セカンド(フォーカスマン)として参加する。
1980年株式会社東洋シネマ(港区赤坂)撮影部契約社員となり、数多くのCM作品に従事。(撮影部部長は能勢武夫氏)1982年円満退社。
同年、東映企画プロ制作作品「土曜ワイド劇場/奥多摩殺人渓谷「釣れない魚の謎」釣部渓三郎の推理(監督:斉藤武市 主演:緒方拳:1982年11月放映)のテレビ劇映画でチーフ撮影助手に昇格。同社制作「宇宙刑事ギャバン」などのテレビ劇映画の仕事が増える。
1983年撮影助手チーフとして再びCM作品の仕事が多くなり、海外ロケも急増する。(アメリカ国内地、中国、台湾、フィリピン、香港、オーストラリア、フィジー、フランス、イタリア、スペイン等、渡航数十回余り)1985年ごろから猪瀬雅久氏(カメラマン)に専属師事する様になり、コダイ・グループ(中堀正夫氏主宰)に同氏の勧め入会する。(91年脱会)
1988年CMランド制作のTVCF「東京ディズニーランド・ビッグサンーマウンテン」でカメラマン初作品となり、現在に至る。

フイルモグラフィ

撮影年度 主  な  撮  影  作  品
1987年 KUWATA BAND
制作:CMランド
桑田佳祐のセッションバンド"KUWATABAND"は超大作ミュージッククリップです。撮影監督は、中堀正夫氏(コダイグループ)。カメラマンとして参加以降、同年は猪瀬雅久氏の撮影チーフ助手として師事する傍らPR映画フィルム等のカメラマンを担当しました。
1988年 Cross My Plim
制作:CMランド
撮影:猪瀬雅久(コダイグループ)
歌姫・中森明菜のニューヨークロケ・ミュージッククリップです。
猪瀬雅久氏の撮影補佐を担当しました。16mmフィルム作品です。現在はレンタルビデオとして見る事が出来ます。

三菱自動車ギャラン
制作:朝日プロモーション
撮影:猪瀬雅久(コダイグループ)
照明:大塩邦男(コダイグループ)
セカンドユニットを担当。海外向け企業PR映画。日本国内3班、海外2班の撮影体制で制作され、その内の一班をカメラマンとして担当。撮影総監督は猪瀬雅久氏。35mmフィルム作品です 。同年東京モーターショー展示映像作品。
1989年 マリンエキスプレス
制作:コダイ
監督:油谷岩夫(コダイ)
撮影:猪瀬雅久(コダイグループ)
セカンドユニットを担当。福岡万博「よかとぴあ」NTT館展示映像の特撮SF劇35mmフィルム作品です。
1990年
ピッカピカの一年生 作品の詳細


制作:太陽企画
監督:飯島章博
最終作まで2クール担当。「徳之島編」はACC賞を受賞したCM作品です。

大自然の誘惑・日光
制作:セパック/NHKプロモーション
プロデューサー:斎藤勉
日光自然博物館展示映像の35mmフィルム短編作品です。
中禅寺湖の一日(コマ撮り)を担当しました。

KOMATUアバンセ
制作:葵プロモーション
TVCF35mmフィルム作品。ユンボ100台の登場感は凄いです。

映画「稲村ジェーン
制作:東宝/アミューズ
監督:桑田佳祐
撮影:猪瀬雅久(コダイグループ)
セカンドユニットを担当。劇映画35mmフィルム作品です。東宝系で全国公開されました。現在はレンタルビデオで見る事が出来ます。
1991年 明治製菓グミチョコ
制作:マザース
照明:丸山文雄(コダイグループ)
TVCF35mmフィルム作品です。

キンチョー「音浴湯」 作品の詳細


制作:高映企画
監督:横田真治
東映京都太秦撮影所で撮影したTVCF35mmフィルム作品です。

松下電器パナソニックD3「世界陸上編」
制作:電通テック
照明:芳澤幸利
世界陸上東京大会を放送するBBCスタッフをモチーフにした企業CM作品です。
1992年 NTTネットワーク「企業編
制作:ザ・ないん
吹雪の北海道の街で作業するNTT職員が主人公です。TVCF35mmフィルム作品。

SANKYO
制作:セパック/NHKプロモーション
プロデューサー:斎藤勉
東証上場記念作品です。企業PR16mmフィルム短編作品。
1993年
ヤクルト「ビフィズス菌編」 作品の詳細


制作:太陽企画
監督:上沼克也
照明:浜本修次(コダイグループ)
TVCF35mmフィルム作品です。

ローソン「斉藤由貴編」 作品の詳細


制作:ピラミッドフィルム
コンビニエンスストア"ローソン"のTVCF35mmフィルム作品です。
女優・斉藤由貴さんのローソンCM最終作となりました。
1994年
スバルレガシー「スノーランド編」 作品の詳細


制作:スピリットエンタープライズ
監督:五月女智行
照明:芳澤幸利氏
厳寒のアメリカ・デンバーでロケしたCM作品です。

井村屋「あずきバー」 作品の詳細


制作:ヴィス
監督:横田真治
照明:佐野武治氏
TVCF35mmフィルム作品。
space

撮影とデジタル・エフェクトの時代

1995年
映画「紅-BENI- 作品の詳細


制作:スーパークール
監督:もりしげる
撮影:中本憲政
照明:平岡裕史
この作品よりコンピューターでデジタルエフェクトを始めます。
同年春に米国より東映に入ったシネオンを使用してデジタルエフェクトを担当しました。

映画「人間の翼
制作:「人間の翼」製作実行委員会
ブルーバックの煙を抜く為にアルチマットプラグインソフトを使用し、デジタルエフェクトを担当しました。
1996年
クラリオン「アゼスト」 作品の詳細


制作:光映社
監督:栗原博之
照明:浜本修次(コダイグループ)
CM撮影のみを担当しました。編集はフレームを使用しました。

トミー「サイクロン」
制作:クリエイト・ワン
監督:栗原博之
照明:浜本修次(コダイグループ)
35mmフィルムCM実写撮影とデジタルエフェクトを担当しました。
1997年
オリエックスグループ 作品の詳細


制作:クリエイト・ワン
監督:栗原博之
照明:浜本修次(コダイグループ)
CM実写撮影とアニメーション制作とデジタルエフェクトを担当しました。

トミー「プラモン」 作品の詳細


制作:グリップ
監督:栗原博之
照明:浜本修次(コダイグループ)
CM実写撮影とデジタルエフェクトを担当しました。編集はクロースタジオ。
1998年
映画「怪談・牡丹灯籠OTSUYU 作品の詳細


制作:東北新社+松竹京都映画
監督:津島勝
デジタルエフェクトを20カット以上担当しました。

映画「くノ一忍法帳・柳生外伝 作品の詳細


制作:東北新社+松竹京都映
監督:小沢仁志
京都で特殊撮影を担当し、東京でデジタルエフェクトを担当しました力作です。
1999年 Vシネマ「紅蓮卍
制作:コダイ
監督:服部克則(コダイ)
照明:浜本修次(コダイグループ)
全編の撮影とデジタルエフェクトを担当しました。編集はオムニバスジャパン。

スカイマークエアラインズ 作品の詳細


制作:日本映像制作
監督:栗原博之
全編のCG制作とデジタルエフェクトを担当したTVCF作品です。編集はクロースタジオ。

レモンガス 作品の詳細


制作:エナック
監督:宇佐見忠志
照明:浜本修次(コダイグループ)
CM実写撮影とデジタルマットペイント(ハワイ、ワイキキの画)を担当しました。15秒TVCFフィルム作品です。

日経CGビデオシリーズ 作品の詳細


制作:ビーアーティスト
監督:山田浩之
照明:浜本修次(コダイグループ)
近頃では珍しい16mmフィルムによるVP作品です。
2000年 銀座コア「2000年春編」
制作:タッドプロ
監督:宇佐見忠志
照明:浜本修次(コダイグループ)
CM実写撮影を担当した15秒TVCF35mmフィルム作品です。機材はシネオカメラ、現像・テレシネ・編集(ヘンリー)はイマジカです。
space
ページの上へ 前のページに戻る
space
復刻版制作:アイティサーブ・ジャパン
space
Copyright:(C) 2010 ITSERVE-JAPAN. All Rights Reserved.
space